小さな親ゴコロ

DSC06472.jpg

巻き寿司レッスン、パンレッスンと続いた今週。

午前中にワインの買い付けを済ませた本日、お昼前にメトロに飛び乗りパリ市庁舎前まで急ぎました。



華やかな建物には、ドゴール将軍の即位70周年記念のポスターが。





DSC06467.jpg

市庁舎の横には、家庭雑貨からファッション、工具までなんでも揃う庶民のデパート「BHV」があります。



DSC06486.jpg

市庁舎脇に伸びるフランソワ・ミロン通りに残る16世紀の木組みの家。



DSC06475.jpg

194~50年代の雑貨を扱う店のウインドウに居たワンコ。



DSC06494.jpg

季節外れのトナカイ?と思ったら、北欧食材を扱うお店でした。



DSC06493.jpg

お天気のお昼時はレストランのテラスが人気です。



DSC06478.jpg


パリで最も有名な老舗スパイス専門店、「イズラエル」。

日本の料理研究家も多数この店を紹介しておられます。



DSC06481.jpg

中に入ると、世界中の香辛料が入り混じったエキゾチックな香りが。


DSC06482.jpg

豆類や穀類も、カラフルな麻袋にどーんと入って置かれてます。



DSC06484.jpg

探し物を見つけてまとめて購入しました。

バスク地方のトウガラシの粉です。



DSC06489.jpg

並びのおもちゃ屋さんでは、パリのモニュメント神経衰弱カードを見つけてお土産に。



DSC06492.jpg

「ニホンゴ」が人気とは言え、このバッグって・・・・・



DSC06500.jpg

建物と建物の間には、こんな細道も広がっています。



DSC06501.jpg

 SAINT-PAUL教会へ。 1580年に建てられました。


DSC06503.jpg

実は長くパリに住んでいるのに、ここも初めて。

名前を知っている、外側だけ見たことがある、前を通過したことがある、そういう建物に今後は積極的に入ってみようと決めました。



DSC06505.jpg


聖女は何を祈っておられるのでしょうか。



DSC06506.jpg


司祭様はコドモに何を諭しておられるのでしょうか。



DSC06510.jpg

小さきものを慈しむ心は、世界共通。



DSC06521.jpg


本日の目的地にたどり着きました。


現地のリセの普通科に通う息子が、今週1週間、学校の課題で職業訓練をさせていただいているお花屋さん。



DSC06516.jpg

何を経験するかは本人次第。 息子の希望は「お花屋さん」か「パン屋さん」。


CEPAGEのお花を長年にわたりお願いしている友人のツテを頼って、このお店をご紹介いただきました。



フランス人のオーナー、スタッフの中には日本人の女性も。



DSC06518.jpg


おととい、昨日は家に帰ってきて仕事の内容をポツポツと私に説明していました。


朝、市場から入荷したお花を仕分けすること、余分な葉を落とすこと、水切りをすること。

小さなブーケを作らせてもらって、それが8ユーロで一般のお客様に売れたこと。




DSC06515.jpg


「淡いトーンの薔薇をね、いろいろ混ぜて、ひとつの花瓶に活けたんだよ。」


これか・・・と思いました。






せめて息子が作ったブーケをひとつ買って帰ろうと思ったら、売り切れでした。

嬉しい驚きです。






今頃は、エクレアをスタッフの皆さんとおやつに食べている時間。


お世話になりながら、楽しみながら、「働く」ことを学んでいるのです。





「ママ、早く帰ってよ」


「言われなくても帰るわよ」






優しいお花の匂いに背中を押されながら、私も仕事に向かいます。


授業参観を見たような、ちょっと嬉しい気持ちで小走りで。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

息子さん、スタージュ中なんですね
お花屋さんとは以外でしたが、
セパージュのお花係りを長年続けてきたのですから、
これが自然な流れなのかもしれませんね
ピノミホさんの親心に涙腺がゆるみました・・・
私も静かに子供を見守るような親になれますように

街角全てが。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

ピノちゃんおはよーございまーすv-481

何処を見てもあまりに素晴らしい風景v-352に朝から羨ましい溜息v-355

絵も描けないくせに、ふとした路地の所、描いてみたくなりましたv-398

職業訓練でお花やさんv-300だなんて、
K君なかなかやりますねv-426

おっとっとっとv-399
もう少し書きたいのですが、今朝は時間が・・・v-29

DNAですね!

こんにちは!

職業訓練という課題があるんですね!日本にもあるのかしら?多分無いですよね。。
すごく良い機会!こういう機会に色んな仕事に触れられるって良い勉強になりますよね~
きっと、みほさんの息子さんですから、感性が似ているんだろうな~と思います(^^)
こういう、普段見られない子どもの姿を見るのってドキドキしますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素敵!

敢えて花屋さんを選んだのですね。なんて素敵な感性をもつ息子さんなのでしょう。嬉しはずかしのママの来訪だったに違いありません。
みほさんの写真、どれも本当にきれいに撮ってらっしゃる。噴水の水しぶきも、ドゴールも、小道も、そしてもちろん、ブーケも。昔習っていたお花の先生が、慈しんで花を触るためか、どの花も生き生きしていたのと同じなのかな、きっとみほさんの愛情がデジカメに移っているからかな、と思いました。

花が好きな青年、これからどんどん輝いていくのでしょうね、ご子息殿。見知らぬおばさんが応援している、とお伝えください。

No title

職業体験重要ですよね。
うちの長男もおこずかいを与えなかったら、勝手にアルバイトを始めました。
もう一年以上やってます。
習うより慣れろですよね。
息子さん頑張ってますね。自信もついてるんじゃないですか。

こんばんはー♪

ドゴール将軍の即位70周年の話、日本の新聞でちらりと
読みました。
本当に大きなポスターが飾ってあるんですね!
パリは少し歩くだけでも、いろんなものがあって楽しいですね♪
見せてもらってるだけでも、ワクワクします~!

何をしたいかって
なかなか見つけられないのに・・・羨ましい~!
学生時代から、こういう体験が出来るっていいですよね!
最後の薔薇の写真、めっちゃ可愛い~♪花束にしたらステキだろうなぁ~。

お久しぶりです

ご無沙汰してます。
なかなかお邪魔出来ずにごめんんさい。

息子さんの様子を見に行かれるピノさんの足取り、さぞ軽かったことでしょうね。
そしてブーケを買おうとされて、なんて優しいんでしょうi-189
息子さん、恥ずかしくて照れてるの半分、嬉しさ半分だったのではないでしょうか。

花屋さんかパン屋さん、さすがピノさんの息子さん。

我が子の職業訓練(私の住む辺りでは中学であるようです)
私も楽しみになりましたi-178

過去の日記もこれから読みますね。
とにかくお元気そうでなによりです~~i-187

職業訓練

職業訓練、貴重な体験ですね。 私たちの母校でも毎年実施されてます。私の仕事も毎年依頼があって、諸先輩方が指導に行ってます。 私もそろそろ順番が回ってきそうです。

息子さんとの会話のやりとり、何かいいですね。何気ない中にも 親子 を感じますよね。

静かからは程遠く。

☆マダムK様

「でくのぼう」の息子も、明日が研修最終日。
家に帰ってくると、「何か食べるものない~?」と言いながら、ケーキを食べ、牛乳を飲み、その日の報告を私にしています。

静かに見守るのは難しいです。いつも、ハラハラしっぱなし。
人様に迷惑をかけないように、そればかり考えてます。

こうやってお世話になることも、プロとして働いている方々には負担であるのが当然。それでも、とっても親切に、よくしていただいている様子を息子の口から聞くと泣けるほど嬉しい。

マダムのおじょうちゃま二人もコレージュやリセに通うようになると職業体験があるでしょうね。女の子はどんな仕事をするのか、興味がありますね。

マレ地区。

☆小鞠ちゃん

パリ市庁舎から、マレ地区、バスティーユ界隈は個性的なお店もたくさんあって、散歩に楽しい地区です。

息子がこのお花屋さんにお世話になると決まった時、16区か3区の店舗のどちらかになるか未定でしたが、結果ここに通わせてもらって良かったです。

ゆっくりあちこち見て回りたかったのですが、昨日は前後に私も仕事を抱えていて、散策も短時間でした。

研修が終わってレポートを息子が提出した後、またお礼に伺おうと思っています。そのときには別の小道も探検してみますね。

感性。

☆グラナーダさん

最近は日本でも職業体験、中学生ぐらいにあるようです。

下のコメント↓よしこさんがそう書いてますね、私の中学の同級生ですから。

息子はお花に関してまったく初心者として伺ったので、何もかも新鮮みたいです。

要らない葉を落とす時、ナイフやハサミを使わずに、茎を傷めないように手で丁寧に準備することをひたすら感動して語っていました。

梅酒はその後、どうですか?楽しみですね、完成が自分の梅酒のように待ち遠しいです!

スパイス

☆鍵コメM代さま

ここの店には3種類のAOC瓶がありました。
使ってみていただいて、またお味をお聞かせください。

息子は美術・芸術系のセンスは全くないです。親に似て、地味な服しか着ないですし。
「しゃれっけ」が出てきたことと言えば、毛穴パックをしていることぐらいでしょうか。

ですので、コーディネートも何も。。。
こちらのお店は自然な優しい色合いのお花が多くて、ラッピングの趣味もステキなので、そういうところを学んで帰ってきてほしいです。

写真

☆LazyElephantさま

息子に「ママのお友達が応援してくれてるよ」と伝えておきました。

私がこの日に行くことは、息子はぼんやりと分かっていたようで
朝、出かけて行く時に「何時頃来るの?」って聞いてました。
「さあ~」って答えておいたのですが、店先で覗いていたらスタッフが気が付いて「カズタ、ママ来てるよ~」って。

デジカメ写真、ぱぱぱっと構図を考える時間もなく撮っているスナップなので、お恥ずかしいです。
おほめいただき嬉しいです。
カメラを持っての散歩が楽しいな!と思っているので、これからもパシャパシャと好きなモノ、好きな場面を撮っていきます。

社会への入り口

☆てきとー日記主人さま

職業体験、本当にありがたい経験です。
甘やかして育ててしまい自発性のない子なので、どうなることかと思っておりました。
お店のスタッフが非常に親切で仕事を割り振ってどんどん指導して下さっているようで、家に帰ってきてへとへとで早く寝ています。

てきとーさんのご長男、1年もバイトが続いているとはガッツがありますね、さすがお父様に似ているんですね。

てきとーさんの奥様孝行記事も読みましたよ。あのイタリアン、素敵なお店ですね。私も一度伺いました。

ドゴール将軍

☆Kashちゃん

ドゴール将軍の巨大ポスター、よく見ると1000人ぐらいの軍関係者の顔写真から作られているんです。

近くまで寄って、じーっと見てきました。
市庁舎の前には特設会場で当時の写真を振り返る展示会も開催されているようでした。

今回の経験が、家族以外の社会の人との接点として息子に大きな刺激を与えてくださっていると思います。
毎朝大量に入荷するお花に囲まれて奮闘するスタッフを見て、自分も何かの役に立ちたいと思うようになったみたいです。

ご無沙汰でした。

☆さっちん。ちゃん

わー、コメントありがとうございます。嬉しいわー。

最近ミクシイ放置状態で、ご無沙汰こちらこそごめんなさい。

さくらちゃん、べっぴんさんに生んで家族みんなが幸せそうな様子、ほほえましいですね。3人のママになってもさっちん。ちゃんの可愛い姿は何も変わってなくて凄い!

小さいさくらちゃんを抱えて、授業参観に出向いていくさっちん。ちゃんの日記を読んで母は強しを実践してるんだなぁーって感心してました。

なかなか米子には行けないけど、いつか実現したらお子様たちもみーんな一緒にぜひ会ってくださいね。抱っこさせてもらえるうちに、必ず行くからね。

花屋さんを見に行くまでは、ちょっとドキドキしてました。
ちょうどお客さんに向かって「メルシー」と言っている時であたりまえだけど、ジワっときました。

ご指導。

☆よしこさん

われらの母校でもあるんですね。よしこさんもぜひ後輩にびしっとご指導してください。
私たちの地元は、いろんな職業、商売があるから面白いでしょうね。
自分たちの時も、こういう仕組みがあったら良かったですね。

新しいブログ、ますますお仕事に対する情熱が感じられてステキですね。ご本人も載っている記事を見て、私も体験したくなりました。

息子との会話ですか~、ご存じのとおり、きつ~いことを言われまくりです。こちらも負けませんけどね♪

No title

職業体験、rinaは動物公園でした。
お花屋さんを選んだkazuta君、優しい心を持っているのね^^
他にはどんな職業があるの??
こちらは、何でも・・・マック、消防署、病院、美容院、保育園etc.
小学校の頃は「お店屋さん体験」でrinaは雑貨屋さん、yuyaはお肉屋さんにお世話になりました。
「ママ早く帰ってよ」って・・・。なんか照れちゃうんだろうね。

それにしても、やっぱり美味しいものがいっぱいの毎日だわっ☆

美しい親心

息子さん、素敵な経験をなさっていらっしゃいますね!!!
選んだ薔薇の色の優しいこと!お母様の手に渡る前に
売り切れてしまったとは、おめでとうございます!
きっとご自分でも気づかない才能や興味に気付く機会に
なりそうですね。

パリを一人で歩き回った挙句、迷子になってウロウロした
16区で、たくさんの素敵なお花屋さんを発見した日を
思い出しました。お花のディスプレイが断然素敵ですね!
そして、薔薇の花束の手前に見えるラベンダーが、まさに
季節を物語っていて、バンドルズを編みたくなりました(^^♪

今日も美しいパリの街角を見せてくださって有難うございます。

日頃のお手伝い

☆diadianちゃん

小学校からお店屋さん体験があるのねー、ステキ!

動物公園かー、いつも動物に接しているrinaちゃんにぴったりね。
diadianちゃんの子供たちは日ごろから両親の手伝いを良くするし、
「働きもの」の血を受け継いでいると思う。

カズタはまた明日から朝寝坊の日々になるんだわー。
こっちはもう夏休みなのです。

無事に。

☆mother-of-pearlさん

いつも温かく見守っていただき、ありがとうございます。

5日間、貴重な経験をさせていただいて無事に研修を終えました。
あとは、レポートを書いて学校へ出して、長い長い夏休みに突入。

「通学」と「通勤」は違うということや、お花はまさに生き物であることなど、息子があらためて知ったものは大きかったと思います。

夏に日本からこちらへ帰ったら、お世話になったお店のスタッフを家に招待したい、と言っていました。
親以外のオトナと触れあえたことが本当に嬉しかったようです。

パリのお花屋さん、個性にあふれていて素敵な空間ですね。
花を日常飾る習慣、もっともっと取り入れたいと思いました。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク