自由の背中

DSC05134.jpg

セーヌにかかるグルネル橋には、自由の女神がアメリカを向いて立っています。

スポーツジムで汗を流した帰り道、ぽかぽか陽気に誘われてぶらりお散歩。





DSC05131.jpg

16区から15区へ戻る時、左手にエッフェル塔が見えます。


DSC05136.jpg

夜、キラキラにライトアップされたエッフェル塔も豪華ですが、昼間、「鉄塔」そのものの姿も愛らしい。


DSC05130.jpg

振り返れば、ラジオ・フランスの円盤型の建物があり、


DSC05135.jpg

エッフェル塔の方向と反対側、セーヌの下流に向かって自由の女神は鎮座しています。


そういえば、背中をじっくり拝見したこと、今までなかったような・・・

ぼーっと背後から10分ほど眺めてみます。


DSC05137.jpg

セーヌ沿いのアンドレ・シトロエン公園からは、気球が浮かんでいます。

怖がりの私はまだこれに乗ったことがありません。

パリ在住日本人には、人気のアトラクション。


DSC05139.jpg

グルネル橋を渡り切った高層ビル群周辺は、今、新たに都市開発中。

工事現場のものものしい状況に、ふと、昔読んだ楳図かずおさんの「漂流教室」を思い出し。



DSC05141.jpg

だいぶ歩いて、モンパルナスの近くの建物に描かれたアートを見上げ。


DSC05142.jpg

箱の中でピカピカ光るイチゴたちも春を喜んでいるようです。



DSC05145_20100421195552.jpg

エドガー・キネの朝市で、グレーのストールを買いました。

この春、日本でCEPAGEの生徒さんmihokoさんにいただいた世界でひとつの手作りペンダントに合わせて。




DSC05146.jpg


出番を待つサンダルとベルト。どちらも、地元の横浜・上大岡で購入。

春~夏は、これで歩きます。ヒールは4cm。







自由の向こう岸にあるものを、ずっと考えながら歩いてきました。


自由⇔束縛、専制、統制、責任・・・・・


いいえ、自由の背中もやはり自由。




1993年4月21日にフランス生活を始めた私は

今日が満17回目の 「パリ記念日」。



背中に見えない翼をつけて、ふわふわ、ふわふわ、笑いながら、これからも。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一緒にお散歩

ピノちゃんこんばんはv-483

ピノちゃんと一緒v-441にパリv-498をお散歩させて頂きましたv-411
いつか本当に一緒にお散歩したいですv-391

>怖がりの私はまだこれに乗ったことがありません。
あらっv-361ちょっと意外な感じです、
私はもちろん苦手で、旅先で機会があったのに
気球v-21(これは電球)には乗りませんでしたがv-399

素敵なペンダントv-352にスカーフ、サンダル、ベルト、
これをフル装備したピノちゃんとパリでなくてもどこかでお散歩したいですv-398

素敵な記念日ですね!

はじめまして。通りすがりにブログを拝見させて頂きました。

17回目のパリ在住記念日おめでとうございます!海外の方をお祝いするのはお二人目ですが、実に素敵な記事に目を閉じればパリにいるような気になりました。異国というのは、本当にイイですね。ちなみに私はカナダのバンクーバーが大好きです。それはさておきまして、これからもずっと自由に素敵なパリ生活をお過ごしください!

私のブログ「今日も誰かのYOUR記念日」で、記念日をご紹介させて頂きました。ブログマナーとして、コメントさせて頂きます。
次の記念日の時や、お知り合いの記念日などをご存知でしたら、どうぞ私のブログにコメントください!
私でよろしければ、心よりお祝いさせていただきます!

祝パリ17周年!

漂流教室、うわ~~~~~~!!!
ホントにそういう感じ。。あのマンガは本当に恐かった!今でも鮮明に覚えています。。夢に出た事もあります。。あの表情。。シワのよった表情が、あまりにリアルで、、恐かった、、、思い出します。。

自由の女神の正面もじっくり眺めた事も無かったけど・・^^; 背中がなんとも勇ましく見えますね。
何者にも立ち向かって行く強さを感じます。
「自由」にはいつも責任が付きまといます。責任の無い自由はあり得ませんものね。。

素敵なストール&ネックレス!シルバーグレーに映えてる!
パリの春の装いはもうすぐですか?
日本の今日は、また真冬の冷たい雨です。昨日は25度まで上がったのに、、、

No title

うちの近所の写真が沢山で、嬉しいです。随分歩かれたのですね。みほさんの記事はきれいで楽しい写真が一杯で、毎朝クリックするの、ワクワクです。
自由って、多分日本に居た頃にはあまり感じることができなかった言葉だったような。なぜでしょ・・。
パリの大きな青い空を見ていると、ウワーッって、自由ね、って思えたりします。
清々しい気持ちにしていただきました。有難うございます。

気球

☆小鞠ちゃん

小鞠ちゃんと上った横浜ランドマークの展望台からの眺め、あれは
閉鎖された窓からなので、大丈夫でした。
飛行機も同じことです。私は、空気が通る高いところ、が怖くて。

この気球の公園のすぐそばに、昔、仲良しが住んでいました。
家族で何回か乗って、気球の係の人と顔見知りになった、と聞かされてから、いつか乗ってみようかなと思い続け、まだ乗っていないのです。

パリの眺めは、エッフェル塔からも凱旋門からも、そしてノートルダム寺院からも、うちの屋上のデッキからも楽しめます、ぜひどうぞ。

はじめまして。

☆村上様

ブログ拝見しました。記念日を祝うブログ、個性的で素晴らしいです。

身内、友達、知人だけではなく、世界のどこかの誰かの嬉しい日に共感してお祝いなさっておられるんですね。

おかげさまで、18年目もいいお天気の中、穏やかな気持ちで歩きだしています。
海外生活は、決してラクではないのですが、これは誰に強制されたことでもなく、自分の意思でこの国に住ませてもらっているという想いがあります。

祝っていただき、とても励みになりました。見つけてくださって、ありがとうございました。

懐かしい漫画

☆グラナーダさん

「漂流教室」、共鳴いただき、ありがとうございます。
オトナになってから、もう一度読みたくて、なんとパリであの本を持っている方がいてお借りして読みました。描写も怖いけど結末も泣けますよね。三輪車を見ると思いだします。

この自由の女神、数年前に「日本におけるフランス年」の時に、お台場に出張しました。
その時は、この場所に「友好のために日本へお出かけ中」という意味の看板が残されていて、クスっと笑えました。

責任を果たし、通念を尊び、その上での心の自由を個人個人の中に持てば楽しくなるのでしょうね。自由の女神の後ろ姿を見て、セーヌ川が流れだす大海を思い、海はどこまでも繋がっていることを再認識しました。

パリもすっかり春到来です。薄着の季節が近くなり、あせります♪

おめでと

パリが似合う
パリが好きなんだよね

ってピノちゃんに対してはそう思うんだよね

17年って。。。う~ん スゴイね
スゴイよ

だって楽しいこともつらいことも異国の地だとヒトシオだもんね

私も
パリに住んで初めて撮った写真が、まさに女神とその反対側に見えるエッフェルだった
my first shotとか名付けてあるよ
その写真

ラジオフランスもなつかいしい
15区のあのガラス張のマンションもあのあたりの象徴だよね

ウチの近所の懐かしい画を見せてくれてありがとう☆

パリと日本遠いけど
近いよ

たぶん。。。きっと

だから、そこでも、どこでも素敵なピノちゃんで
いつもにこにこ走り回る涙もろくて永遠のチャレンジャーでいて下さい

ねっ♪

bisoubisou

もう一回

ピノちゃんこんばんはv-483

大切な事を忘れてましたv-399v-356

>1993年4月21日にフランス生活を始めた私は
 今日が満17回目の 「パリ記念日」。

17回目のパリ記念日v-498
おめでとうございますv-314

17年前、私は何をしていたかなぁ。。。v-390

17回のパリ記念日v-498があって、
今のとっても素敵v-352なピノちゃんがあるんですよねv-398

ピノちゃんにパリv-498を案内して頂ける日を楽しみに
せっせと働きまーすv-91


自由の女神

フランスの自由の女神は、アメリカのとは雰囲気が違うような感じがしますね。 後ろ姿って実に力強いですね! 右足の上げ具合がなんともいえませんね。


この気球はアトラクションなんですか!? これに乗る人がいるんですか!? おそろしい~

たくさんのBISOUをありがとう。

☆chanelちゃん

ミラボーやグルネル橋界隈を歩くといつもchanelちゃんの残像を感じています。

17年前に住み始めた頃の漠然とした不安と現在の目をつぶって走り抜けたい状況とは全く種類が違うけど、時間が解決することは必ずあるのだとわかってきました。

セーヌのゆったりとした流れを見ていると、ジタバタばかりしている自分がとても小さく思える。

昔と変わらない気持ちの1つは、パリが世界一好きな場所だということ。

ワインも、人も、すべてがいつも刺激的。

17年前。

☆小鞠ちゃん

ありがとうございます。

17年前、友達がウルウルと見送ってくれる中で私はサバサバと飛行機に乗り込んでスーツケース1つでパリに来たのです。

怖いもの知らずだったと思います。

振り返れば長い年月だけど、どこを切り取っても消したい部分がなくて、どの期間も意味深い出会い満載の17年。

小鞠ちゃんのおつとめ歴も、机の周りの見事な観葉植物が生い茂るように、誰にも真似できない集中力と根気のなせる力ですね。


パリの橋

ピノミホちゃま
パリ記念日おめでとう!
そしてすご~く懐かしい街並をありがとう!
「自由の背中」を見ながらあの橋を何度歩いたことでしょう
昨日観た映画(のだめカンタービレ最終楽章後編)で千秋がひとつ隣りの Pont de Bir Hakeimを走っていました
思わず「あ~っ!」って・・・
ミホちゃまのエッフエル塔の写真にも写っていますね
パリの橋はそれぞれ違っていてやっぱり綺麗で大好きです
いつも人と人を繋いでくれるミホちゃまもなんか橋みたい・・・そう思います




ご近所。

☆LazyElephantさん

このあたり、ご近所ですよね。どこかですれ違っていないでしょうか。
ジャージで歩く日本人がいたら、きっと私です。

素敵な指輪の記事を読ませていただいて、「手」や「指」にこもる想いをあらためて考えてました。

フランスに住み始めた頃、学校や公共施設などの建物にたくさん刻んで表示してある「自由・平等・博愛」の文字と三色旗に惚れこんでいましたが、意識を持たせるという意味でも重要ですね。

喜怒哀楽の激しい人間臭いパリジャン、パリジェンヌにもまれてバスに乗ったりしていると、生きていることが面白く思えてなりません。

今日も自由をたくさん感じる青空。
LazyElephantさんと同じ空を見て、頑張ります。

向かい合い。

☆よしこさま

パリのリュクサンブール公園の、こじんまりした自由の女神が原型で、そこからNYの巨大な女神を送り、お返しにアメリカからいただいたのがこの女神さま。

双方、海を越えて向かい合う位置に立っていることがイイですよね。

アメリカの自由とフランスの自由。日本の自由ともどちらも違う。

後姿には、その人のあり方が出ますね。顔は化粧でごまかせても
背中は取り繕うことができない。

この気球、実際に見るともっと怖いです。
今はどうなのか知りませんが、開設当時見たのは、日本の安全基準とはまったく違う「自己責任的」な設備。
眺めは最高にいいと思いますが、怖さも最大級のはず。











架け橋。

☆ROOちゃん

いつも嬉しくなるコメントをありがとう。今日のセパージュが始まる前に読んだので、今月の最終回、ひときわノリノリ講習できました。

パリの橋ね、夏日にバトームーシュに乗って眺めると、橋の上を歩くのとまた違った感覚。
次にROOちゃんがパリに来た時には、一緒に橋観光しましょう。

アレクサンドル三世橋ももちろん美しいけど、ポンヌフの渋さもたまらなく良いね。

パリ散歩

ミホさんのパリ散歩,毎回楽しみにしています。

大好き~v-344

こうして改めて写真を見ると,ホントにパリは素敵。

広島の写真もこんな風に写真に撮ってみようかな。

そんな気持ちになりました。

広島の景色

☆ともともちゃん

グルネルのショッピングセンター界隈、あの道路にかかる橋げたも取り払われてパラっと視界が広がっています。
再開発後は、またレポートします。

パリ散歩&アート鑑賞をこの春の余暇の楽しみにしたいので、どんどん出かけて、ともともちゃんに懐かしの景色をお見せしますね。

広島も海あり山あり美食あり、で写真に収める場所もたくさんありそうですね。久しぶりにO氏作の「広島風お好み焼き」の写真が見たいです。見たら食べたくなりますね、きっと♪

こんにちは

帰国早々、父のパソコンを壊してしまったR子です。。。

昨日無事帰国した旦那にPCを借りて、
やっと見れました~!
お元気そうでなによりです^^

わー、うちの近所だ! ご一緒したかったぁぁ><
読んでいたら 帰りたくなってきました・・・!

TOKYOは昨日からやっと日が差していますが
この10日ほど 本当に寒かったです・・・>< 冬です、冬!
帰ってきた直後なんて 雪が降ったんですよ!

次にこのページへ遊びに来られるのは帰仏後になってしまうかもしれませんが・・・
帰ったらまた遊んでくださいね!

家族や友達との再会は楽しくうれしいけれど
考えてしまう事も多い日本です。

自由の女神の背中に広がる自由との再会を楽しみに
帰ります^^

親孝行してきてね

☆R子ちゃん

お江戸を元気に闊歩していることと想像してました。
だいぶ寒そうだね、こっちは夏になったよ。

久しぶりのご両親、弟さんと一緒の時間を大事にね。

こっちへ戻ったらまたあちこち一緒に行こう。
夕暮れも気持ちいい風が吹いているからテラスが楽しいよ。

無事に帰ってきてね、待ってますよ~♪
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク