ヴァンセンヌ10キロレース

DSC03150.jpg

2010年2月7日日曜日。

パリの東に広がる美しいヴァンセンヌの森。

市役所前の広場からスタートの10キロレースを走ってきました。

曇り時々小雨の3~5度ぐらいのコンディション。

始まる前にピース

大の仲良し、相棒理子ちゃんと。

今日の「制服」は、小鞠ちゃんからいただいた白いウインドブレーカー。

バリスティック エアライトと呼ばれる超軽量の特殊素材。

軽くて暖かく、透け感もあり。インナーはブルーに決めていました。



DSC03155.jpg

当日ゼッケンを受け取る場所。 1時間ぐらい前に行くとすいています。


DSC03152.jpg

こんなに可愛い女の子がゼッケンとTシャツを渡して「頑張ってね」と言ってくれます。


ゼッケン受取所

この建物の中は暖房が効いて暖かく、ここでまったりおしゃべり&記念撮影。



DSC03147.jpg

エアロビクスの舞台のそばには女性だけのピンクの楽隊が。

DSC03163.jpg

大人のレースの前には子供たちの800mと2キロのレースがあり。

「親は一緒に走らないでくださーい」というアナウンスに思わず笑ってしまいました。

M・Zちゃんのご長女も頑張って完走。


DSC03168.jpg

こんなに寒い日はスタート前からコーヒーと、ヴァン・ショー(ホットワイン)がふるまわれます。

ゴクっと飲んで景気をつけて、いざスタートへ。


DSC03180.jpg

スタートゲートはゼッケンの奇数、偶数で分かれています。
理子ちゃんとはバラバラ。

申告したタイムごとに並びます。本日は3377人が出走。



DSC03183_20100208013715.jpg

5キロ地点のボード。

なぜこんな写真を撮れるかというと・・・

今日は息子が応援に来ていません。昨晩、息子の中学時代の同級生4人が我が家に泊まりに来て宴会、
そのままみんなリビングに雑魚寝で泊まっていきました。

たまには、「子離れマラソン」も良いかも、と私が腕にデジカメを装着して走ったのです。


DSC03181.jpg

給水所のお水。コップにボランティアが必死に入れてくださいますが間に合いません。


DSC03182.jpg

レーズンとプルーン、バナナとパン・デピスがありました。

もちろんレーズンを掴んで口にほおりこみました。


りこちゃん

今日も燃える理子ちゃん。 51分台で見事なゴール、またも自己ベストを更新していました。

彼女レベルになると、周りの男性も大柄ですよね。

この写真は理子ちゃんのご主人Mさん撮影。



走ってます


笑顔でお手振り


「あと半分以上ありま~す、ふううううううう」

のんきな私は写真も撮りまくり1時間6分で完走できました。


まりこちゃんと。

とっても嬉しいサプライズ! ヴァンセンヌの近くに住むお友達が応援に立っていてくれました。

「みほちゃーん、頑張って~」。

ここでなんで日本語が聞こえるの?とびっくりしたら・・・

CEPAGEやパンにも熱心に通ってくださるマリコちゃん。


レース途中とは思えない記念撮影、パチリ♪


DSC03188_20100208013812.jpg

残り1キロ。最後のチカラをふりしぼってちょっとだけ急いでみます。


ゴール後4人で

ゴール直後に、M・Zちゃん、理子ちゃん、ワタクシ、M・Aちゃん。

みんな無事に完走できてバンザイです。


DSC03197_20100208013812.jpg

ほっとして、またもやヴァン・ショーをゴクゴクと飲みほして・・・

DSC03219.jpg

理子ちゃんとオーストラリアン・パブでランチ。


DSC03212_20100208013914.jpg

今日も楽しかったね、おつかれさま。カンパイ!



DSC03215_20100208013914.jpg

ブルスケッタを分けながらいただきます。


DSC03210.jpg

今日のゼッケンとメダル。 理子ちゃん、今日も本当にありがとう。





走るというスポーツは、とてもシンプル。


今日の1時間は息子のことを考えながら走りました。

2~3歳の頃、転んだりして泣くカズタに「痛い時は笑うんだよ~」と教えていました。

「カズタ~、いたいときはぁ?」

「わらう~~~」と言いながら、泣きやんでいた息子。



今、もっともっと泣かせてやれば良かったと思います。

大きくなって、どんどん子供は泣かなくなる。でも、心で泣いているのかもしれない。



母は、泣いたり笑ったり。それでも今日も走っています。


家に帰った時に「おかえり。どうだった?笑って走れた?」と聞かれました。


「うん。」




「来月は応援に行くから。」




初めてのハーフマラソンへの挑戦、気合いを入れて必ず完走を目指します。





理子ちゃんの元気なブログでも今日のレースの模様はご覧いただけます。

My funny valentine


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うるうる(@.@)

ピノちゃんおはよーv-481

今回も完走おめでとうございますv-314
それにホント、余裕のデジカメ撮影v-399
しかもマリコちゃんとツーショットまでv-363v-363
走っている時でも、ちゃんと心に余裕があるんですねv-424

お家に帰った時のカズタ君の言葉に
私がうるうるv-409きちゃいました。
男の子が一番扱いにくくなる年頃に、こんな言葉を掛けてくれなんて、
とっても素晴らしいですv-433
ピノちゃん、色々あるかもしれないけど、心配しなくて大丈夫ですよv-354

あっv-404
大事な事を忘れる所でしたv-12
ウインドブレーカー、ペアで着用してくださって、嬉しいですv-411
それにもうるうるv-408です。

いい言葉ですね。

ピノちゃん、今回も無事に完走お疲れさまでした。
走る前にホットワインとは! フランス恐るべし(笑) 今回は、写真撮りまくりの偶然に友達に出会えたりと、楽しそうな10キロでしたね。 でもランニングってそれでいいと思います。 楽しい事が第一です。

「痛い時は笑う」。そうですね、痛い時や辛い時は敢えて笑う。 いい言葉ですね。 子育てのいい教訓になります。

お疲れさま

ピノちゃん

唐揚げ、お寿司宴会
ピノちゃんの愛が沁み渡ったんじゃないのかしら?

ピノちゃんの唐揚げ美味しかったな~

ホントいつもながらピノちゃんの行動力は凄いね
今回のRUNもお疲れさまでした

お疲れさまでした☆

ピノちゃん、レースお疲れさんでした。

どの写真も笑顔だけど特に走ってるのは素敵な笑顔!
今日、ワタシ必死な顔でヒィヒィいいながら走ってた。
次回からはワタシもスマイルラン出来るように心がけよう、だって素敵だもん。

気にかけてくれる息子っちもかわいい。
来月のハーフもがんばってね。

早速。。。

ミホさん、メールありがとうございましたv-5
早速コメント書かせてもらいました。

マラソンってシンプルなスポーツだけど、奥が深いなーと思います。
自分自身と戦うって感じ。
レース記事をみるたびに、ミホさんみたく楽しんで走ってみたいなと思います。
(私は歩くのは好きだけど、走るのは苦手なのです・・・v-39
ホットワイン飲んで走ると酔いが回りそう!そんなことない?

ステキな息子さんですね。息子さんにとって大事なお母さんというのが伝わってきますv-22

暖かかったです

☆小鞠ちゃん

いただいたウインドブレーカー、あの薄さであの保温力!
着心地も抜群でびっくりしました。とても小さくなるし、最高です。
下に何色を着るかでイメージも変わるし、お気に入りです、本当にありがとうございました。

10キロ完走については、最近は「とにかくなんとかなる」という状況なので怖さは少なくなりました。
今まで何かを持って走るって機会が無かったのでデジカメはどうなの?と思いつつ、リストバンド状のモノに入れてそれを上から
握りしめるようにして走りました。こんなに機械モノに振動を与えてはイケないのでしょうけど、途中楽しい写真が撮れて気分転換にもなるし、次の看板まで行こうと思えるからイイです。

マリコちゃんには「みほちゃん、早くいきな~」ってあおってもらいました。それでも何回も振り向いちゃって♪

カズタがワタシに言葉をかけたのは、友達と一晩遊んでごきげんだったからでしょう。いつもはそっけないです。
朝&昼ごはんも友達の分も用意して出たのですが、帰ってきたらテーブルの上には何も残っていませんでした。青少年はよく食べますね。

ホットワイン

☆よしこさま

レースの後にホットワインはよくあるのですが、今回は走る前から
良い匂いに誘われてつい、いただいてしまいました。
シナモンとお砂糖がたくさん入っていて、濃厚でおしるこみたい。
飲んだ直後は大丈夫でも2キロぐらい走った時に、ぽわ~っと酔いがまわってきました。
走り終わって、おお、まだあるある、って急いでいただきに行き、
スタート前よりもたくさん飲みました。

子育ては最初の5年間は喜びで、次の5年間は葛藤で、その次の5年間は苦悩。それでも合間に感動やほのぼのが挟まるから、また頭をなでてやれるんですね。

揚げモノ

☆chanelちゃん

唐揚げね、一番の好物かもね。梅たたきソースをかけたり、ゴマだれをかけたり、いろんなお味の唐揚げも美味しいと思うけどカズタはにんにくとショウガが効いた極普通の味が一番いいと言うわ。

鶏もも肉10枚分を揚げても、3分ぐらいで子供たちの胃袋に収まったときにはびっくりしました。

今回も走るというより楽しみ中心の撮影ラン、かなり満足。
次のハーフもデジカメ必須かな♪

スマイルランラン!

☆toutouちゃん

笑いつつも、本当はかなり苦しいの。だってまた2週間前から1mどころか50cmも走らず当日を迎えちゃって。

理子ちゃんが「今度こそ、みほちゃんの家まで迎えに行くから練習に出よう」って何回も言っていた。そうなったら走るしかないわね。

来月はtoutouちゃんはフルマラソンだよね。また爽やかな走りで
西海岸の日本人美女ガー代表として頑張ってね。
私も必ず完走するわ。またヴァンセンヌがゴールだっていうから、昨日、無事にここからメトロに乗れますようにって帰りに願かけた。

ようこそ!

☆もりっきーさん

メールもコメントもありがとうございます。
これからどうぞよろしくお願いします。

私は実は、歩くのも長く走るのもどっちも大の苦手なんです。
近場でも車やバスやタクシーっていう生活だったのに、おととしから
こうやってレースに出ることになって「人間って根性だけでとりあえず10キロはイケるのだ」と自分の体に確認しながら頑張ってます。

歩いてみて、走ってみて見えてくるモノがあるということも知りました。

全身の細胞が振動して、イイ位置に収まり直すような心地よさも。

ホットワイン、はい、効きますね。おかわりしてたら危ないところでした~。


臨場感、感じられますわー!

ピノちゃん、長い間ご無沙汰ばかりいたしておりましたv-435
久しぶりにコメント出来る言葉を

v-339おめでとうございますーーーーー!v-339

と、書けることがとても嬉しいv-360です。
今回も本当にお疲れ様でした。

自分で写真を撮りつつ、というだけあって
ランナー目線の風景もわかって面白いです!
しかも、のんきで・・・とおっしゃる割りには
ちゃんと1時間6分でのゴールv-65は立派v-424ですーー!
小鞠ちゃんのウィンドブレーカー、デザインも機能性もバッチリ!ですね。

1つ1つゴールしたメダルと感動が増えていくピノちゃんの走り、
次回も頑張って下さいね。

こちらこそご無沙汰です

☆かづちゃん

ピンクの文字のおめでとうのお言葉、ありがとうございました。
今回も無事に完走できて、ほっとしました。

恐れが無くなってきているとは言え、走りだしてみると10キロは想像以上に遠く、まだ3キロ、まだ6キロって最初がとにかく長く感じます。

1ヶ月後は長い旅(2時間半目標)なので、また沿道の空気もいっぱい吸い込んでキョロキョロしながら走れたらいいなと思っています。

かづちゃんもとてもお忙しい毎日、寒さが早く緩むまで元気で頑張ってくださいね。



おつかれさま~\(^o^)/

またもや、お元気に完走なさったのですね!
お疲れさまでした。

・・・・走る前と走った後、どちらもホット・ワインですか!
ピノちゃんらしい!!!(^-^)

私なら、そのままあったか~いカップを抱えて、そこで
座り込んで宴会始まっちゃうなあ・・・・、と思ったわ。

以前、エチオピアのマラソンランナー達を教えていた
ことがありました。まさに走ることは“哲学的な行為”
だと、その頃の彼等の話から感じたのですが、まさに
その通りだったのですね。

もっと・・・させてやればよかった・って、私も色々思います。
・・・でも、前に行こうよ!

哲学

☆mother-of-pearlさん

ここのホットワイン、美味しかったです!
夏のレースでいただくサングリアも良いのですが、やはり冬のコレに尽きると思います。
走る前は、もう1杯~の気持ちを抑えるのに苦労しました。

走りながらモノを想うこと。私、レースの時に音楽ナシで今のところ走っているので、モノを思いつつ沿道の声を聞きつつ、10キロの間に過去や現在や未来を全てつなぎ直す作業を黙々と行います。

おっしゃるとおり、「哲学」ですね。
3000人を超える大群が、ひたすらゴールを目指している。
逆行する人は居ない。
川の流れのようにも見え、たどり着けばみんな安堵感包まれる。

育て方について、後悔だけして先に進まないでいるよりも、はい、前に進みます。一緒に声を出して一歩ずつ。

No title

ホットワインですか~~。 温まっているぶん多少アルコールはとんでいるのでしょうが、
ワタシなら走るのをやめて飲み続けちゃいそうです^^;
カメラを持っての楽しい走りだったのですね。写真って撮ることで新しい発見や今まで見過ごしていた事なんかが見えたりして、もう一つの目となることがありますよね^^
お皿に散っているドライフルーツが時間の経過を感じられますネ。
「痛い時は笑う」のね。物理的な痛さの時も、心が辛い時も笑って明日を迎えたい。

まだまだ、だいじょうぶ

ミホさん、理子さん  今回も無事に完走 おめでとうございますv-308
メダルのデザインが格調高くてかっこいいですね。

カズタくん、まだ若いんだから、今からだって泣かせてあげることも十分出来ますよ。だいじょうぶ、だいじょうぶ。
自分の気持ちを表現するのは難しいし、折り合いの付け方を見つけるのもなかなか大変です。私なんか、この歳でも難しく感じて「まだまだ修行中」なんて思っているくらいですから、カズタくんやうちの子供たちなんか、もっと大変だし、良かれと思ったアドバイスはスルーされたり拒否されたり・・・

「来月は応援に行くから。」   こんな言葉が素直にでてくるのなら、心配ないですよ。

きっと子供って、私たちを「一人前の親」に育ててくれているんじゃないかしら。
そのために次から次へと「無理難題」を吹っかけて、「この試練は乗り越えられる?」って試されているのかもしれません。
若造なんかに負けてたまるか! e-363 お互いに頑張りましょうね~

カメラ

☆diadianちゃん

ホットワインにみんなの反響が大きいわー。やっぱりみんなお好きなのね。さすがに今回は給水所には置いてなかったけど、ボルドーマラソンやアルザスマラソンにはワインももちろんあるのよ。
それは立ち止まってじっくり飲んでしまうでしょう。

カメラね、去年10月に買ったコレが薄くて軽くてこれなら持って走れるって思ったの。ほとんどが森の中だったから建造物の写真は無いけど、次のレースはパリの市庁舎前を折り返すからベストショットが撮れるかも!心の余裕がそこまであればね。

「痛い時は」の話は、子供っていつまでもびーびー泣くから、泣きやませるために思いついた言葉だったの。自分たちに置き換えると
「笑えないときもある」よね。でも、笑うしかないときもある。

今日は日本は暖かいらしいね。みんなから横浜19度!ってメールがたくさん来てたよ。パリは寒いけど頑張りますー。

若造

☆おかみさま

いつも生きること全般の応援、ありがとうございます。

メダル、トラ年にちなんだ感じしますよね。もちろん関係ないと思いますけど♪かなり大きめでずっしり。ゴールのあとで、靴のチップを外してもらったあとでメダルをいただくのですが、毎度じわ~っときます。

帰りの地下鉄で理子ちゃんが「家がひしゃぐほど、メダルを大量に集める勢いでレースに出まくるかっ!」とまで言ってました。

今日もまだ外は真っ暗ですが陽がのぼれば元気な一日が始まりますね。日本を8時間追いかけて、まだまだ息切れしないで行きますね。まずは「若造」をたたきおこしてきます。

No title

お~、すごく走ってますね~、、
私も最近は息子の自転車の伴走で公園を走っていますが、なんだか膝がまた痛み出しました、、、
だましだまし走っていこうと思っています、、、
走ったあとってちょっと気持ちいいですからね、、、

おだいじにー!

☆あー!すたろっと・・・さん

少年の伴走、いいですね。カフェのビールもいいし♪

走ったあとのアルコールってかなりききますよね。
ホットワインの後にシャンパン、そしてパナシェも飲んで帰りのメトロではぼーっとしてました。

膝が痛い時は無理をしないほうがいいらしいですよ。
2週間前に3カ月ぶりのレースの直後は、全身ガクガクで膝の横も痛いわぁ~とお風呂で揉んでました。

5キロ30分ぐらいが一番気持ちよく走れる距離なのかなあと思いつつ、今回も実はオトナも5キロカテゴリーがあったらしいのです。
知ってたら5キロにしてたよーって叫んだら、相棒理子ちゃん(=申し込みは全部彼女がやってくれる)がニマっと笑ってました。

日本の湘南、横浜、川崎などの月例マラソンは5キロもあるようなので膝が治ったら一緒に挑んでみましょうか。打ち上げを楽しみに。

コメントありがとうございました。誰かと思いました♪


No title

パリマラソン完走おめでとうございます。来月のハーフ、頑張ってください。
何か、マジで寒そうですね。ホットワイン飲んだ後に走ったんすか?結構、きつくなるんじゃないですか?あと、あの給水無理ありますね。あれじゃー、絶対に間に合いません。レーズンいいいですねー。たぶん、力が少し復活すると思います。メダルも豪華だし、走ってみたくなります。あと、フランスでもマラソン盛り上がっているんですね。

そちらもおめでとうございます

☆てきとー日記主人さま

同じ日に神奈川マラソン、おみごとでしたね。あの天気、冬とは思えないですね。しかし苦手の10キロと言いつつ、43分台って素晴らしいですね。沿道で応援してみたいです。そのダッシュを見てみたい。

ホットワイン、コップ1杯だしアルコールは飛んでいるだろうと思ってたくさん飲みましたが2キロ地点ぐらいで、ぼわーっと回ってきました。

給水所、小さいレースはいつもこんな感じなんですよ。大きいレースだとミニペットボトルのふたを緩めてひとりひとりに配ってくれますけどね。私はこの時、写真撮るのに必死で水は飲み忘れました。

レーズンはわしづかみにして口に入れたので咀嚼するのに500mぐらいかかりました。

てきとーさん一行もぜひフランスでも走ってください。目立つ格好でお願いしますー♪

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク