2017年5月特別講習 みんな大好き 中華のおかずとフランスワイン

P2080089.jpg

アジアンお箸ごはんが、無性に食べたくなる。

世界中の「食」が集まるパリには、北と南に2か所、大きなチャイナタウンもあり。

外地でも手軽に入手できる中華食材を応用する講習。



P2080085.jpg

アジアンテイストに合わせた4本、

① CREMANT DE LOIRE BRUT 発泡酒

② VIN D’ALSACE GEWURZTRAMINER 2015年 白

③ NUIDECHINE 「中国之夜」 COTES DU RHONE ロゼ

④ CTES DU VIVARAIS 2015年 赤

P2080087.jpg

特に目玉はコチラ。

フランスに進出するアジア食品の大手タンフレールと、フランスの最優秀ソムリエ、醸造家の共同開発ワイン。

P2080096.jpg

おうちごはんは、野菜たっぷり。 前菜3品をずらり並べて。

P2080102.jpg

「トマトと搾菜、卵のサラダ」

P2080097.jpg

「さやいんげんとコーン、もやしのマヨ中華サラダ」

P2080099.jpg

「切干大根と青梗菜の胡麻風味和え」

P2080108.jpg

続いて、魚系のお料理 「バルサミコ酢イカ」

P2080111.jpg

肉系料理は 「鶏のレモンあんかけ」  長いことCEPAGEでご紹介している定番レシピ。

P2080116.jpg

〆の炭水化物は、「豚ひき肉とトマト、にらのエスニック中華冷麺」。

P2080118.jpg

デザートは簡単に、「ナタ・デ・ココ フルーツカクテル」。


普段のおかずとワインとの気軽な組み合わせ。

ビールも紹興酒も美味しいけれど、ワインな気分を楽しんでください。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク