水のある場所 ~新潟・福島への旅

P2000998.jpg

広島・博多から戻り、数日後、新潟と福島を目指しました。

10月までは半袖で過ごせた日もあったけれど、

関越トンネルを抜けた先には、冬への助走がまばゆいばかり。





IMG_20161103_101605.jpg

ドライブの旅は、どこに立ち寄るのも自由。

道の駅で10時から山の朝ごはん。 

P2000930.jpg

見事なまでの自然の絵具パレット。

P2000931.jpg

只見の、河井継之助記念館へ。 幕末にロマンをかけたサムライの生涯を見る。

P2000933.jpg

亡くなった父が生前愛読していた、司馬遼太郎の「峠」の初版本がガラスケースの中に並んでいた。

隣にあった只見線の絵葉書。 自分の気分はこれだ。


P2000942.jpg

新潟県・阿賀町津川の狐の嫁入り屋敷。 ここに来るのは6年ぶり。

P2000946.jpg

雨上がりの夕暮れ、壁の葉も穏やかに。

P2000950.jpg

新潟の日本酒たち。上越、中越、下越。 全部飲む道は遠い。

P2000956.jpg

阿賀川のほとり、麒麟山温泉へ。 こちらのお宿は3年ぶり。

P2000957.jpg

露天風呂付きのお部屋から雄大な阿賀川を臨む。

P2000965.jpg

小雨そぼ降る水墨画の世界と、

P2000972.jpg

翌朝の陽のあたる川面と。

IMG_20161103_181807.jpg

豆乳鍋や、のどぐろと、銘酒「麒麟」と。

P2000955.jpg

旅の2日目は、新潟から福島へ。 磐梯山・五色沼観光。

P2010009.jpg

磐梯朝日国立公園の雄大な自然の中に佇む諸橋近代美術館。


P2010015.jpg

 スペイン作家サルバドール・ダリなど巨匠の作品がゆったりと並ぶ。

P2010014.jpg

美術館のカフェで、おやつ。

P2010024.jpg

地球の鼓動、火山の仕組みと1888年の大爆発の歴史を学ぶ。

P2010028.jpg

猪苗代湖の透明度に驚く。

P2010036.jpg

湖畔のカフェで、窓越しの日向ぼっこを済ませ、一路横浜へ。



旅に出て、心を休め、目から学ぶ日本の四季と悠久の時と。

JRの大好きな宣伝、「大人はずっと長いから」。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログの更新もまばらで・・・
なかなか訪問できなくて

秋から冬へ変わるたくさんの景色と美味しいものを
またまたたくさん満喫されたのですね

これから冬本番
日本は11月の雪は54年ぶりだそうで・・・
ピノミホさんもお身体大切に!

日本も寒そうですね

☆とら猫の母さん

とらくんがのんびり眠る写真、楽しんで拝見させていただいています。
54年ぶりの雪には驚きました。10月の中頃に日本に行った時はまだ暑くて、半袖でも良いの?と
思える日もあったのに、急に寒くなったのですね。

そういえば、この裏磐梯に行った日、11月4日でしたがみぞれのような白いモノが空を舞っていたような。

今日はパリも本気の寒さ。まだ夜明け前ですが、外気温マイナス1度です。
猫たち、ヒーターの前から離れません。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満16年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク