FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の集う場所  ~大分・宮崎・熊本の旅 其の壱

P2270076.jpg

10月後半、パリから横浜へ戻って翌々日には空路で九州を目指しました。

半世紀以上の人生で、まだ訪れたことのない土地へ。


大分空港から向かった先は、青空の宇佐神宮。




P2270071.jpg

まずは名物料理でお昼。鶏天のお定食。

P2270072.jpg

伊勢神宮や出雲大社には行ったことがありますが、こちらは初めて。

P2270101.jpg

朱色の本殿にお願いごとをしました。 

P2270115.jpg

続いて安心院ワイナリー。 国内のワイナリーに興味を持ち始めて10年ほど経ちました。

P2270116.jpg

大きな門に、葡萄の飾り。 ワイナリー見学の楽しみは、大好きな葡萄モチーフを見つけられること。

P2270118.jpg

ガラス張りの見学コース、眼下には巨大なステンレスタンクで作業の様子が。

P2270130.jpg

レインカット方式など、欧州では見られない畑も。

P2270135.jpg

売店、試飲室の扉。

P2270136.jpg

宗教画のような絵画も。

P2270148.jpg

大分と言えば温泉。 昔々、両親が新婚旅行で巡った地獄。

P2270168.jpg

7つの地獄のうち、おそらく一番人気はここ、海地獄。

美しいブルーの湯と、白煙と。

P2270170.jpg

7つ全部の地獄を廻る時間はないので、続いてはもうひとつの人気地獄へ。

P2270187.jpg

赤い湯の色は思ったよりも淡かった。 もっと毒々しい色かと思っていたら。

P2270192.jpg

お土産売り場のシャレにならないTシャツ。 私は地獄に生きてない、いつでも天国です。

IMG_0024_201711181939550ab.jpg

1泊目のお宿は大分市内。 アーケード続きの居酒屋さんはハイレベル。

〆のお茶漬けも魚の鮮度抜群。



旅が好き。 空の色が、雲の流れがいつもと違う。


百聞は一見にしかず。 

見たからこそ、語れるものが人生にはたくさんあるから。




其の弐に続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。