食の治癒力

DSC05346.jpg

メーデーの祝日5月1日の夜、パリ16区のパッシーへ嬉しいおよばれ。


DSC05347.jpg

駅のそばに立て懸けてあった古びた2台の自転車。

朝ここまで乗ってきて、メトロに乗る前にこの場所にくくりつけたのでしょうか。

どんな素敵なカップルのものなのか。 この街は誰もが映画の主役。


DSC05349.jpg

DELAMOTTEのシャンパーニュでカンパイ!

スペインに留学経験もあり、長い間フランスでご活躍のSちゃんとファッションモデルのJちゃんカップルは
交友範囲が幅広く、頻繁に声をかけてパーティーを開催して下さいます。


DSC05348.jpg

自然なお味のグリーンオリーブが発泡酒にぴったり。



DSC05350.jpg

おもしろい形のプチトマト。その甘さにびっくり。


今日のゲストも個性派ぞろい。

音楽家&芸術家のムッシュー、元クルーで旅行業界のキャリア・マダム、チーズ&パンのプロのマドモアゼル、
そして、「食」をなりわいとする私。

自己紹介も活発に、「どうですか?」「大変ですよ~」と言いながらも全員がたくましい笑顔。


DSC05355.jpg

今日もスペインの味をご披露くださるSちゃんが、運んでくれた一口スープ。

深い深い、植物性食品だけの滋味。

アスパラの皮、キャベツ、そしてじゃがいもから作られた金色のコンソメ。


DSC05356.jpg

一同大歓声の太い太いホワイトアスパラと若いソラマメ。


DSC05362.jpg

ゆで加減も絶妙で、お手製の滑らかなタルタルと粗塩でいただきます。


DSC05364.jpg

パーカーが92点をつけたというスペインの白ワイン。品種はアルバリーニョです。

非常に素直なストレートな酸味、爽やかで快活な1杯。


DSC05365.jpg

ほっくりジャガイモ&カリっとベーコンをつまんで・・・


DSC05363.jpg

こちらもアルバリーニョ種、リアス・バイシャスの白。

Sちゃん&Jちゃんのお気に入りワインで、こちらで何回かいただいたことがあります。

旨味たっぷり、気持ちよく酔えるナチュラルな刺激。 

スペインの白は半そでが似合う、そんな気持ちになりながらグイグイと・・・。


DSC05367.jpg

今度は何のスープですか、甲殻類の香り!もしかして・・・



DSC05368.jpg

ラングスティーヌ、手長海老のポワレ。

もちろん、レアに焼かれて。この時点ですでに夢心地。



DSC05369.jpg

真珠で有名なスペイン・マヨルカ島のワイン。

濃厚で、どこまでも土の香り。しっかりしたタンニンが喉を通りながら、すと~んと体にぶつかってくるよう。



DSC05371.jpg

タラとアサリは塩加減に脱帽。

淡白なタラをここまでしっとりとまとめる焼き方をご伝授いただきたい。


DSC05375.jpg

鴨のローストは春キャベツと一緒に、ソースはグレープフルーツベース。

Sちゃんは、キッチンにこもることもなく、みんなのアニキとして会話を優しくリードしつつ
次々にアツアツのお皿を魔法のように運んでくださいます。
Jちゃんのサポートも見事。



DSC05377.jpg

スペイン北部、ビエルソの赤ワインはメンシア種。

笑う、語る、切り返す、食べる、飲む・・・・・

大人のパーティーは、会話まわしがリズミカル。


DSC05379.jpg

チーズ王国早苗先生の優秀な右腕としてご活躍のAちゃんが用意なさった特別なプラトー。

全部極上の熟成度ですが、中でも美食の王、ブリア・サヴァランには参りました。



DSC05385.jpg

フレッシュな山羊のチーズ、フェイセル。 蜂蜜と一緒に、止まらない、止まらない・・・



DSC05386.jpg

「もう飲めません~」と言いながらも、真夜中までエンドレス。

スペイン最高峰、リオハの1995年まで開けていただきました。







物語は「それから、それから」とページをめくり

小説は「どうして?どうして?」と読み進める、と教わったことがあります。



食べることは、「そうだ、そうだ」と今の幸せを確認する行為。

語ることのない、背中にほろ苦さを抱えていても。。。






異国の地で、縁あって繋がる大切な仲間たち。

この日も、最高の栄養剤をいただきました。


Sちゃん、Jちゃん、本当にありがとう。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ううう目が回る◎。◎

ピノちゃんこんばんはv-483

これ、お家でのパーティv-314なんですよねv-361

ワインもお料理も凄すぎますv-399
もちろんチーズも。。。v-411

読ませて頂いただけで満腹v-432
アルコール満タンv-401

私の5月1日も凄い事v-306v-305v-272になってましたので、
早く追いついてUPしなくっちゃv-396

スペインに惹かれます~

どのお料理もワインも、ため息が出るほど美味しそうです~。

「Sちゃん」アニキという表記を見るまで女性かと思っていました。
女性同士のアベックなのかな、と。
男性が作る料理ってダイナミックというイメージでしたが、いかにも女性ウケしそうなメニューの数々に
いい意味で期待を裏切られました!
特にタラとあさりのクリーム煮(?)、画像に釘付けです。
フランスで買うたらは塩味がきついし崩れやすいんで、どうも苦手です。
やはり”真だら”で調理したほうがよりふっくらするのでしょうか?

スペインはいつか行ってみたい国ベスト1です。
ワインもそれまでに少し勉強しておきたいと思っていましたので、今回の記事、要チェキ!!です。
フランスワインと少し違ってラベルがシンプルだったり、個性的だったりで面白いですね~。

「最高の栄養剤」 満タンになったミホさん、ますますのご活躍期待しています☆

No title

凄そうな会ですね。
わたくしが、出席していたら潰れるかもしれません。
でも、スペイン料理&ワインとても美味そうですね。

絵になりますね。

豪勢なパーティーですね! 華やかさが伝わります。

こんな古い自転車が、街の雰囲気に馴染んで絵になるのもパリならではなんでしょうね。 日本なら数時間後には撤収されてしまうでしょう(笑)

素晴らしすぎる~

お料理もワインもすっごいラインナップですね。
レストランより美味しそうなお料理だわ。感動。
お料理の腕も素晴らしいと思いますがきっとおもてなしの心がすごいのでしょうね。
ワタシもセパージュでおもてなしのこころを沢山学ばせてもらいました。
まず、気持ちですよね。

いちご狩り

☆鍵コメ I代隊長

この日もご一緒させていただき楽しゅうございました。
ご馳走もワインもおしゃべりも豪華でしたね。

私のポエムですか♪そう言っていただきありがとうございます。

また極、近いうちにピクニックにでもご一緒しましょう。
くれぐれも体を壊さずに働いてくださいね。ダイエット効果は羨ましすぎました。

もうすぐ。

☆小鞠ちゃん

大型連休の日本、小鞠ちゃんのブログも間もなく5月ですね。
連日のご馳走もお花も、どちらも満開で楽しそうですね。

おうちでのパーティー、このお二人はもてなし上手なので本当に自然体で、ゲストがまったく気を遣わないように楽しませて下さいます。

スペインワイン、非常に勉強になっています。Sちゃんはスペインのサイトから取り寄せをなさるので。

素敵な紳士です。

☆noriさん

Sちゃんは、私よりもちょっと年上で、おしゃれで知的、バランス感覚の素晴らしいアニキなのです。
SちゃんとJちゃんのカップルは見目麗しいだけでなく、「自分に厳しく、人に優しい」を実践しておられます。食材へのこだわりも調理法も、別のお仕事についておられる方と思えません。

「タラ」のお料理、私もこの時、塩加減に驚いて「塩梅」という話でみんなで盛り上がったのを覚えています。
今度酔う前にじっくりコツを聞いてきます。

スペインワイン、そうですね、ラベルもアートなものが多いです。
お味も情熱的で素直に楽しめます。

まだまだ。

☆てきとー日記主人さま

足の疲れは回復しましたか?

てきとーさんがこの会に混ざったら、後半、さらに粘って飲めたでしょうね。私はマヨルカワインあたりで酔いが最高値でした。

翌日デジカメを見たら、チーズの写真がほぼ同じ構図で10枚ぐらい残っていて、驚き。
そこまで酔わせていただけることも、幸せです。

自転車。

☆よしこさま

レースのあとの立て続け3食にはびっくりさせていただきました。
何しろ、お疲れ様でした。

自転車、実は今日も同じ場所に出かける用事があったのですが
同じ状態で置いてありました。
5mぐらい場所が動いていたので、やはり、毎日なんですね。

こちらは撤収は無いですが、自転車&バイクの盗難多発です。
皆さん、本体以上に立派な鍵をつけているように思えます。

夢のようなレストラン

☆toutouちゃん

そうなの、レストランを超えた空間。
このお二人は前夜遅くに海外出張から帰ってきたとしても、朝市に行って夜はゲストを招くという有難いことをして下さるの。

勧め上手だから、ゲストは遠慮なくワインもいただくし、お料理もヒネリがたくさんあってワクワクする。

パーティーって楽しいね、一緒に飲む、食べるっていいね。
またtoutouちゃんとも飲みたいね、いろいろ思い出すわ♪
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク