2008年6月 ラングドックとコルシカのワインで楽しむ夏のテーブル

cepage 06.2008 1

地中海に面して、スペイン国境に近いラングドック・ルーシオン地方。

美味しくて気軽に飲めるテーブルワイン、ヴァンドペイ(=地酒)をたくさん生み出す魅力の大地です。

コルシカ島は地中海に浮かぶ大きな島。

イタリアの影響も強く、フランス本土とは少し違った独特の文化を持ちます。

ワインも個性的で、熱いものが多いのです。

ブランケット・ド・リムーはラングドックで作られる伝統的な発泡酒。
シャンパーニュと同じ瓶内2次発酵で作られます。

ミネルヴォワはラングドック地方では著名な産地。白は珍しいです。
グルナッシュブランとマルサンヌの混醸です。

パトリモニオはコルシカ島北部の力強い赤ワイン。
ニエルキオ、スキアカレロという土着の品種で作られています。

バニュルスはルーシオン地方の天然甘口ワイン。
チョコレートとの相性が最高です。


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク