ブルゴーニュ・ワイン祭り その弐

DSC00292.jpg


マルシェオヴァンの前には、別のカーヴが控えています。

「CAVES DES CORDELIERES」



DSC00293.jpg


1243年の建物へ、766年後の今、飲みに行きましょう。





DSC00296.jpg


こちらでもグラスと地図をいただきます。 7杯ですが、グラスがさきほどよりも大きいのです。


マルシェオヴァンでは、50mlずつ10杯+100mlぐらいずつ6杯=1100ml、
1本半ぐらいのワインをひとり平均、ラクに飲み干してしまったのですが、
ここからは、酔いがどんどん回ります。


DSC00316.jpg


カーブは地下に伸びています。

砂利が敷かれた地面に、湿った樽が並びます。



DSC00305.jpg

白2杯は、CHASSAGNE-MONTRACHET2006年と

HOSPICES DE BEAUNE MEURSAULT GENEVRIERES 2001年でした。

特にムルソーの畑は素晴らしく、うなりながらいただきました。


そして、赤はVOSNE-ROMANEE LES CHAUMES 2005年マグナムから。


2005年はブルゴーニュの当たり年。

ヴォーニュロマネ村は、ロマネコンティの畑がある小さな小さな村です。
そこのLES CHAUMESは特別に人気のある1級畑。



DSC00311.jpg

こちらは6本目の CHARMES CHAMBERTIN 1996年。

13年の熟成を経て、飲みごろを迎えた最高傑作。

実に毅然としたワインでした。この時だけ、一瞬、酔いもさめたような。




DSC00314.jpg


本日何回目の乾杯なのかも、カウントできません。



DSC00325.jpg


最後は VOLNAY CLOS DES CHENES 1985年 マグナム。

ボーヌの南に広がる赤ワインだけの産地、ヴォルネイ。

若いうちは従順な女の子、熟成すると、しっかりものの腰の座った女性になります。




DSC00326.jpg

1時間半の滞在で、外へ出てみると、もう真っ暗。

並びの、HOTEL DIEU(神の家)の壁は赤く画面の切り替わるライトアップが。




DSC00337.jpg

出店、屋台をひやかしながら、今夜のディナーのレストランへ。




DSC00342.jpg


サンヴェランの白で乾杯!!! よく飲んだねー、楽しかったねー!



DSC00343.jpg


ここでも土地の名物、ハムのゼリー寄せをいただきます。
ポーチドエッグの赤ワイン煮や、エスカルゴなど、みんな好きなものをそれぞれが選択。

次のメイン料理、何をいただいたのか(確か鴨?)、写真も忘れてしまいました。

みんな、デロンデロンに酔っておりました。


ワインは、ニュイサンジョルジュの赤をボトルでお願いしたはず。




DSC00346.jpg


2009年11月14日は、可愛いR子ちゃんのズバリ、お誕生日。

みんなで歌いながらお祝いしました。

愛くるしくて、賢くて、魅力あふれるR子ちゃん。ブルゴーニュで迎えるお誕生日おめでとう。


ご主人Rちゃん曰く、

「R子は~、素直です。R子は~、地図を読むのが得意なんですよ」

いいね、Rちゃん&R子ちゃん。いい感じだね。



DSC00214.jpg


おなかいっぱい、胸いっぱい。感動もいっぱい。



バッカス、サンヴァンサンに守られて、今夜も最高の夜になりました。









その参に続く。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しかった~><

どうも、素直で地図も読めるR子です。。。
いやいや、そんなに旦那はいつも褒めてくれたりしないんですよ!
誕生日だったので 出血大サービスだったんだと思います。
いや・・・単なる酔っ払い発言か・・・?
何にせよ、褒め言葉(らしきもの)は大事に、すかさずキャッチして、心に保存したもの勝ちですね!

それにしても、ミホさんと皆様のおかげで本当に本当に楽しい、ステキな誕生日になりました!
ありがとうございます^^

美味しいワインと、お食事と、楽しい会話に
バースデーソングまで歌っていただいて・・・ あの高揚感は生涯、忘れないと思います。
運転して連れて行ってくれた旦那にも感謝。
ブルゴーニュの素晴らしい土地にも感謝。
バッカスさんとサンヴァンサンさん(←しつこい)にも感謝です。

ミホさんがおっしゃっていた通り、笑顔で元気に機嫌よく、
家庭を支えていけるように 今歳は頑張ります^^

ボ-ヌ ありがとう 監督 ありがとう

魅力あふれる皆様とご一緒させていただいたボ-ヌ。
以前自分で行ったときの380倍くらい楽しかったです。
ピノミホ監督の、一緒にいる人を幸せにする、
いわゆるひとつの”天賦の才”のおかげ~。
お誘いくださったS氏、J姫チ-ムへの大感謝と
ダブルRチ-ムの未来を祝して、ブルゴ-ニュワインでまた乾杯!
あと、サンヴァンサンへのお賽銭も忘れないようにしないとね。

あやかりたいです。

☆R子ちゃん

おめでたいお誕生日を一緒に祝えてこちらこそ楽しかった。アリガトウ!

Rちゃんは最初、私たちのイキオイにかなり驚いていたと思いますが、のり良く、
なじみ良く、すっかり仲間になってくれて感激でした。

そういえば、レストランでワタシ、R子ちゃんの近未来についてエラそうに一説ぶった記憶あり。すみません、聞き流さずに心に留めてくれて感謝。
その素直さが、たまらないのネ、まいりました。ベストショット、大事にします。

380倍。

☆I代隊長

おつかれさまでした。
ご自分で行かれた時の「380倍楽しかった」ですか。
その数字はどこから来るのでしょうか♪
私もずいぶんと、どこから発言が多くてみんなにつっこまれて笑わせてもらいました。こんなに楽しかった旅行は久しぶりです。

寝起きからハイテンションのワタシに「心の落ち着き論」を与えてくださり、
一緒に食べた朝ごはんもひときわ美味しく感じました。

これからもM家に、私たち、セットでよんでもらいましょう。
いわゆるひとつの、かしまし娘として。

朝からクラぁ~◎。◎

ピノちゃんおはよーv-279神戸は朝から冷たい雨です。。。

朝から私もほろ酔い気分ですぅv-398
みなさん凄いですね、お強いv-424

↓で16杯v-272の直ぐ後のここ↑ですよねv-399
私なんか足元にも及ばないかもv-16v-356
本当に素敵な時間v-448v-272v-271を過ごされているのを拝見して、
私まで幸せ~v-10な気分でございますv-441v-442v-441

その3も楽しみにしてまーすv-433

ニュイサンジョルジュ村のワイン、
今の所私の超お気に入りv-426
私でもなんとか手の出る範囲で充分美味しいですものv-411

私も大好きです。

☆小鞠ちゃん

ニュイサンジョルジュ、お好きなのですね。私も好きですよ。
今回、ボーヌ市内にはお宿が取れなくて、ニュイサンジョルジュに泊まりました。ボーヌから14キロ離れていますが、小じんまりした、とっても可愛い街です。

マルシェオヴァンの出口の、道路隔てて向こう側にここの入り口があるのです。ついつい、ふらふら~っと入りやすくて・・・。
去年はこのあと、もう1軒、試飲会場に行ったと思うんですよ。

本当はどのワインも舌が酔っていないうちに味わうべきものばかり。

この祭りの雰囲気、最高です!11月にお休みが取れるようなら、2010年、2011年、2012年・・・早いうちにぜひいらしてください。











ひっく・・・・・

画面からもワインの香り、それも、カーヴの湿気と混じった独特の香りが漂ってきて・・・
その上、ディナーのテーブルからも!
すっかり酔っぱらっちゃいましたワ~v-471
歴史を感じさせる趣のある所での傑作のワインe-12数々は
ワインそのものも風格がありますね。
目にも酔わせていただきました!


まさしく。

☆かづちゃん

そうですね、ワインは誰とどんな状況(場所、空気、環境)で飲むか、
ワインの味だけでなく外的要素も強いのですが、おっしゃるとおりに
このお祭りはそれぞれの試飲場であるカーブの雰囲気が最高です。

グラスを持って回っている誰もが「世界で一番幸せな酒飲み」っていう顔をしているんですよ。

No title

R子さん、お誕生日おめでとうございます☆



地図の読める女(笑)。感銘を受けました。

R子ちゃん。

☆せいじさん

R子ちゃん、個性的ですごくおもしろいです。

目のつけどころが、凡人と違うのです。

彼女の話は米子でぜひ。一緒に連れていくかも知れません。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク