2010年1月冬季特別講習 山形・足利のワインで楽しむ和のテーブル

DSC02466.jpg

先日日本から持ち帰ったワインと創作和食で2日間特別講習をいたしました。

 
山形県 高畠ワイナリー 甲州 1999年

栃木県 ココファームワイナリー 農民ロッソ 2007年

山形県 高畠ワイナリー 県産認証カベルネ・ソーヴィニョン 2005年

サントリー 赤玉スイートワイン 




DSC02479.jpg


テーブルは紺色を基調に、ヒヤシンスとパンジーの寄せ植えをセンターに。


DSC02473.jpg

葡萄の水差しは、神戸の仲良し小鞠ちゃんの作品。

「ピノちゃんのための水差しを作りましたよ」

1粒1粒に、小鞠ちゃんの笑顔と優しさが実っています。

葡萄のお箸置きも以前いただいたもの。


お箸の真ん中に光るものは、理子ちゃん作の「お箸リング」。


CEPAGEのテーブルは、手作りの愛情がいっぱい。



DSC02543.jpg

前菜は3品。

「おから風リコッタ海苔巻」

リコッタチーズに生ふりかけ(高菜&明太子)を混ぜ込んで、焼き海苔でくるんでいただきます。



DSC02491.jpg


「ゆかり梅きゅう」

皮を縞に剥いたきゅうりとカニカマを、梅干をたたいたドレッシングでさっと和え、ゆかりをトッピング。


DSC02542.jpg

「鶏もも肉の黒胡椒炒め ネギ胡桃オイルがけ」

一日オイルに漬け込んだネギがアクセントです。



レッスン風景

お食事風景は、いつも笑い声が絶えません。

自己紹介の中の今月のお題は「お正月の一番の思い出」。





DSC02548.jpg


続いて、ふた付きの器で登場したものは・・・


DSC02550.jpg

「鱈と青梗菜、大根の海鮮醤ワイン蒸し」



DSC02493.jpg


塗りのスプーンで煮汁までしっかり召し上がっていただきます。



DSC02554.jpg

「ソースそぼろどんぶり」

牛ひき肉、野菜のみじん切り、しいたけやショウガも入ります。

味付けにウスターソースを使うことでスパイシーさが加わり、ワインを飲みながらご飯モノも楽しめます。



DSC02557.jpg


デザートは 「きなこバナナパフェ」

マスカルポーネのクリームがかかっています。




DSC02529.jpg


本日のお茶は ルピシアの「柚子」。

緑茶に柚子の香りがついた上品なお味です。

これは、日本のCEPAGEにご出席いただいたミナさんからいただきました。







いよいよ来週から、1月の通常レッスンもスタート。



ワインを眺め、ワインの香りを愛で、ワインを五感で味わうひととき。



そこから自分を再構築して行けるように、元気のシェアが出来るテーブルを目指します。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

農民ロッソ♪

ココワイン、大切に持ち帰ってくださってありがとう~!
我が家は白の方が好きなので、農民ドライの方がよく登場します。
ロッソもドライも1本ずつ待機中(笑)お手軽価格なのに美味しくて好きです。
赤玉ワイン、昔はポートワインって言ってなかった?
子供の頃、我が家のお屠蘇はこれだったのよ~(笑)懐かしい!

小鞠ちゃんの水差し、ピノちゃんちのテーブルだとまた一段と良いわ!
木の葉のお皿、同じものを持ってます。確か飛騨高山で買いました。

ネギを漬けこむオイルは何がいいの?これすごく美味しそう!
ソースそぼろ、夫はウスター好きなのでこれも是非!

柚子のお茶、最近ルピシアに行ってないのでチェックしてくるわ(笑)
↓伊藤園からも素敵なパッケージのお茶が出てるのね~。

ココファーム

☆さち姉さん

ココファームの素晴らしさを教えてくださったきっかけは、さち姉さんでした。
秋に実際に行くよりも前に、愛の宅急便で届いたワインたち。
それから、こうしてパリでも講習ができることになって、さち姉さんの想いを代弁できた気持ちです。

農民ドライも美味しいですね。テラスでいただいたオークバレルも最高でした。

赤玉は1973年まで、赤玉ポートワインと呼ばれていました。
商標権抗議問題で改名されました。
私も小さいころから、祖母がチビチビ飲んでいるのを見て育ったので、これは懐かしくぜひ紹介したかったのです。

「人生甘く楽しく行こうよ、SWEET LIFE!」という宣伝文句もイイ。

木の葉のお皿は、これは帰国のお友達からいただいたものです。
飛騨高山のものとは知りませんでした。下さった方は浜松の出身でした。

ネギオイルは、これはくるみ油ですが、ゴマ油もお勧めです。





No title

何やら、見覚えのワインが!!
「時には、自分にも他人にも甘くなっていいんだよ♪」って言ってたなぁ~~
12月のセパージュから1か月も経っていないのに、ずいぶんと懐かしく感じます^^
おかず、おつまみ、お弁当・・・全てに使わせていただきます^^
まぁ~mihomの周りには多才な方が多くいらっしゃいますが、陶芸家さんまでいらしたとは^^
以前、益子でお皿を作ってみましたが、焼いている段階で割れてしまいました。
お箸リングもステキだし~♪
和食器に盛ったお料理が、色鮮やかでどれも美味しそう♪

お恥ずかしいヾ(- -;)。

ピノちゃんこんにちはv-482

紺とグレーの素敵なテーブルの上に
私の作品が偉そうに。。。いや~ん恥ずかしいv-399
以前のお箸置き共々、こんなに素敵に使って頂けて、もう感激でございますv-406
水差しなんて使った事もなければ、手にした事もないくせに、
ピノちゃんの収集のお話の記事v-295を読ませて頂いて、即作ってしまった私は、
とっても慌て者v-29でございます。

農民ロッソ、私も手に入れたいと思ってます、
でもできれば現地で買いたいです。
ピノちゃんとさちさんとココファームに行ける日の記念にv-257

赤玉ワインは以前もお話したように、
子供の頃から飲んでた私、だからこんなになっちゃたのかなぁ・・・v-396

一見「和」なムードですが、
リコッタチーズ有り、胡桃オイル有り、そぼろ丼がウスターソース味だなんて、
凄いアイデア満載v-424

「CEPAGE JAPONv-496」に2回目の参加をしたいです、
パリv-498の「CEPAGE」ならもっといいんだけどv-411

拙い作品を素敵にご紹介くださってありがとうございましたv-435



またいろいろ教えてね。

☆diadianちゃん

新年会でdiadianちゃんが作って出してくれた
「クリームチーズとおとなのふりかけを混ぜてリッツに乗せるカナッペ」、そこからヒントをもらったの。
リコッタに変えたらモロモロっとした感覚がおからに近くなり、リッツはほとんどフランスで見ないので、それを海苔に変化させて和風に。

鶏ロール蒸しは、また近いうちにアレンジする予定。

陶芸やったことがあるんだねー、スゴイ。
益子って行ったことないけど、いつか行ってみたい場所のひとつ。



お宝。

☆小鞠ちゃん

神戸から仙台、横浜、パリと旅をした水差し、無事にこのテーブルで
みんなの注目を浴びてましたー。

見れば見るほど芸術作品。
世界でひとつの、ピノノワールの水差しなんですもの。
本当にありがとうございます。

農民ロッソ、陽気が良くなった季節にさち姉さんを訪ねてあのテラスに行っていただきましょう。
他にもいろーんな種類のワインがありました。小鞠ちゃんと一緒なら何種類も試すことが出来ますね。

ゆかり

またまた素敵な創作和食の品々ですね。 どれも年末にいただいた甲州や農民ロッソとも相性バツグンでしょうね。 春のセパージュでも、このどれかをいただけるのでしょうか。ちなみに私は、ゆかり大好きです。 ご飯がすすみ過ぎて困ります。

考慮します♪

☆よしこさま

ゆかりですね、承知しました。それではメニューを開発いたします。

ご飯が進み、酒飲みも子供も家族みんなで楽しめるおかず系、
ワインは意外と守備範囲が広い飲み物ですので、気軽にどんどん合わせてみてください。

ふりかけ、日本に帰るたびに新商品が出ていて目が泳ぎます。
昔懐かしい「のりたま」が一番好きですが、教えていただいた
おとなのふりかけの鶏そぼろ、次回試してみます。
またこれぞというふりかけに出会ったら教えてくださいね。




No title

パリはとても寒そうですが
mihoさんのお部屋はとても暖かそう。
「柚子」をパリのCEPAGEに参加させてくださって
ありがとうございました。

春のCEPAGE、楽しみにしてます。

温まりました。

☆minaさん

わー、minaさん、お茶、感激しながらいただきましたよ。
緑茶の香りも柚子の香りもバランスよく入っていました。
体の芯までゆったり温まる素敵なお茶でしたー。
お心遣いに大感謝です。

パリでお別れするときに、また日本でお会いできたらいいなーって思っていたのがすぐに実現して、嬉しい再会でした。

また3月も楽しい企画を考えて帰ります、ぜひいらしてくださいね。

距離感

和のテーブル とっても素敵です。
小鞠さんや理子さんの作品もあって、CEPAGE全てがマリアージュですね。
オイルに漬け込んだネギは、生のままですか?
あと「ソースそぼろどんぶり」のお肉の上に乗っている、黄色いのは何でしょう?

ところで報告ですが、牛肉のコーラ煮を娘の誕生日に作ったところ、大成功でした。
ミホさん、ありがとうございます。v-410
それと先日mother-of-pearlさんとご一緒しました。
CEPAGEのおかげで、新しい輪が広がりました。
これも、ありがとうございました。

ミホさんが日本でも教室を開いてくれて、日本とパリのCEPAGEの様子をブログで見ていると、何だかパリがすぐそばにあるような気がしてきました。

いつも隣に。

☆おかみさま

CEPAGEを日本で開催させていただけるようになって、まず皆さんとの再会が頻繁にできることが最大の喜びです。

オイルに漬けたネギは生です。でも辛味が消えるように1日ぐらい冷蔵庫で漬け込んでおくとちょうどいいです。
そぼろの黄色は、炒り卵です。甘めにざっくり作ってあります。
茹でたさやえんどうを細く切って飾っても色どりがいいかも知れません。

コーラ煮、大成功おめでとうございます。
mother-of-pearlさんとお会いになったんですねー、素敵なおふたりで大人の時間を過ごされたことでしょう。
次回は私も混ぜてくださいね。




おっと、間違い

コーラ煮  豚肉なのに牛肉と間違えてしまいました。

大変失礼いたしました(なんで勝手に脳内変換しちゃうかな、この脳味噌はv-293

「ソースそぼろどんぶり」はお弁当にも良さそうv-290
いっぱい作って、お弁当にも入れてあげようっと。

v-318簡単・豪華・おいしいv-318
ミホさんレシピ、ありがとうございます。

ぜひご活用ください

☆おかみさま

ソースそぼろは、もちろんお弁当にも、チャーハンの具にも、スパゲティにもよし(ちょっと和風にもなる)、温豆腐にかけても美味しいのです。ゆでたじゃがいもの薄切りにかけてチーズをのせて簡単グラタンにもむいています。

「おもてなし料理」風豪華食材で無くても、レストランとまた違った家庭の味、懐かしい味が表現できればと考えています。

明日から1月の通常レッスンもスタート。それは洋風の「おかず」ですのでご期待くださいね♪



No title

テーブルコーディネートも
お料理も
雰囲気も 素敵過ぎて~
深呼吸して帰らせて頂きます★

今年も宜しく御願いいたします♪♪

おしゃれワンコちゃん最高です。

☆maimaiさん

衣装持ちARONちゃんの可愛いお姿、今年も楽しみに拝見させていただきますね!

おほめいただき恐縮です。いつも和食の時は、diadianちゃんにSOSを送って「何か教えてー!」って騒いでおります。

パリの食材で作る「なんとなく和風なおつまみ」とワインのマリアージュ、今年もたくさんレッスンしていこうと思っています。




No title

おから風リコッタ海苔巻
素敵なお料理 嬉しいです

美味しそう

はじめまして。

☆ryuji_s1さん

コメントありがとうございます。

イタリアンの詳しいブログをお持ちなんですね。
パスタも豊富で材料もしっかり載っていていろいろ作ってみたくなりました。
私も勉強させていただきます。これからもよろしくお願いします。





プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク