ベルサイユの天使

DSC00804.jpg


金曜日の夕暮れは、体も気持ちも開放感でいっぱい。

久しぶりにセーヌを超えてパリ右岸、オペラ座付近へ急ぎます。


バスを降りると、噴水のそばにツリーがいくつも輝いていました。

よく見ると、これはすべて使用済みペットボトルで出来ています。




DSC00805.jpg


サントノーレのウインドウには、白い天使の羽が。










DSC00811.jpg


半年振りに、ベルサイユに住むミヌちゃんと待ち合わせ。

十数年前にパリで開催された大学のOB会で出会い、初対面から意気投合。

年に3~4回のペースで一緒に飲んで近況報告。



本日の1軒目は、マルシェ・サントノーレの手前にある魚屋さんの奥のオイスター・バー。



DSC00813.jpg

店頭には新鮮な牡蠣があふれています。


DSC00816.jpg


牡蛎と言えば・・・シャブリ・プリミエクリュ・ヴィエイユヴィーニュで乾杯!



DSC00818.jpg


「大西洋の盛り合わせ」という一皿をそれぞれいただきます。

ミヌちゃんはこのお店の常連で、オーナーも、娘婿も、スタッフも入れ替わり立ち替わりおしゃべりに来ます。



DSC00820.jpg

「エメロウド」という牡蛎。このお店の独占販売、と書いてあります。


お味は 海のミルク。

美味しすぎてワインがどんどん進みます。



DSC00826.jpg


「北欧の盛り合わせ」をふたりで分けます。


ずっとしゃべりぱなし、飲みっぱなしで、気がつけばボトルは空に。



DSC00842.jpg


二軒目に移動。

こちらは、カジュアルなイタリアンレストラン。 感じのいいサービスと気軽な料理で大人気。



DSC00835.jpg


トスカーナの、ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノをいただきます。

あたたかいなめらかな飲み口。

ミヌちゃんはとても強いので、ぐいぐい飲み進めます。



DSC00837.jpg


濃厚なトマトソースのラザニアと・・・


DSC00839.jpg

イカのリゾットをふたりでいただきます。

隣のテーブルに座ったフランス人カップルが10月に日本へ行ってきたばかり、ということで
話が弾みます。


ミヌちゃんは、プロの通訳として日本で活躍後、フランスへ移住。

現在はベルサイユにあるフランス企業の幹部として、大活躍の日々。

苦労は数えきれないぐらいあるはずなのに、会うときはいつも笑顔にあふれています。



DSC00845.jpg


ふらふら歩いてヴァンドーム広場へ。 だいぶ酔っ払ってきてふたりのご機嫌度は最高潮。

「きれいだねー」「金曜日っていいね~」




DSC00847.jpg


名門リッツ・ホテルのエントランスをくぐる時には少しだけおとなしく。



DSC00849.jpg


大きな電動の白熊とペンギンさんたちがお出迎え。動きがとても可愛くてしばし見入ってしまいました。




DSC00855.jpg


両脇に高級ブランドが陳列されている長い長い廊下を歩き・・・



DSC00853.jpg

サンタさんも読書中。


ツリーとわたくし


きらびやかなツリーの前でポーズを決めてみるワタクシ・・・。



DSC00865.jpg


ホテルの奥の奥には、由緒ある「バー・ヘミングウエイ」が。




DSC00872.jpg


メインのバーに比べて非常にこじんまり。そして落ち着けるコーナーもあり。




DSC00866.jpg


新聞のように折りたたまれた粋なメニュー。




DSC00869.jpg


おすすめのカクテルをいただきます。

この前に、きゅうりのスライスが浮いたお水が出ます。
ライムのスライスは知っていますが、きゅうり・・・これがかなりイケました。



DSC00870.jpg


私のカクテルはこちら。

生花がついているのです。贅沢だけど潤いをいただける1杯。



りっつの玄関


酔いも回り睡魔も襲ってきたので、帰ります。

玄関でタクシーを呼んでもらっている間に写していただいたミヌちゃんとのツーショット。





ベルサイユへ帰って行くミヌちゃん。


昔、彼女の家に泊りに行ったとき、冷蔵庫から貴重な日本のウナギや明太子を出して
美味しい白米を炊いてくれたことがありました。



張りつめた魂に、そっと優しく手を入れて、揉みほぐしてくれる大切な友達。




ミヌちゃん19年目、私17年目のフランスの冬も元気で頑張りましょうね。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美しすぎますって!

ピノちゃん、

昨晩は久しぶりにおしゃべりできて楽しかった~!v-238
私、しゃべり過ぎてちょっと窒息しそうになっちゃたよ。v-15

ワインもご飯もおいしかったし、何よりピノちゃんと一緒だとやたら男子から声かけられるしーv-207

あんなに片手でパシャパシャ撮った写真がこんなに美しいとは!貴方様の腕がよいのか、カメラが高性能なのか、感心いたしました。。。

最近なかなか上パリできないけど、今回はクリスマス気分も最高潮でテンションあがりました。

久しぶりに会っても会えなかったそれまでの時間を一瞬で埋める事のできる友達ってなかなかいないのですわ!
ピノさま、今後ともよろしゅう~~~v-254

追伸:3月の日本の”お花見ワイン教室”にはぜひとも参加させていただきたいものです。
ガシガシ稼いで飛行機代貯めるよー!v-220

No title

なんとも素敵な大人の夜ですね~。
pinoさん、17年なんですね。17年の間たくさんご苦労もあったことと思われます。
ご苦労を乗り越えられたからなのか、今pinoさんとっても輝いてます!
同じように頑張って来られたミヌさんもきっと素敵な方なんでしょうね。
私も、いっぱいいろんな思いをして、それを乗り越えて素敵な女性になりたい!
ただボ~っとしていても、磨かれませんよね。
また、素敵エッセンス分けてください!

ごちそうさまでした

☆ミヌちゃん

楽しい一夜だったね。3回会う分ぐらいを1回でしゃべるから、双方で呼吸困難になるぐらいに笑うよね。

声をかけられるのは、ミヌちゃんのストレートロングの黒髪の威力でしょう。名言の数々も爆笑したわ、ノーカウントね♪

ブログの写真は途中から酔いがまわってピンボケでも画面がマトモに見えてませんでした。なんでもオッケー!ってずいぶん撮ったわよね、
撮った覚えのないホテルの廊下とか、知らない間に写ってました。

いつもだけど、ご散財させてしまい恐縮です。
私のほうが態度が大きい後輩で申し訳ありません~。

春には日本にも飛んできていただけるように、体にくれぐれも気をつけて
ミヌちゃん、ますます昇進してね!




オトナへの熟成

☆Y子ちゃん

いつもありがとう。17年はあっという間だった気もするし、長かったようにも思えます。

パリに来なければ出会わなかった人と、今、親しく繋がっていることも
運命なのだと感じています。

ミヌちゃんと出会った頃は、ちょうど今のY子ちゃんぐらいの年。
大学の先輩だけど、現役時代はもちろん顔も知らなかった。
OB会でタイ料理レストランで偶然目の前に座って、飲んだのが始まり。

素敵エッセンス、Y子ちゃんの大きな瞳からいっぱい出ていますよ。
私のほうがそれにあやかりたいです!







パリのノエル

何もかもがおしゃれですね!!
ピノさんの写真からパリのおしゃれなノエルが伝わってきました。

ほんと、ピノさんはステキなお店を沢山知っていますね。


そして、ステキなマダムの晩餐にうっとり
(かなり飲みましたね~笑)


クリスマス。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

ピノちゃんこんばんはv-483

ペットボトルのツリーv-255素敵ですねv-353
リッツの白いツリーv-255はもっと素敵v-352v-339v-353

クリスマスの夜v-484のパリv-498憧れちゃいますv-10

魚屋さんv-520のオイスターバー、
多分知人v-528がこの間一人で行ったお話しをブログにUPしていたお店だと思います。
なんか嬉しい偶然ですv-411

私も昨夜牡蠣を頂きましたよー、そして飲み過ぎましたv-412

毎度飲みすぎで。

☆こぶたちゃん

パリの中心地に出かけると、世の中はこんなにノエル気分なのね!と感じます。地元15区の商店街のライトアップも地味に頑張っています。

この晩は絶好調で飲み進めましたが、最近急に酔いがまわって眠くなるという弱点が顕著なので、4軒目はナシでした。

こぶたちゃんも会社の忘年会&新年会で12月は超多忙なのでは?
美人だからどこの宴会からも呼ばれるでしょうねー!



魚屋の牡蠣バー

☆小鞠ちゃん

お知り合い、すごい場所をご存じですね。
私は魚屋の存在は知っていましたが、その奥でこんなにおいしくいただけるって知らなかった。

この日は、ミヌちゃんが会社でもらった食事の商品券?のようなもので
ご招待してくださったのです。
パリのいろんなレストランで使える券みたいで。

牡蠣の塩気とワインがバッチリで、私たちも最初から飛ばしすぎました。






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メールしました♪

☆鍵コメ nさん

こんばんはー。すっかり寒くなりましたがそちらもお元気そうで何よりです。

今、メールしましたので読んでくださいませー。

来年こそ必ず会いましょうね。

お元気で素敵なノエルをお迎えください。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク