FC2ブログ

海に浮かぶ自己  ~沖縄への旅 其の弐

P1030394.jpg

沖縄のシーサーは愛嬌がある。

屋根の上に鎮座するだけでなく、いろいろな場所で目にした笑顔。







P1030395.jpg

こんな表情の芸術もオツ。

P1030396.jpg

カオスな買い物&食事エリア、アメリカンビレッジへ。

ハワイに着ていけそうなサンドレスを購入。

P1030401.jpg

お昼は沖縄そば。

P1030408.jpg

うるま市・勝連城跡。 小雨の中、上まで行ってみた。

P1030416.jpg

全景模型。 城主はここから何を想って暮らしておられたのだろう。

P1030417.jpg

近くの道の駅の畳スペースにおられたおばあ。

P1030425.jpg

浜比嘉島リゾートホテルへ戻り、2泊目の夕食はフレンチ。

泡盛がよく合う。

P1030427_2018041415394872c.jpg

本土では食べることのない沖縄の魚のポワレなど。

P1030441.jpg

最終日3日目は、沖縄県立博物館&美術館。

P1030460.jpg

外観も、庭園に陳列してあるモダンアートもクール。

P1030454_20180414154026ba7.jpg

玄関ホールの天井。 豊かな自治体の明るい力。

P1030452.jpg

琉球、沖縄への興味が一気に膨らむ展示。

P1030453.jpg

鮮やかな色彩の民族衣装。 

P1030466.jpg

空港を臨む瀬長島・ウミカジテラス。

P1030463.jpg

空も海も青く、心も完全に晴れた。

P1030472.jpg

潮風とフィッシュバーガーでお昼。

P1030477.jpg

レンタカーを返して、空港へチェックイン。

搭乗までの時間、モノレールで国際通りへ。 四半世紀で変わっていた感。

2時間ちょっと、シートに沈めばまだ寒い羽田空港。




国内なのに、知らないことだらけ。

ひとっとびで行ける魅惑のリゾート。

パリに戻って、琉球王国の歴史を再び書物で学んでみた。



生きることへの起動スイッチ、 それが旅。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

沖縄の青い風がこちらの北の街まで伝わって来る様なイメージ。
日本は小さい国と言われるけれどもなんてバラエティに富んだ国なのか、とても感動します。
沖縄のソーキそば、美味しそう〜!琉球文化を代表する沖縄三味線とても懐かしいです。実は祖母が沖縄出身なので沖縄には遠い親戚がたくさんまだいるのです。5月になんと30年振りにジョンさん連れて沖縄へ行って来ます。
パリでお会い出来る事、楽しみにしています!!

沖縄、よいとこ。

☆あつあつさん

お返事遅くなりました。そろそろお引越し、佳境でしょうか。
5月に30年ぶりに沖縄へ? 私も今回25年ぶりでしたが、あらためて沖縄に惚れました。
あっちゃんはおばあさま、沖縄の方なんですね。本土とは異なる文化が非常に魅力的で
太陽の光も、空の高さも違ってました。縦に長い日本、北に向かうのも楽しいし、こうして
ぐっと南に下りていくのも最高。また違う季節にも行きたい場所。
パリでまたいろいろお話できるのを楽しみにしてます。雪玉ちゃん、もう抱っこできないぐらい
大きくなっているかな。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク