おめでたい鍋を囲む夜

DSC01958.jpg

横浜には20年以上前から、姉のように兄のように、いつも慕っている友人夫妻が居ます。

ヘアサロンを2店舗経営して休みなく働くふたりが貴重なお正月にホームパーティーを開いてくれました。



DSC01962.jpg


干支にちなんで、寅のランチョンマット、コースターなどで可愛らしくセッティング。




DSC01960.jpg

アルゼンチンの発泡酒でカンパイ。

「去年はよくみんな頑張った。今年はもっともっと!」


DSC01961.jpg

元気な泡に自分たちの今を重ね合わせて。



DSC01959.jpg

かずのこ昆布やかずのこは塩抜きの加減がちょうど抜群です。
そして、珍しい氷頭なますもとっても美味しい。



DSC01967.jpg

この日本酒は白桃酵母を使っているそうです。



DSC01966.jpg


冷や酒の器がセンスが良くてほれぼれ。


DSC01965.jpg

「ミホに食べさせようと思ってお取り寄せしたんだよ~」とY子ちゃんが出してくれたのは

紫ウニを貝にこんもりと盛り付け、さっと温めたもの。

ぎっしり重なったウニが美味しすぎて泣きそうです。

ほんの少しの醤油とわさびを加えていただくと夢見心地。


DSC01972.jpg

小一時間遅れて仕事帰りのNちゃん合流。

DSC01971.jpg

鯛とカブのオレンジマリネ。 Y子ちゃん、本当に美味しいわ。

Y子ちゃんは美容界でも特に今、着付けで全国コンクールを目指し忙しい日々を送っています。

私の髪の毛も毎度帰国の度に彼女が切ってヘアエステをしてくれています。



DSC01973.jpg

そろそろワインをということで、Uさんのお土産のグールガゾーのヴィオニエを。

厚みがあって香りも華やか。



DSC01979.jpg

酒飲み集団では1本はすぐに空いてしまい、次のワインもUさんのお土産。

ロワール、サヴニエール。

日本酒とイメージが重なるような繊細な辛口。シュナンブランの良さが顕著に表現されています。



DSC01974.jpg


本日の主役登場。

たらば蟹とズワイ蟹。

殻を外したこの状態で冷凍でどーんと配達になるそうです。

過去にも、こうしてカニ鍋をこのお宅でいただきましたが今夜はさらに大盛り。


DSC01976.jpg


これをしゃぶしゃぶ・・・赤くなったら特別なポン酢でいただきます。




DSC01978.jpg

Nちゃんのお土産の弱発泡の日本酒。

茨城のおばあちゃまのご実家から送られてきたそうで、非常に飲みやすくてみんなに大人気。


DSC01975.jpg

野菜もふんだんにご用意くださいました。

しかし、みんな蟹に燃えてしまって野菜はほとんど手つかずで。


DSC01977.jpg

遠慮なく、自分が甲殻類になってしまうぐらいたくさんいただきました。

蟹でおなかがいっぱいになるってスゴイです。

〆は最高の出汁にうどんを投入。最後の1滴まで食べ尽くしでした。


DSC01982.jpg

茄子のお漬物も美味しい・・・


DSC01983.jpg

長期熟成の2005年の日本酒をいただきすっかり出来あがってしまいました。





日本酒やらおせんべいやら、タオルやら、実家のように帰りにはいろいろ持たせてくれて
幸せな宴は終了。




お世話になっている方々に、ご恩返しはいつまでたっても出来ない私ですが、

ぎっしり詰まった蟹の身のように、今年も固い中に旨味が詰まっている人間めざして働きます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご馳走すごすぎる、会ですね。
ウニとかビビル位旨そうですね。
かにのシャブシャブもヤバいぐらい、旨そうです。
もちろん、ワインも。
すごい。

Meilleurs voeux♪

ミホさん、あけましておめでとうございます♪

ミホさんの素敵な記事の中で、特に好きなのがホームパーティの記事です。
お友達や先輩がミホさんの為におもてなししている情景が目に浮かび、とっても温かい気持ちになれます。

蟹やウニ、美味しそう・・・ああ~日本のお正月ってやっぱりいいですねー!!
このお宅のお皿・器などすごく好みなんで、更に美味しそうに見えます。

私はストラスブールでノエルを過ごしてきました。アルザスワイン、最高でした!!

今年はお会いできるといいなー。
その日まで、私も自分磨きしておきます!

追わず数えてしまいました(^o^)

ピノちゃんこんばんはv-483

またまた素敵なホームパーティv-314
私は思わずワインが3本v-272v-272v-272
日本酒が3本v-305v-305v-305と指を折りましたv-411
総勢は5名v-361
だったらびっくりするほどでもないかなv-396

ワインv-272も日本酒v-305も、
もちろんお料理v-271も、このパーティに紛れ込んで
味見させて頂きたいですv-398
そんな訳には行かないので、ピノちゃんの素敵v-352な記事v-295
納得して帰りますv-433

凄すぎますよね。

☆てきとー日記主人様

Y子ちゃんとHさんは、この前のCEPAGEで、てきとーさまと同じ日に出席でしたね。

ウニね、本気でびっくりでした。大きなハマグリに並べてあるんですけど、普通に考えて下のほうはウニじゃない、と考えますよね。
でも、これ、掘っても掘ってもウニなんです。
そうとうずっしりウニでした。
ウニの軍艦で半分ぐらいキュウリが乗ってごまかしてあるのありますよね、あれの20倍ぐらいウニを使ってると思います、もっとかな。

No title

この刺激が堪りません。

美味しい食卓を拝見すると。。。。
あぁ~私も頑張って旨いもの食べなくては!
なんて意欲が沸いてまいります。(笑

メニューもさることながらセッテングって大事なのですね。

本年もご活躍をお祈り申し上げます。

ご挨拶が遅れましたが・・・

ピノさん、新年あけましておめでとうございます。
昨年はピノさんに出会えとても大切な一年になりました。
今年もピノさんから多くのことを学ばせていただこうと思っていますので
どうぞ、よろしくお願いいたします。
12月はなんだか忙しく、大晦日から昨日まで寝込んでおり、寝込み正月となりました。
しかし、今日ピノさんのブログを拝見させていただいて、美味しいものをいっぱい拝見し
ピノさんが楽しんでいらっしゃる姿が目に浮かび、私も楽しい気分を味わわせていただき
元気になってきましたよ。
ピノさんのブログを拝見していていつも思うこと。
それは、ピノさんは、とても多くの方に本当に愛されているということ。
きっと、ピノさんがそれだけ愛情深く、人と接してこられたからなのでしょうね。
十分、蟹並みの旨味が詰まっていると思われますが、今年ますます旨味を
蓄えられる予定なんですね。まだまだ味の薄い私は、もっともっと頑張らなくては!
こんな風に今年もたくさん、影響を与えてくださいませ。

アルザスのノエル

☆noriさま

今年こそ会いましょうね、同じ国内ですもの、その気になったら週末にぱーっと会うことができる。そんな距離感ですよね。
私もnoriさんのブログを見せていただいて、noriさんの住む街を歩いてみたい気持になっています。春になったら本当に行くので遊んでもらえますか?

アルザスのノエル、可愛くて美しくて最高で良かったですね。
そろそろアルザスワインの講習も実施したくなります。

ホームパーティーの記事、気にいってくださってありがとうございます。
準備から片付けまで、時間と愛を注いで喜ばせてくれる友人たちに心から感謝です。

私もnoriさんに会う前に、自分磨き、ゴシゴシ頑張らなくちゃ♪
noriさんはそのままで充分ですからね。

日本酒は。

☆小鞠ちゃん

酒量カウントありがとうございます!

この日の飲み手は確かに5人でしたが、「冬の月」って、一升瓶なんですよ。それを、どんどんガラスの冷酒入れに移して冷える間もなく飲み続け。ワインに到達した時にはみんなかなり酔ってました。

しかも、あの後もシーバスリーガルをロックで・・・とタクシーが来るまで
飲んでたりして、蟹のように赤くならないけど、泥酔一歩手前。

パリへ帰れば日本酒はめったにいただかないので、今のうちに♪

ナポリタンの謎を。

☆いその爺さま

頑張って美味しいモノを・・・はい、私もいその爺さんのブログを見ておうちでも美味しいモノを研究することの大切さをしみじみ知りました。

ナポリタン考察、フランスを探る時には私も何かのカタチで協力させていただきます。現実には、パリで私のイメージする日本風「ナポリタン」を
食べさせてくれる店はありません。
そこが不思議だなーと渡仏した頃から思っていました。
ピーマンと玉ねぎとウインナーとケチャップと粉チーズ・・・
小さい時に地元横浜の洋食屋さんで食べた味は、今は自分で作るしかない。

CEPAGEのパンレッスンでも「ナポリタンロール」を作って好評だったこともありました。
こう書いているだけで、ナポリタンが食べたくなってきます♪

お大事にしてね

☆Y子ちゃん

寝込み正月ですって?ものすごく寒いっていうし、パリのお正月は体も弱っちゃうよね、可哀そうにー。
もうすぐ帰るからいつでもSOSして。なんでも配達しますよ。

こちらこそ、去年はまぶしい笑顔のY子ちゃんと出会えておおらかな可愛さに癒していただきました。
今年はもっともっと仲良くなりたいからよろしくお願いしますね。

まずは寒波を吹き飛ばす新年夜遊び?でも計画しましょうか。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク