FC2ブログ

2018年7月18日 日本のワイン、日本酒で楽しむ盛夏の巴里和食

P1080431.jpg

7月も折り返し、パリにも38度の酷暑が続いた真夏。

日本から持ち帰った酒たちで、お箸御飯を囲むレッスンを。


今、日本の酒は昔と異なり、新しい挑戦から目が離せなくなってきています。


P1080437.jpg

地元横浜の弘明寺・ほまれや酒店の店長ご夫妻におススメいただいた6種。

お酒の背景から、合わせる料理のアドバイスまでご尽力に感謝いたします。

① 酵母の泡 ベーリーA ロゼ エクストラドライ マンズワイン

② ICE BREAKER 純米吟醸 無濾過生原酒 木下酒造有限会社

③ キングオブモダンライト 純米吟醸 無濾過生原酒 峰乃白梅酒造株式会社

④ 寒紅梅 純米吟醸 寒紅梅酒造株式会社

⑤ BLACK SWAN 全量黒麹仕込み 白杉酒造株式会社

⑥ ゆず酒リキュール 梅の宿酒造

P1080447.jpg

鮮やかな色合いの日本の発泡酒でスタート。

P1080430.jpg

涼をとるべく、シンプルなセッティングで。

P1080440.jpg

「彩野菜スティック あかねもち糀味噌を添えて」

新潟あおき味噌・・・上越特産「浮き糀味噌」専門蔵で、破砕米を使わず丸米を使用。
米本来の甘さに大豆の旨みが加わり、米どころならではの贅沢さ。
北海道大豆と新潟のもち米を「にいがた名工」に選ばれた2代目が秘伝製法で創り上げる味噌の銘品。
横浜・弘明寺 ほまれや酒店で量り売りで購入可。

P1080449.jpg

「なめたけピリ辛明太冷や奴」

P1080457.jpg

「リコッタたくわん」

P1080453.jpg

イギリス人の杜氏 フィリップ・ハーパー氏で有名な木下酒造のペンギンラベル。

ロックでいただくと、氷の溶け具合で温度とアルコール度がエンドレスに変化。味の変化も無限大。
ICE BREAKERは 英語で「場や雰囲気を和らげるもの」。

P1080463.jpg

「トマトの高菜サラダ」

P1080469.jpg

「クレソンと炒り卵のマヨ醤油和え」

P1080474.jpg
 
「海老とオクラの串焼き 飛騨のゆず味噌で」

P1080477.jpg

「サーモンムニエル キュウリおろしポン酢ソース」

P1080484.jpg

「チキンカツ コーンタルタルオーロラソース」

P1080491.jpg

「梅ライムそうめん」

P1080494.jpg

「パイナップルババロア」


この講習で、2018年度上期の講習は全て終了いたしました。

夏休みの男性クラスCEPAGE HOMMEの夏期講習以外は
また9月に、新学期がスタートです。




フランスワイン、欧州諸外国のワイン、 日本のワインや日本酒や。
お酒と交わり、お酒を学び、 好奇心を拡大する。

おもてなし料理はもちろん、普段のおかずにも和風味をどんどん取り入れ
異国暮らしにやすらぎを。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク