FC2ブログ

季節を越えて ~沖縄への旅 其の壱

P1030304_20180412025816f77.jpg

3月の日本で、なんと25年ぶりに沖縄へ行ってきました。

朝1番の便で羽田から那覇へ。 2時間15分で季節を2つ飛び、そこはもう夏。






P1030237.jpg

空港からレンタカーでまず向かった先は奥武島。

P1030242.jpg

グラスボートでサンゴの海を眺めながらのクルージング。

横浜で寒さに震えた数時間後にこの体験ができるなんて。

P1030254.jpg

お昼ご飯は、「くんなとぅ」にて。 店名の意味は小さな港。

P1030251.jpg

かつおだしのしっかり効いたもずくそば。 生もずくはおかわり自由。

P1030267.jpg

続いて、「おきなわワールド」へ。

P1030268.jpg

観光大好き。

P1030269.jpg

全長890mの地中を歩き、

P1030283.jpg

地上の真夏はコレでしょう。

P1030296.jpg

お土産のシーサーTシャツ、ダイナミック。

P1030302.jpg

海中道路の途中にある「海の駅」。

P1030308_20180412025817f77.jpg

お宿は2泊、浜比嘉島リゾート。バルコニーからの眺め。

P1030313_20180412025819673.jpg

晩御飯1泊目は ホテル内の沖縄料理。

マクブとマグロのお刺身や、

P1030319_2018041202582068a.jpg

黒毛和牛などなど、シークアーサーサワーでおなかいっぱい。

P1030324_20180412025822d01.jpg

朝ごはんから、おしゃれプレート。

P1030347_20180412031035494.jpg

ホテルの下の浜に降りた後、アマミチューの墓へ。

P1030348_20180412031036492.jpg

パワースポットで元気を蓄える。

P1030349.jpg

観光製塩ファクトリー見学。 ぬちま~すは「命の塩」。

P1030350_20180412031039fcb.jpg

あらためて、地図で自分の居場所を確認。

P1030351_20180412031041fcb.jpg

塩の製法を学ぶ。 

P1030352.jpg

ガラス張りの床から、作業が見える。

P1030355_20180412031418dde.jpg

満月の夜にウミガメが産卵すると言われる「ぬちの浜」。

P1030359.jpg

塩ソフトクリームは想像以上のしょっぱさ。

P1030371.jpg

世界遺産 中城城跡。 城はグスクと言うらしい。

P1030379.jpg

琉球王国の歴史に興味が湧いてきた。

P1030392.jpg

北中城村・ 中村家住宅。 伝統沖縄建築の家屋。

P1030391.jpg

暑く、湿度が高い中での涼を求める構造。

P1030389_201804120314450f7.jpg

客間に飾られた言葉を見上げる。



日本国内なのに、文化が大きく違う。

昔、フライトで立ち寄った時には感じることのできなかった空気がそこにあった。

実家に残っていた沖縄返還の新聞を思い出した。



旅は新しい発見と、古い記憶を連れてくる。




其の弐に続く。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク