嬉しいおよばれ

DSC03035.jpg

パリは先週末、土曜日から3連休でした。

その初日、仲良しのM夫妻から「生ハムを食べるオトナの飲み会」にご招待いただきました。


夕方、お土産のお花を探しにいつもの近くのフラワーショップへ・・・


DSC03036.jpg

M夫妻の奥様、Jちゃんのイメージで小さなピンクの鉢植えのバラを
可愛いバッグに入れてもらいました。

ちょうど、ピンクの霧吹きも見つけたので、一緒にプレゼント。












DSC03038.jpg

メトロに乗って・・・ちょうど、エッフェル塔のそばを通る6番線。

地下ではなく、ここは一部、高架になっている路線です。

夜7時に近いのに、こんなにまだ陽が長い。 パリは夏が最高。


DSC03042.jpg

さあ、到着。


DSC03040.jpg


M夫妻のお宅は、パリ16区のPASSY駅のすぐ近くです。


DSC03043.jpg

1900年代初頭の重厚な建物が並ぶこの地区を歩いて・・・


DSC03044.jpg

カフェもテラス席が大賑わい!



DSC03058.jpg

おじゃましまーす、と共に視線に飛び込んできたのは


どどーん! 生ハム。 前足! 1本丸ごとっ!!!


DSC03047.jpg

バスク地方(スペイン国境付近)の爽やかなワイン、チャコリの作り手が生産する、
シャンパーニュ方式で作られる発泡酒で乾杯!

ご主人Sちゃんは、レアなワインをどんどんお取りよせなさる方です。

今日も期待が、最初からグーンと高まります。

DSC03048.jpg

キティちゃんはパリでも大人気のキャラクター。

HELLO KITTYをフランス語読みすると エロキチになります。


私は30数年来のキティラーを自認しています。

キティちゃんは、カラダは横を向いていても、顔は必ず前を向いています。

そんな「前向き」で、ラブリーなキティちゃんが大好き。


DSC03052.jpg

生ハムをたくさんいただいたあとは、キュウリとラディッシュの浅漬けをいただきます。


今日のお料理は、ご主人Sちゃんが全部、作ってくださいました。

DSC03049.jpg

スペイン風オムレツは、美しく層になったじゃがいもが入っています。

形も一口でつまみやすく、台形、長方形、ひし形など、いろいろな形にカットされていて
とてもおしゃれ。


DSC03051.jpg

エキゾチックな袋に入った豆で丁寧に作られたスープ。

チョリソでだしを取ってあるそうです。


DSC03053.jpg

イスラエルのシャルドネ。

なんとも濃厚な色。香りも強くて、フランスのシャルドネとは全く違いました。
アルコール度数も高くて、ぐいぐい飲んで、すでに、このあたりで酔い始め・・・


DSC03054.jpg

子牛の腎臓です。下処理が完璧なので、美味しさもひときわ。

この前にも、半生のマグロのセビーチェや、チョリソなどなど、たくさんのお料理をいただいたのですが
食べるのに夢中で写真を撮り忘れました。


DSC03055.jpg

イスラエルのピノノワール、イスラエルのカベルネソーヴィニョン。


Sちゃんが出張のときに、空港で買ってきてくださったそうで、今まで経験したことのないお味。

えー?これー?え~?これが~?を連発しながら、スイッチが完全に入ってしまいました。


DSC03057.jpg

お肉の焼き具合といい、太いホワイトアスパラの茹で加減といい、絶妙すぎて、言葉になりません。

Sちゃんは、お料理関係のお仕事ではありませんが、ご幼少期を南米で過ごした方で
コドモのときに食べた記憶を再現しているとおっしゃっていました。


DSC03059.jpg


最後は、記憶も飛んでおりますが、スペインのTOROを。

飲み手は3人で、、、、空けたのは。。。5本?


奥様Jちゃんは、楽しいおしゃべりで座を盛り上げてくださり、もうひとりのゲスト、Iさんと私は
初対面にもかかわらず、話すのも食べるのも飲むのも同じペースで絶好調!



最後は、あの美味しいスープのマメをお土産に分けて持たせていただき、
ほろ酔いを完全に通り越して。。。。。


Sちゃん、Jちゃん、本当にありがとうございました。


珍しいワインを飲ませていただき、ココロが詰まったお料理を食べさせていただき、

私、とても元気になりました。 


ちょっと疲れ気味だった私に、またエネルギーを注入していただいた気持ちです。

友達ってありがたいです・・・・・





DSC03063.jpg

おまけ。

この日の ミホ おでかけファッション。


この前、自由が丘で見つけた、コットンのボレロ。

グレーとパープルの中間のような、あいまいな色。


小物はシルバーで統一して、ボトムは黒のフレアパンツでした。




























































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夏のパリは最高!

6番線からの風景は最高ですね。
セーヌ越しに見えるエッフェル塔も美しい!
そして、な、な、な、なんと生ハムは日本で言う「イベリコ豚」ですね。
日本だったら、足1本安くても7万から10万でっせ!
スペインの生ハムに、スペインのワイン、さすが!!!
羨ましい限りです!!!

6番線

☆準 友愛数様

メトロのドアのガラス越しに思わず撮ったエッフェル塔です。

ええ、ドングリを食べて育ったイベリコ、ちょっとでもスゴイですが
食べ放題って、びっくりでした。
専用のナイフで、そぐように切っていただいたのですが、気前よく
厚切りにしてくださって、思わずうなりました。

グルメ、グルマンの準 友愛数さんなら世界中の食材をご存知ですよね。またパリで夜遊びしたいですねー!







No title

夏休み前最後の連休は 美味しく充電したのね!

お天気がよくて 初夏の気候で こういうときこそ発泡酒で乾杯なんだろうなあ。
食卓に生ハムの塊が登場とはまた迫力だけど 大人の夕べらしい演出で素敵。

イスラエルのワインは見たことがあります。ラベルが印象に残ってるので。

グレーとパープルの中間色はトレンドなのかな? あわせやすい色で 私も大好き。
どこか 硯できちんとすった墨のような色合いだよね~。ボレロといいインナーといいバッグといいピノちゃんお洒落センス、さすがです。

淡墨

☆リコちゃん

そう、硯ですったような墨・・・これ、ワインの外観コメントにもイイわねー、そういう色調ってあるような。

このボレロ買うとき、一瞬迷ったの。でもね、一緒にいた友人が
「次に来たときには無いかもね」とつぶやいた瞬間に「買うわ」と決めていた。
丈が短めなので、着るとノスタルジック。
インナーは、ココのお店が開店1周年ですってことで、そのとき、いただいたの。
きっとリコちゃんも好きそうなお店よ、今度日本に一緒に帰れることがあったら、ぜひ行こうね。









ほろ酔い

ずいぶん飲まれてますね~(笑)。私もぜひご一緒したい☆



Sさんの料理、どれもすばらしいですね!オムレツのカットの仕方、ありそうで中々無いものだと思いました。楽しいし、1口で口に入るので、これまたワインのおつまみとしても秀逸です(笑)。



エロキチというのが、個人的にはヒット(笑)。

コラボをぜひ。

☆せいじさん

エロキチ、ツボでしたか?予想通りでした。ココはせいじさんに絡んでもらいたいところでした。

Sちゃんのお料理のこだわりが、せいじさんと通じるものがたくさんあるし、料理業界人ではないのに、職人気質で探究心旺盛という点でもぜひお二人をお引き合わせしたいと思ってます。




青空と

ピノちゃんこんばんは

青い空とエッフェル塔綺麗ですねー、
そして、なんと言っても電線も電柱もないのがホント素敵☆

ピノちゃん御用達のお花屋さんも素敵だなー(o^o^o)

イスラエルのワイン、飲んだ事有ります、
確かワインの発祥の地でしたよね?違ったかなぁ。。。(*。*);

個人のお宅にあの生ハムの足一本セットできる台があるんですか?!!
お料理もまるでお店のようですよね、
子牛の腎臓のお料理なんて初めて見ました。

ピノちゃんのお出掛けファッションを見せて頂いたら、
ピノちゃんがどんなに素敵な所にお出掛けだったのか想像できますわ(^^)ヾ
黒とシルバーのピノちゃんかっこよかっただろうなぁ。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

素敵なファッション

とっても素敵な時間を過されましたね!!
ちょっとだけ見覚えのあるエッフェル塔の周辺も、ふっと懐かしくなりました。

美味しそうなお料理とワインの写真に、うっとり・・・・・(^-^)

そして、最後のファッションの一枚にノックアウト!!です。
こんなに素敵なお姿の方にお会いする時は、何を着たらいいのやら・・。
(悩んでしまいます・・・既に。)   

電柱、電線

☆小鞠ちゃん

さすが小鞠ちゃん、目のつけどころがスゴイですね。
パリが美しい街である理由は、視界に電線がないところですよね。
全部地中に埋めてあるんですから・・・

イスラエルのワイン、ええ、あのあたりがワイン発祥と言われていますね。ワタシは勉強したことはあっても飲んだのは今回初めてで
衝撃でした。原始のワインはコレだったの?と思える感激でした。

生ハムの台、セットでいただいたそうですが、家にあること自体
まず驚きますよね。毎年、M夫妻は生ハムを友達に振舞って
喜びをシェアしてくださるんだそうです。ありがたや、です!

子牛の腎臓はレストランでも人気メニューですが、個人のお宅で
これを扱える方は稀少です。私はとても出来ない。
このムッシューは朝、出張から戻って、その足で朝市に行って材料を吟味する、そういう方です。





こちらも悩みます。

☆ mother-of-pearlさん

おしゃれな方に、そのように言っていただき、私も夏の日本にはありとあらゆる衣装?を持っていかねば、と悩んでおります。
お買い物にもおつきあいいただければ、嬉しいです。

お料理、プレゼンもスゴイのですが、お味も深くて、涙が出そうになりながらいただきました。
丁寧な仕事ってこういうことなのだ、としみじみ感じた時間でした。





こんばんはー。

「生ハムを食べるオトナの飲み会」!なんてステキなネーミング♪
玄関を開けて、生ハムがドーンと目に入ったら
もう、それに目が釘付けですー!
ホワイトアスパラも美味しそう~♪
旦那サマが作る料理、いいなぁー!
シルバーで統一したピノさん、カッコいいだろうなぁ☆

エロキチに大笑いですー!

オトナですよね。

☆Kashちゃん

生ハム食べ放題って、コドモ&若者の宴会ではありえないですよね。きっぷのいい大人だからこそ、の企画でしょう。
このご夫婦は本当に何事もそうなの。

「エロキチ」、すごい言い方ですよね!
フランス人に絶大な人気を誇りますからねー。

クレヨンしんちゃんも「シンシャン」って呼ばれてますよ。






生ハムすごいですね

1本丸ごと!!
贅沢ですね~~!!

パリのお花屋さん、もうこれだけで十分オシャレですね。
そして、お花のチョイス、さすがです。
ピノさんがバラを持ってるだけで絵になりそうですよね。

あ~、私ももてなす側・・・いや、招待される側になりたいものです。

ひとつひとつのお料理がとっても丁寧で上品ですね。
食べてみたいです~。

インパクト。

☆さっちん。ちゃん

スペインの生ハム、イタリアの生ハム、フランスの生ハムって
パリで様々な生ハムのスライスは食べ比べができるんだけど
今回の、この、前足1本のお姿はびっくりでした。
ひづめの割れ具合で「イベリコ」か「そのほか」かの区別があるんだそうです。

このお花屋さんは、お花以外の雑貨も充実していて、気の利いた小物がたくさんあるのでいつも利用してます。
店員さんたちも、「今日はどんなお友達へのプレゼント?」って聞いてくれて、いろいろ勧めてくれます。

今回も、小バラに、金のラメラメのモール状のものも
おまけで飾ってくれたのです。

さっちん。ちゃんの晩御飯にも、ワタシ、およばれ熱望です!!!
そのときには、あさりシリーズと春巻き、お願いします。




楽しそう!

ぃや~ん、羨ましいっ!
楽しそう&おいしそう!

ちょこっとお洒落してお出かけして 楽しい会食、羨ましいです!!
ボレロもかわいい☆


それにしても
キティちゃん前向き説には笑いました^^
たしかに。彼女はいつも前を向いていますね。
あんまり落ち込んだ顔してるところも見たことないし。。。
すごいなぁ、キティ。


でしょう?

☆bonchike&cheb.ちゃん

キティちゃん説、納得いただきアリガトウ。

あなたのcheb.ちゃん、もっとすごーく大きいと思っていたら、
イスに座ってる写真見て、ああ、ちっちゃいんだーって驚きました。
夜遊びにも当然、一緒に、だよね?



No title

生ハム前足1本どどーん!・・・夢だわぁ。
うちにこれがあったら危険です。3日でぺろりと骨だけにしちゃいそう。

去年のボーヌでミホ軍団(笑)の中にいたこのご夫婦、あの時の印象どおりこんなに素敵な方だったなんて。
そしてセパージュでJさんと再会した直後にこの記事がアップされるなんて。
ミホさんを軸にした人の繋がりとか縁を感じます。

いつものシンプルセパージュ服もお似合いだけど、およばれファッションも素敵です♪
このバッグ・・・私も狙ってます。かわいいですよねー!

美女連

☆あっこちゃん

生ハムお好きなのね、私も大好物なの。
そういえば、この前の「美女ともだち=大好物」説も爆笑でしたね。

Jちゃん、今度きちんとご紹介しますね。ブルゴーニュの泥酔カーブでご対面したことも強いご縁。

気温がさっぱり上がらない毎日ね、月末のレースの頃、暑くなりすぎないといいけど。。。








楽しそう、おいしそう♪

S&JJ夫妻のパーティ、ホント、楽しそう!!
Sちゃんのお料理上手は噂に聞いていたけど・・・
すばらしいぃぃ~っっi-189
随所にこだわりがあって、
スペイン料理(特にバスク?)に造形が深いことは知っていたけどすごいな~
あぁ~ぁ、私もParisに帰りたーいっっ!!!
華やかなパーティi-281
Pinot姉&JJコンビ、キラキラi-189ですね♪

一緒に突撃ね

☆U-tanちゃん

そうなの、Sちゃんのご馳走の数々、最高よ。
もともと、Uちゃんに紹介していただいたこのご縁、
旧知の間柄のように、すっかり、私、M夫妻になついてしまっています。

次回、こっちへ来たら、一緒におじゃまさせてもらおうねー。
この夏、日本でもみんなで会おうねって計画もあるからね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク