春よ来い

DSC03111_20100203235031.jpg

節分を翌日に控えた2月2日、久しぶりに巻き寿司のレッスンをいたしました。

太巻きの具は卵焼き、カニカマ、かんぴょう、きゅうり、桜でんぶ、しいたけ。

細巻きはかっぱ、裏巻きは海老天ロールとカリフォルニアロール。



DSC03114.jpg

海老天の仕込みから始まって、きゅうりのかつら剥き。

具の支度が済んだらどんどん巻きあげていきます。

2時間の「調理実習」のあとは、プチシャブリで乾杯!



DSC03109_20100203235031.jpg

私が巻いたものを全員でランチ。ご自分たちが巻いたものは全て、今夜の夕食にお持ち帰りです。

時差の関係でその日の夜は日本は節分。 恵方巻き、幸せの方向を向いてほおばっていただけたでしょうか。



DSC03117.jpg


日本はもう立春。パリは雨の水曜日。

午前中に所用を済ませ、午後はモンマルトルへテーブルクロスを探しに出かけます。




DSC03118.jpg

駅のそばの古本屋さんで見かけた

「輝く女の子になるための211のアイデア」

「素晴らしい男の子になるための211のアイデア」



DSC03119.jpg

雑貨屋さんのウインドウにはもうすぐバレンタインなので、「愛の湯たんぽ」が。



DSC03127_20100203235239.jpg


この地区はカフェの看板も可愛いものが多いです。



DSC03121.jpg

最近はパリも「お茶」ブーム。

このお店は紅茶ではなく、アジアの中国茶や日本茶を専門に扱っています。


DSC03122.jpg

鉄瓶もポットも無国籍風。


右上の金の招き猫はキティちゃんもどきでしょうか。



DSC03123_20100203235239.jpg

「しあわせこいこい、やってこい」 


DSC03125.jpg

歩道と、石畳の車道の間に立てられている鉄柱に、金のリボンを付けているお店がありました。



DSC03128_20100203235359.jpg

雨のサクレクール寺院はどことなく寂しげ。

大きな生地屋さんを急いで3軒ハシゴして、4か月分のテーブルクロス生地を大量に購入し
大荷物で帰宅。

うちは皿屋敷でもありますが、布屋敷でもあるのです。



DSC03131_20100203235359.jpg

小雨に降られながら、家に戻ると荷物が2つ、管理人室に届いていました。

ひとつは、ロサンゼルスのヌマさんとヤスコさんから。

以前もトレーダージョーズのエコバッグや、インアンドアウトバーガーの商品券など、
アメリカを身近に感じる、まさか!と思うプレゼントが届くのです。


DSC03132_20100203235359.jpg


中身はアメリカ製のサンドイッチバッグとドライイースト。

私がパン講習でこれを使って生徒さんのお持ち帰りラッピングをするように。

1000枚、1000個分の焼きたてパンを包みます。

ありがとうございました。




DSC03133_20100203235358.jpg


もうひとつは、広島から。

ゆうパックの箱。

中身が動かないように丸めて詰められた新聞を広げて読んでみると、広島そごうでもキティちゃんの35周年展示会があるんですね。2月8日まで。


手紙を発見。

ともともちゃんはCEPAGEの初年度の頃の生徒さん。

「1本先攻でがんばります。いつか会える日を夢見て」

ソフトテニスを昔から頑張って大会にも出場している彼女の笑顔がぱーっとその瞬間浮かびました。



DSC03135_20100203235358.jpg

かぶりつきコロン・・・あまくてながーい幸せ

かぶりつきプリッツ・・・からくてながーい刺激


ともともちゃんが、今、気に入っている「だし」と「麩」は溶き卵につけて
チャンプルーにすると美味しい、その時にそのだしを・・・と詳しい説明付き。



DSC03137_20100203235358.jpg

キティちゃんのクリップ!


以前、関西のお友達KASHちゃんに豚ちゃんクリップをいただきましたが、キティちゃんクリップは
初めて見ました。

難しい書類も、これならニコニコ読めそうです。ともちゃん、いつも優しさをありがとう。






「鬼は外 福はうち」



祖母が元気で、父と母と私、みんなで豆まきをした子供の頃。


守られていた自分が、何かを誰かを守る立場になった今。

ある時は鬼の形相で物事にあたっている。





やけっぱちになりそうな時でも、ふと冷静になってみると鬼はどこにも居ない。






季節の区切り、寒さを超えれば春はもうすぐ。


明日も笑う門に福がたくさん、来ますように。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

太巻きの具が中心からずれていて微笑ましいですね。レッスン参加の方たちが巻かれたもの?

ご指摘ありがとうございます。

☆おなまえのない方

すみません、これ、私が巻いたのです。生徒さんたちは2本ずつ巻いてお持ち帰り、みなさんとても上手に巻いてました。
私が急いで5本ぐらい巻いて、すべて切って皆さんと一緒にお昼にいただいた分です。

もっと落ち着いて綺麗に巻けば良かったです。猛省します。
すみません。






朝からパリ散歩

ピノちゃんおはようございますv-481

今日は立春なのですが、今朝は寒いですv-12

巻き寿し~v-433
昨日食べはぐれちゃったので、ここでパクリv-411

義理チョコを止められなくて、
バレンタイン貧乏の私ですv-404

ちょっと今朝は時間切れでございました。。。v-435

本当の春

☆小鞠ちゃん

そちらは一日が始まりますね、こちらはこれから寝るところです。
今まで今月のワインのテキストの原稿を書いておりました。

豆まきをして、次の日春になると言っても、日本もパリもやっぱり2月はまだまだ寒いですね。早く本当にポカポカ陽気にならないかしら。

最近おひさまを見てないので、骨が弱くなっているような。

小鞠ちゃんにあやかって、私も何か大当たりがあるといいなぁ。

恵方巻き代わりに、ここで良かったらたくさん召し上がってください。
この日は20合のお米を炊きました。朝から炊飯器4回転で。





いやあ参ったナ。

ピノミホさんに言われてブログを見たら、僕(&やすこ)からのプレゼントのことが載っていました。
余りにもささやかなプレゼントなのでとても気恥しい思いをしています。以前クラスでのパン作りのときに重宝していると聞いたもので、役に立つのではと思い送りました。

送ってから航空便で20日もかかっているのですから、もしかするとドライイーストが麻薬と間違われて税関で引っ掛かっているのかなと思ったりして冷や汗ものでした。

パリには何でもあるし、此の頃はアメリカからは送るものが何もないの困っています。昔はパーカーのぺんだとか、ロンソンのライターだとか色々あったのですが・・・。(皆さんが生まれる前の話です。-笑-)
少しでも役に立てば嬉しいです。

大助かりです。

☆ヌマさん やすこさん

おふたりとパリのホテルでお別れする時の寂しさが今でも思い出されます。やすこさんにいただいた手編みのショールも、グレイのサンゴのペンダントも、すぐ手に取れるところに置いて何かあるとさわっています。

今回のプレゼントも、お知らせいただいてから、届くまではまったく何が入っているのか想像できませんでした。

前回いただいたエコバッグのひとつ、クーラーバッグはCEPAGE日本で大活躍。パリでもアメリカ駐在経験がおありの生徒さんもたくさんいらっしゃるので、トレーダージョーズっていいよねって話題で盛り上がっています。

アメリカから、いつもいつも深い愛情を送っていただいてます。

今日もこの優しさに背中を押してもらってパン講習しっかり頑張ります。



お寿司レッスン

こちらも楽しそう!&美味しそう!!

近日お友達を集めるので是非、お願いします!


「輝く女の子になるための211」ってどんなことかしら?
今さら「女の子」という年でもないですが・・・。

冷静に考えてみると211も実践するのはちょいと大変ですね。
輝く女の子になるのは簡単なことじゃないのでしょう・・・
表紙だけみるとかわいくて簡単そうなんだけどな。。。



モンマルトルでのテーブルクロス探し、次回はまたご一緒させてくださいね!





さすが!

私も昨日まきましたが、疲れていてはっきりいってやっつけ仕事(笑)。結構心を落ち着けてやらないと巻けないものですね~。来週、パーティなのでリベンジやります。
きのう東京ドームのテーブルウエアのイベントに行ってきました。勉強しないとね~。ピノちゃんにいつも励まされてます。

No title

思いやりに溢れる贈り物の数々。
mihoさんの周りには鬼なんて見当たりませんね^^

「輝く女の子になるための…」
どんなことが書いてあるんだろう♪
もし私がパリへ行くことができたなら、
一日中 雑貨屋さん巡りをしてみたい~!

日本でのセパージュではどんなクロスが使われるのか
今から楽しみにしています♥

春よ恋 (^-^)

素敵なレッスンですね。今、カリフォルニア・ロールの本場に
いますが、パリのロールの方が、よっぽど綺麗!!!
さすが、ミホ先生!!!

心のこもった贈り物が届くのは、その前にもっとたくさんの
温かいハートを贈っていらっしゃるからですよね。
いつも、お友達との交流を拝見する度に、広い心でお友達を
大切になさっていることがわかります。

“鬼は外”・・・って言えない子供でした。寒い時に可哀想だ、と。
おっしゃる通り。周りに鬼なんていないんですよね。
鬼はいつも自分の心の中にいるだけ。 暴れる鬼をおさめる
術を身につけたい、と願っています。

お寿司レッスンいらしてください。

☆R子ちゃん

お寿司レッスン、私自身がとっても楽しんでやってます。
にぎやかに巻くとお寿司も笑ってるみたいで。

私の寿司の師匠は厳しい人ですが、
「巻物はお持ち帰りもその場で食べるものもふんわり巻いて。
美味しければすべてよし。」って。

洋風巻きも、違うバージョンもいろいろご用意してますので、ぜひ
巻きモノ大好きになってね♪

211の素敵な女の子の秘訣はチラっと見たけど、割と自然なこと。人にやさしく、自分に厳しく、みたいなことがたくさん書いてありました。R子ちゃんのピカピカ笑顔もステキ女子必須項目ですね。

そう、今回はひとりぼっちのモンマルトル、ちょっと寂しかったわ。
次回は一緒に行ってねー!












東京ドーム。

☆陸太太マダム

いつもこちらこそ、マダムのさりげないご配慮に救っていただいてますよ。行動的でゴージャス、それなのに大胆ではなく繊細。

北京時代もよく巻いておられましたね、見てましたよ。
何でも手に入る東京のど真ん中に帰っても、巻いてるとは。

東京ドーム、ときどき行ってます。お知らせしておけばよかったですが、今回私の中学の同級生の奥様が出展していました。

マダムこそ、向学心、向上心が強くてスゴイ。

私、今年はフランス語を頑張ります。あ、言っちゃいました!!!
ここにきて、どどーんとちっとも自分が長くいるだけで進化してないことを恥ずかしいと遅まきながら思うようになったのです。
英語もすっかり忘れがち。そっちも並行して頑張りますよー。

雑貨屋さんめぐり。

☆yukapiちゃん

ホント、私の周りは鬼どころか、天使がいっぱい居ますね。
yukapiちゃんももちろんそのひとり。いつもアリガトウ。

雑貨屋さんめぐり、いっぱい行きましょう!
ブロカントと呼ばれるガラクタ市もおもしろいし、新しいモノを扱ってるキッチン用品店なども、とても楽しいです。

日本の次のセパージュのクロスは昨日迷って買いませんでした。
日本の春って私の中では「黄色」か「桃色」なんです。
そのイメージで・・・探したけど昨日はなかなかヒットしませんでした。また近いうちに行ってきます。

うっとり。

☆mother-of-pearlさん

美しい言葉、「春よ恋」って、なんだかほっぺがロゼ色に染まりそうです。いつもありがとうございます。

今、まさにカリフォルニアロールの本場にいらっしゃいますね。
この日の生徒さんが、アメリカ在住時代のお寿司屋さんのメニューを持ってきてくださったので、今後、またいろいろ作ってみたいと思います。

鬼が寒いのを気遣うとは、小さい頃から優しい女の子ですね。
そうですね、鬼のお面の下はもしかしたら、寂しい生き物。

今日は先ほどまでパンのレッスンでした。
明日も同じくパンです。美味しく優しく作れるように頑張ります。

・・・恥ずかし~

ミホさん,荷物無事に,しかも早く届いて安心しました。
しかも,なんか記事になってるi-237
恥ずかし~~でも,記事にしてもらって嬉しいですe-419
また次回,面白いものを見つけるぞe-271

巻きずし,美味しそうですね。我が家も巻き巻きしました~。
スーパーのデモキッチンで試食して美味しかった,クリームチーズと明太子
パリでは明太子は難しいですかね・・・?
あと,韓国風のり巻きも。酢飯があんまり好きではない子供にも好評です。
ご飯の後は豆まき。本気で豆を投げ合う,本気の鬼退治(笑)反抗期の娘の
心の鬼も逃げ出してくれないかな・・・。
息子は最近空手を始めました。『礼』を重んじる武道,すみっこで,ちらっと見ているだけでも
なんだか背筋がピンとします。

パリはホントに寒そうですね。毎日お忙しそうですが,お体大切に。

感激でした。

☆ともともちゃん

毎年毎年、気持ちを込めたものをセレクトして送っていただく愛の詰め合わせ、本当にありがとうございます。

じゃがりこもグミもすぐにカズタの胃袋に消え、コロンとプリッツとチーズクラッカーは私のおつまみとして、もちろん即日いただきました。

明太子とクリームチーズかー、考えるだけでよだれが出るけど、ご存知のようにこちらでは明太子はまさに食のダイアモンドなので入手困難。今度タラマペーストで作ってみます。

本気の豆まき楽しそう♪「礼を重んじる」空手ねー、数年前に最後に見かけたともともちゃんちの姉弟はまだ小さかったけど、今ではすっかり大きくなっているんでしょうね。

ああ、広島に行きたいなーーーーーーーっ!!!

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク