半世紀の重み

DSC01872.jpg

帰国の度に、あたたかく迎えてくれるパリ時代のワイン仲間がいます。

西荻窪のK邸へ、今回もH家と一緒にお邪魔しました。


新年まであと2日と迫った年の瀬の夜。


DSC01873.jpg

お正月を意識した美しいテーブルの上には、長時間かけてK氏が丁寧に作った白レバーペーストと
最高のワインたちが待っていてくれました。


DSC01880.jpg



「ウ・メス・ウ・ファン・トレス」 スペインの発泡酒、人気のカヴァです。

泡の老舗ピニョル家と高品質ワインのエステーベ家のジョイントから生まれたもの。

結婚式のスピーチみたいですね。

DSC01877.jpg


今のお仕事を引退後にはワインバーを開く夢を持つというK氏。

ワインにも深い造詣をお持ちですがお料理もとことん極めておられます。


DSC01881.jpg


イタリア・フリウリの幻の銘酒「ミアーニ」。

生産量が少なく、ブルゴーニュのルロワ家のものよりも入手困難と言われます。


濃厚で余韻が長く、全てのものを包み込むような奥行きのあるワイン。


DSC01878.jpg

K氏の故郷高知産のプチトマトで作ったブルスケッタ。

オリーブオイルも最高級のものを使用。


DSC01886.jpg

現在のラングドックを牽引する作り手、クロマリーの白は香りに気品がありました。



DSC01884.jpg


たらとムール、じゃがいものクリーム煮。


「塩加減のジャッジは最後に」。


K氏の言葉に、塩に頼りがちな自分はハっとしました。


DSC01887.jpg

Nさんご提供の1998年のシャンボール・ミュジニー。

1級畑でも特に人気のレ・シャルムです。

DSC01888.jpg

イタリア・トスカーナで世界最高のピノノワールを、という理想をかかげて作られているワイン。

2008年、若いピノとは思えない芳醇な香りと強さ。

フランスや、カリフォルニアの既成のピノとは全く別物。




DSC01891.jpg

Nさんが2009年の締めくくりに「来年50歳になる自分の確認」ということでご提供。


シャトーマルゴー 1960年。


全員言葉が出ませんでした。


元気です、ずっとかっこいい。そして優しい。強さも充分。

「俺、生きてるなぁ。まだ生きてるなぁ。」


1月の終わりに館山のフルマラソンを走るNさん。 

本当にいい男は、力まずにゆったり構えて、常に謙虚なんですね。ごちそうさまでした。



DSC01893.jpg

野菜の旨味と歯ごたえをしっかり残したタイグリーンカレーに合わせてベルジュラックの赤を。



DSC01894.jpg

高知のイクラ丼と、卵が入ったさつまあげ。 土佐の波を感じるような噛みごたえのある美味しさ。



DSC01902.jpg


日本酒やデザートワインもしっかりいただいたあとは、高知のフルーツ盛り合わせ。



Kさん、Cさん、Nさん、Hちゃん、毎年毎回、私に元気を注入してくれてありがとうございます。





ワインで繋がる気持ち。


時代を超えて、生命力を確認できる魔法の飲み物。



50年前の「女王様」に微笑をいただいた夜でした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

朝からびっくり(*。*);

ピノちゃんおはようございますv-278

何もかもが別世界のv-485のようで、
朝から目が点v-394

テーブルセッティングv-352もお料理v-271も、
そして、ワ、ワ、ワインv-272v-399v-356

このような方々と方を並べv-434てらっしゃるピノちゃんと、
ワインをご一緒できたなんて、本当はあれは夢v-469だったのではv-361
なんて思ってしまいますv-395

お正月v-457のお話かと思いましたが昨年のお話なんですね
私も頑張ろうv-91ーっとv-411

No title

これが・・・・ご自宅での食事??
1日1組限定の素晴らしいレストランのよう☆
おもてなしの心を学ばせていただきました^^
テーブルの上にはざっと数えて7本の瓶と写真だけでも美味しさが伝わってくるお料理が~。
最後のフルーツまで気を抜かない。とは、素晴らしすぎる・・・・・。

驚きの味でした

☆小鞠ちゃん

朝からびっくりさせてしまってすみませんー。

「嬉しい驚き」っていいですよね、それがワインやお料理なのですから最高です。

小鞠ちゃんの年末、お正月記事もご馳走の連続でスゴイですね。

早く12月26日の記事が登場するのを楽しみにしてます。

明日が楽しみ。

☆diadianちゃん

1組限定のレストラン、そうだね、そのとおりだね。
ここのご主人、過去何回もお招き受けているけど、同じメニューは出てこないの。いつも新作なの。それがすごいよね。

夏にdiadianちゃんにおもてなしいただいた時もアイデアとお味の確かさに感動したのでした。

明日は、大勢でお世話になりますがみんな新年会を最高に楽しみにしているからね。よろしくお願いしますー!

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク