優しさの塩梅

DSC03304.jpg

パリ7区の商店街から、エッフェル塔が青いビームを発するのが見えます。

「一緒にみんなでごはんを食べましょう」


先月も癒しのテーブルをセットしてくださったS子ちゃん、
土曜日は息子も一緒にとお誘いいただき、おじゃましてきました。




DSC03313_20100214235657.jpg

お仕事の都合でご主人だけが先の帰国となり、S子ちゃんと5歳のT君は3月いっぱいパリに滞在。

T子ちゃんも、ご主人が遠い外地へ出張ということでS子ちゃんちへ合宿中。



上体そらし

Tくんが歓迎の「上体そらし」をご披露してくれました。


DSC03323_20100214235656.jpg


まずは恒例のカンパイ!



DSC03337_20100214235749.jpg

お土産にお持ちした2003年のアリゴテ・ブーズロン。

酸はまだまだ強さが残り、黄金色の色調と味が複雑に変化していることで熟成を感じ取れます。



DSC03326_20100215002814.jpg


小さな可愛い手がまた、そーっと寄ってきて 「カンパイ」。



DSC03312.jpg

雲のように揚げた春雨。

鶏そぼろとたくあんと納豆を混ぜたものを、春雨と一緒にレタスに包んでいただきます。


ネバネバ感がたまらなくスタミナ満点で、手が止まらなくなります。



DSC03330_20100214235749.jpg

ペーパーナフキンにも愛のスマイルが。



DSC03321.jpg

あさりのワイン蒸しは、カズタがおかわりをお願いしていました。



DSC03331_20100214235749.jpg

ほうれんそうの胡麻和えはゆで加減抜群。

S子ちゃんは自然食ベースのケータリングのお仕事を日本でしていて、彼女の作るお料理はとても懐かしさを感じます。


DSC03342.jpg

バレンタイン・イブにちなんでお持ちしたクリュ・ボジョレーの「サンタムール」。




DSC03320.jpg

T子ちゃんとS子ちゃんの合作によるコロッケ。


若いS子ちゃんとT子ちゃんが、私たちのためにじゃがいもを茹でてつぶして、丸めて揚げて。
その時間や想いを考えると、胸にこみあげるものがあります。



この後も、大きな塩じゃけや玄米の炊き込みごはんなど、心のこもったお料理は続き・・・



DSC03346.jpg


T子ちゃん作のいちごのババロア。口の中に春が来たかのよう。


Tくんとカズタは「Wii」や「おしゃべりあいうえお」で遊び、母たちのグラスが空く深夜にお開きに。



DSC03354.jpg

S子ちゃんが貸してくださった本。「森のイスキア」の佐藤初女さんの本はとても読みたいと思っていました。



DSC03357.jpg

「ボンマルシェで見つけたんですよ、これでクッキーを焼くとキティちゃんの柄が付きますよ」


DSC03361.jpg


広島のもみじまんじゅうの箸置きもいただきました。本物を小さくした感じ。そっくりで驚きです。

他にも、お塩やお餅、お茶漬けの素など、袋にいっぱい詰めて持たせてくださって。







「手」から「胃袋」へ伝わる励ましの気持ち。





ごちそうさまの長い長い余韻、バレンタインのハートのように暖かく、いつまでも。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アリゴテ

ミホさん、こんにちは。
一週間が始まりました。こちらは今週はずいぶん寒くなるようです。

「アリゴテ」と聞き、なんかうちのお気に入りワインの中にあったぞ・・・と思いごそごそe-28ありました。
「AMIOT SERVELLE BOURGOGNE ALIGOTE 2005」
ワイン会で出てきて、すっきり感が自分好みでお買い上げ~したワインでした。
和食や揚げ物にぴったりな感じがして和食で楽しんだ気がします。
2003年のアリゴテ・ブーズロン、飲んでみたい!
黄金色の白ワイン=うまいという勝手な思いこみがあり、テンションが上がっちゃうんですe-456

ほうれん草とか普通にフランスにあるんですね。
日本のものとは品種や味が違ったりしますか?
あさりが赤貝にそっくりでびっくりしましたe-282
とりそぼろ+納豆+たくあん、おいしそう!今度やってみます。


さすが!

☆もりっきーさま

アミオ・セルヴェルと和食ですか、それはそれは♪
ブルゴーニュでもとても実直な作り手さんで、私も大好きですよ。
人気があるのでなかなか入手できないです。
ワイン会でそれを購入とは、もりっきーさん、センスが良いですね!

辛口白ワインで黄金色というとシャルドネの南の産地のモノとか、
ボリュームがあって旨味の深いワインが多いですね。

ほうれんそうは、フランスで一般的に売られているものは葉が厚くて大きくて、一枚ずつバラバラになっていてアクが強いです。この日のほうれんそうは、おそらく中華系のやおやさんで購入することのできるもので、日本のに近いタイプ。

あさりも日本のものと少し違いますね。魚貝類はなんといっても海に囲まれた日本が一番。
特に、もりっきーさんの米子は日本の中でも無敵地帯でしょう♪

そぼろ納豆たくあん巻き巻き、最高でした。ビールにも合いそうです。ぜひお試しを。


もしかして・・

ミホさん、こんにちは♪
北フランスは今日も雪です。また積もってきています。

暖かそうなホームパーティですね!
年頃の息子さんがこうして一緒に参加してくれるなんて、素敵です~。

「サンタ・ムール」可愛いラベルですね。飲んでみたいです。
スーパーでも売っているのでしょうか??

前記事の画像を見て「びびっ!」
もしかして息子さん、6日の土曜日にHIROMIさんのサロンへ行かれませんでしたか?
私たちと入れ替わりになった若い男の子が「Sです」と言ってました。
「まさかね・・」と思っていましたが画像を見たらとっても似ている気がして。

もしもそうだとしたら、すごい偶然!!
「うるさい子連れ客がいてさ~~」なんて話になっていたりして・・( ̄∀ ̄;)ハハ


羨ましいです(@.@)

ピノちゃんこんばんはv-483

またまた素敵なホームパーティv-352
私の近くにはホームパーティを開いてくれそう友人知人がいないなぁ。。。v-390
自分で開く余裕は今の所あまりないですしv-393
と、人をあてにしてはいけませんね、自分て開いてこそのパーティですよねv-411
そんな事ができる心のゆとりが、いつできます事やらv-399

こんばんはー

ピノさんの周りには本当にステキな仲間が
たくさんいますね~♪
そして皆さん、お料理が上手でお酒も強い!

ほうれん草のゆで具合、すっごく苦手ですー。
どちらかというとほうれん草も苦手だったので・・・。
(うちのおばあちゃん、土が付いたまま茹でるので
食べるとき、じゃりじゃりして・・・)
今は、好きですよ♪
コロッケって時間、かかりますよね~。愛情、こもってたんですね!
美味しいだろうなぁ♪
キティちゃんの柄が写るなんて面白いものがあるんですね~。
それが、ボンマルシェにあるなんて!(笑)

びっくり

☆noriさん

こんばんは、毎日寒いですね。パリよりもっと寒いところで頑張ってますねー。

サンタムールの中でもこのラベルのものはFRANPRIXっていうスーパーに置いてあります。ピンクでキュートですよね。
他にもいろいろな可愛い感じのラベルのモノも多いのでぜひお気に入りを見つけてください。

土曜日、確か15時の予約でヘアサロンに行ったのは、そう、うちの「悪たれ息子」です。すごーい長くなってどよ~んと前髪が目にかかりそうだったので、「坊主にしてきなっ」と送りだしましたが。

一緒に私が付いていくことはアリエナイですが、その日だけでも
一緒に行けばnoriさん一家にお会いできたのに、残念です。

パーティー。

☆小鞠ちゃん

およばれ続きで、嬉しい週末でした。

ピンポーンとドアのベルを鳴らしたら、中から
「みほさんですか~?みほさん~」ってTくんの声が聞こえて、もう
そこからわくわく始まってました。

小鞠ちゃんもいつかのブログの記事で、完璧な鍋の進行をなさってましたよね。「おうちごはん」の楽しみは、気を遣わないで盛大におしゃべりができるということだと思います。

「手」をかけて作ってもらうって、親からしてもらっていた時代を過ぎるとなかなかないことなのです。

食べさせてもらえるってありがたいですね。

たまらないですね。

お友達の息子さんの「上体そらし」さすが子供さんは体が柔らかいですね。 私がやったら完全に足がつりますね(笑)

揚げた春雨を、そぼろとたくあん、納豆と一緒にレタスで巻く。 これはおいしそうですねー。 アイデアですねー。

キティちゃんのグッズもキティラーのピノちゃんにはたまらない品ですね。

たまらない喜び♪

☆よしこさん

運動神経のいいよしこさんでも「上体そらし」は無理ですか?
運動テストって今、思えば反復横とびとか、垂直飛びとか、背筋力とかいろいろありましたよね。
私は一番得意がダントツ「握力」で、苦手は「立位体前屈」でした。

そぼろたくあん納豆、これはすごーく美味しいけど、手間もすごーくかかっている料理です。まずそぼろの味付けも、たくあんを刻むのも、春雨を揚げるのもすごいことですよね。
パクパク食べて申し訳ないって思いつつ、親子で食べまくってしまいました。

キティちゃんを見て私を思って、そして買っておいてくれたんだ~って思うと、その気持ちがたまらなくグっと来ます。

ほうれんそう

☆Kashちゃん

ほうれんそうはS子ちゃんいわく、茹でるのではなく「くぐらす」のだそうです。歯ごたえが残ったほうれんそうに、しっかり味付けした胡麻和えって最高ですね。ポパイになれそうな気持ちでした。

おばあちゃまのごはん、私もずっとおばあちゃん子だったので、今でも豚の生姜焼きを食べると「おばあちゃ~ん」って叫びたくなるのです。あと、塩ラーメン。サッポロ一番の塩ラーメンにキャベツを山ほど入れて祖母がおやつに作ってくれてました。

この日にいただいたコロッケはまさしく「母の味」でした。

ボンマルシェは探検のしがいがある場所ですね。
次にkashちゃんがパリに来たら一緒に歩きましょうー。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マダム会

☆鍵コメOさま

おでかけ、華やかそうな集まりですねー。
皆様おかわりなかったですか?

プリントアウトまでしていただき、恐縮ですね。
コメントのにぎわいも、とても嬉しい励ましになっています。

今日CEPAGEで昔のアルバムを見て、みんなで懐かしがっておりました。デジカメ時代じゃなくて普通の写真で。

だいぶ、陽が長くなったように感じるパリです。
もう2月も折り返しなんて、早い、早い。

No title

「優しさの塩梅」…って、いい表現ですね。
押し付けがましさがなくて、でもしっかり見守っててもらえて^^

そういえば
「海の仙人」買っちゃいました~!
今夜 ベッドの中で読みますよ♪ 楽しみです。

あんばい。

☆yukapiちゃん

「塩梅」という言葉、昔から好きなのです。
祖母が何かにつけて使っていた言葉で、「かげん」とも「バランス」とも言いかえることの出来ない不思議な響きがありますね。

「海の仙人」、短いからすぐに読み終わると思います。
最後のシーンについて、このブログのコメントでお馴染みの「おかみ」さんにも分析をいただきましたが、yukapiちゃんの意見もぜひ聞かせてください。

日本の本屋さんに行きたくなりました。パリのブックオフにも2ユーロコーナーがあるので、来週でもふらっと行ってきます。
夏の夕暮れの読書も良いけど、冬の夜長もいいですよね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク