サンヴァンサン祭り シャサーニュ・モンラッシェ村へ その弐

DSC02940_20100206044856.jpg

夕刻、雪の舞うシャサーニュ・モンラッシェ村を後にして、ボーヌへ到着。


水路がぐるりとワインの聖地を取り囲んでいます。

写真右側の船着き場のような場所は、かつて洗濯場として使われていました。



DSC02939_20100206044856.jpg

IBISホテルはフランス中にあってお手軽な料金で泊まることができます。

今回は女子3人部屋。寝付きも寝起きも1番早い私。



DSC02952_20100206044856.jpg

ボーヌ市内は土曜日でも11月の栄光の3日間祭りの時期からは考えられないほど静か。

夕食までの時間、ワインの買い付けや食料品店を回って用事を全て片付けます。



19時半すぎにフラリと入ってみたレストラン。



DSC02953_20100206044856.jpg

太い梁のある天井、シックな赤紫のクロス貼りの壁。

アンティークのタピも飾られて、暖炉には火が暖かくともっておりました。



DSC02961_20100206044856.jpg

いただいたワインは1990年のシャンボール・ミジュニイの1級畑LES CHARMES。

20年の熟成を経て、しっとりとした芳香ときめ細やかなタンニン。長い静寂にも似た余韻。

この村のワインの理想的な状態を表現していました。




DSC02959_20100206050818.jpg

4人で乾杯!!!

パリからずっと運転してくださったCさん、お疲れ様でした。


DSC02957_20100206044953.jpg

アミューズはカリフラワーの一口スープ。
パプリカパウダーとスパイスが味を引き締めます。


DSC02964_20100206044953.jpg

前菜は土地の名物「ハムのパセリ寄せ」


DSC02970_20100206044953.jpg

メインももちろんブルゴーニュの郷土料理の代表「ブッフブルギニョン」。

よく煮込まれ、ソースも絶妙。 もちろんワインとの相性は夢見心地。



DSC02972_20100206044952.jpg

デザートは 「キャラメルクレーム・ブリュレ」。

お皿の周りにはフランボワーズのソースがシャープに描かれておりました。


DSC02966_20100206044953.jpg


R子ちゃんのチェブ、私のシェブ、そして今回購入したサンヴァンサン。


外へ出ると小雪がしんしんと降っておりました。

ホテルまで零下5度ぐらいの道を小走りに戻ります。






部屋に入ってパジャマに着替え、サンヴァンサン祭りのパンフレットを見直しながら
気が付けば夢の中へ。




可愛い妹のようなR子ちゃん&M美ちゃんと一緒の夜は安心感いっぱい。

すこやかにいつもの2倍ぐらい熟睡できました。











その参に続く。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もう20年って!

ピノちゃん
こんな素敵なイベントに行ってたのね
試飲もレストランも羨ましいよ~
地のモノで、地のワインをいただくなんて最高の贅沢だね

90年ってまだまだ最近だな
なんて感覚だけど実はもう21年たってるんだよね

そのノリで70年代モノもまだまだ~
なんてもうドップリ年月を経ているんだよね

いいワインは色褪せない
私も頑張るよ~
ロマネコンティや5大シャトー、ペトリュス、ル パンの例えに私が出てくるように
あと3年でなってやる~
(あっ、大きく出ました! スミマセンm(. .)m )
ってか、それじゃあカメレオンか!ってことだよね
色々な面があり過ぎて節操ないって?^^;

では、身近なピノちゃんを目標に頑張る~
(でも、それも遠いか)

ピノちゃんにバッカスの御加護を
いろんなモノはねのけて下さいませ
お願いいたしますe-420

分からない事がいっぱい(*。*);

ピノちゃんこんばんはv-483

分からない事は聞かなくてはいけませんv-411
「サンヴァンサン」ってv-361
「チェブとシェブ」ってv-362

とても古そうな水路、とても趣きがありますねv-352
寒そうに見える。。。じゃなくて寒いんですよね。

素敵なレストランv-271に極上v-257のワインv-272
もううっとりv-398するしかないですv-10

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

その勢いにあやかるね。

☆chanelちゃん

1990年ってホントについこの前のような気がするの。
その時には、今の自分は想像も出来なかった。

chanelちゃんなら偉大なワインの例えに登場できる技量も華もあるよ。

いいワインも、いい女も色あせないってことにしよう♪
ワインもそうだけど、女も意外とヤワでは無いわ。

バッカスもサンヴァンサンも、全ての神様と仏様と友達に守られて今日も元気です。アリガトウ。







お答えします

☆小鞠ちゃん

サンヴァンサンは、このお祭りの守り神。
ブルゴーニュの村を転々と毎年回って、豊穣をもたらしてくれるんですよ。髪の毛がボブの内巻き風で可愛いでしょう。
この置物をついに私も買ってしまいました。
いろんなサイズがありましたが、ウチの子になったのは身長15センチぐらい。

チェブとシェブっていうのは、この猿のようなぬいぐるみのことで
チェブは本当にロシアのキャラクターなんです。
R子ちゃんが、このチェブを溺愛していて、どこに行くにもチェブを連れていることから、すっかりR子ちゃんがチェブに見えてきて私も
好きになってしまいました。
私のは東京駅で買いました。

今までの人生で(大げさ?)キティちゃん以外で買うほど好きなキャラクターは無かったのですが、これは特別です♪



チェブ仲間

☆鍵コメA子ちゃん

こちらこそ、いつも本当にありがとうございます!
パン、わくわくするでしょう。好きになってくださって良かったです。
今年の目標は食パンですよね、上半期の目標で良いのでは?
失敗しない作り方を私も日々研究しておきますからね。

チェブの妹さんとの優しいお話、お聞かせいただき嬉しかったです。
次のCEPAGEの時、こっそりバッグに入れて連れてきてください。
ウチのシェブとご対面させましょう。パリにチェブ仲間が他にもいるとは大感激です。この、ちょっと情けない表情がたまらなくイイよね。

嬉しいメッセージいただいて、週末のエネルギーが私のほうこそ
いっぱい膨らみました。イーストみたいだね、いつも優しさに感謝です。




最高でした☆

ピノミホ さん

お祭り会場で昼からワインを試飲(普通飲み!?)して、
夜も素敵なワインに出会えて本当に充実した一日でした☆

お風呂からでたら、すでにピノミホさんとR子ちゃんが寝ていて驚きましたが
寝起きの良さも素晴らしかったです!!

また合宿行こうね

☆M美ちゃん

お先に寝てしまってすみません♪R子ちゃんの壁キック以外は静かに安眠できましたね。
3人部屋っていいなあー。次の「遠足」はどこにしよう?

わずか36時間、1泊2日の旅だったけど、たくさん美味しいワインを飲んでたくさん笑って最高でした。本当にありがとう。
コドモタチ、いえ、妹たち最高です。


プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク