開港の道 ~横浜散歩 

P2070651.jpg

横浜滞在終盤戦、家から徒歩圏のみなとみらい、山下公園、元町などを散歩。

春の光とお花の匂い。

まだまだ日本は世界の中でも特に安全な国であることを教えてくれる。








P2070517.jpg

3月23日金曜日、初めて水陸両用船「スカイダック」に乗船してみた。

P2070524.jpg

みなとみらいから出航、まずは陸から15分ほど山下公園周辺を走り、いざ海へ乗り出す。

トータル約50分の、わくわくするような観光経験、

P2070541.jpg

スカイダックに乗って、横浜港・大桟橋に近づくと巨大客船「ヴィーナスクルーズ」が停泊中。

P2070564.jpg

下船後、汽車道から赤レンガ、象の鼻から山下公園を歩く。

ベイブリッジが霞んで見える。 横浜はいつだって、横浜。

P2070574.jpg

氷川丸には思い出がいっぱい。何度も何度も中を見学した。 大学生の頃はビアガーデンではしゃいだ。

P2070593.jpg

エッフェル塔も、東京タワーも、みんな好き。

でも、私の中のタワーは実はコレ、マリンタワー。 

P2070597.jpg

人形博物館のポーリンちゃん。 イチョウが黄色くなる季節も、新緑の時期も、ずっとここにいる子。

P2070598.jpg

港の見える丘公園、元町に繋がる人道橋から。

なじんだ地名が道路に描かれている。

P2070603.jpg

3月25日、パリへ戻る2日前の午前中。 大岡川の桜はまだまだでも、けなげに開いた1輪に見とれ。

P2070605.jpg

横浜の下町で生まれ育った。 28歳まで暮らし、今でも帰る場所はここだけ。

祖母と手を繋ぎ、父におもちゃを買ってもらい、母と街の食堂に行った日はもう遠いけれど。

P2070610.jpg

ずっと歩いて、赤レンガ。 歴史を感じる鉄扉。

P2070611.jpg

この日の大桟橋には飛鳥が停泊。 その横を、2日前に乗ったスカイダックが通り過ぎる。

P2070614.jpg

横浜三都物語。 ジャック(開港記念館)クイーン(横浜税関)キング(神奈川県庁)が見える場所に。

P2070612.jpg

スカイダックが、自分の前をみなとみらいに帰って行く。

子供の頃、みなとみらいには造船所があって、そこで働く父に進水式に連れて行ってもらった。

P2070619.jpg

マンホールが好きだ。 どこの地方に出かけてもマンホールを見る。

P2070626.jpg

象の鼻にはゴールドフラワーが揺れていた。

P2070636.jpg

横浜スタジアム横、横浜公園の噴水。

野球ボールを模ったお花のオブジェ。 高校球児だったボーイフレンドを応援した夏もあった。

P2070644.jpg

満開の八重桜、横浜の春にさよなら。



飛行機のシートに身体を鎮めると、魂が切り替わる。

パリに生きる自分、横浜を愛する私。


空気の違いは言語、文化の違いだけではないことを悟る。

戦いの場も、くつろぎの場も、自分の足で立つこと。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク