ミントの香りに包まれて

DSC06546.jpg


金曜日の夕暮れは、なんとなくほっとします。

仕事を終えて、片づけをしていた時に、息子がお花屋さんの最後の職業訓練から帰宅しました。


大きな大きなブーケを持って。



DSC06549.jpg

月曜日から金曜日、朝10時から夕方5時まで息子はこのお店でたくさんのことを学ばせていただきました。

せめてもの感謝の気持ちに、スタッフの皆さんへ毎日和食のお弁当を持っていかせました。


今、フランスは「BENTO」ブーム。


優しいフランス人や日本人のお姉さんたちとトンカツやちらし寿司や太巻き、唐揚げを一緒に食べる時間も
息子には楽しいひとときだったとか。




DSC06560.jpg


「みんながね、最後にね、お弁当ありがとうって。

好きなお花を使って僕がブーケを自分で作っていいよ、って言ってくれたんだよ。」





淡いパープルの薔薇の回りにミントやにんにくの花がいっぱい。


ラッピングペーパーも白とグレーでシックでした。


そのまま、大きめの花瓶にどーんと活けたらイイカンジ。






ちょっとだけ誇らしげな息子の横顔が、いつもよりもずっと素直に見えて

ミントの香りが涙線を弱めました。














明日から私は初の地方遠征、アルザスマラソンを走ってきます。

給水所には美味しいワインもあるようです。

詳細は相棒、理子ちゃんのブログに紹介されています。


My Funny Valentine
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミントと愛の香り

光栄にも、一番のり!!!

こちらまで、清々しいミントの香りが届いたようです。
これ以上、嬉しい贈りものはないですね!!

毎日、スタッフの皆さんにお弁当を届けた、という
お母様の心も、しっかりと伝わって、快いお仕事の
経験をなさったのでしょう。
息子さんのお気持ちは、この花束と一緒に束ねられて
いるのですね。

・・・・何があってもママが大好きだよ!・・って。

No title

息子さんには、とてもいい勉強になりましたね。
やっぱ、習うより慣れろですね。
マラソン地方遠征頑張って来てください。
給水所のワイン凄いですね。私もそんなのがあったら、ぜったいに飲みます。

花との触れあい。

☆mother-of-pearlさん

あまり褒めると調子に乗るので本人の前ではさりげなく感謝の気持ちを伝えました。

スタッフの皆さんが実に手早く、センス良くブーケを作る姿を見てむすこも感化されたようです。

今日からの1泊の留守中に、息子にバルコニーの植木の水やりを命じたら、「忘れたらどうしよ~」と言ってました。
「だって、お花屋さんで修業したんでしょう」
「それとこれは別。」

アルザスは美味しいワインがいっぱいあるようで・・・

腰がひけてハーフに申し込まなかったことをちょっと悔やみました。
給水所が6か所ぐらいあるなんて~。
10キロは1か所です。ゴール後に出来上がって理子ちゃんを待つことにします。

いってきます!

現場。

☆てきとー日記主人さま

机上の勉強では得られない経験をさせていただきました。
綺麗な仕事に見える花屋さん、実は重労働だということもわかったようです。

アルザスのレース、期待どおりご馳走が並ぶようです。
デジカメを持って、ゆるりと飲み食べながら走ろうと思っています。

まずは今夜、前夜祭があります。ウコンの力は当然持ちました。

私も涙じわりです

ミントの香り、したような気がしました。息子さん、ニッポン一の、いえ、世界一のいい男!みほさんも最高のお母さんです。ブーケ、きれいだし、香りも考えていて、さすが、セパージュと共に成長した青年です。

マラソン、パリの空の下より応援しています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

K君に拍手パチパチパチぃ~

ピノちゃんこんばんはv-483

凄~く素敵な花束v-300
K君がとても良いお仕事を体験したのが画面v-216から伝わってきますv-441

そしてピノちゃんの心のこもったお弁当にも拍手v-424

アルザスへの旅でマラソンv-29とワインv-272
Rikoちゃんとの時間をしっかり楽しんで来てくださいねv-432

たくましい!

息子さんやピノちゃんにとって、この5日間はとても内容の濃い日々だったのではないでしょうか。 文章からも、たくましくなった息子さんを誇らしげに見るピノちゃんが見えますね。

明日は、また頑張ってきてください。 お母さんも負けてられませんね。(笑)
アルザスは、涼しいのでしょうか。 ブログを楽しみにしてます♪

なんと!

フランスでは今BENTOブームなのですか?☆



そういえば、そちらの方は行楽などに出かける際はどんなものを持っていかれるのだろう?

No title

スゴイスゴイ、優しい色合いの素敵な花束♪
ママを思って、ママを意識して、ママの好きそうな・・・・・
ワタシも口角が上がり嬉しい気持ちになりました♪
そしてお弁当を5日間も。。。。どこにそんな時間があるんだか^^

えっ!!!? 給水所にワイン^0^
それならワタシも頑張れるかも^^;

試作育ち

☆LazyElephantさま

昨日の夜遅くアルザスから東駅に戻ってきて、パリのほうが寒くてびっくりしています。
いきなり冬に戻ったかのようですね。

たくさんほめていただいてありがとうございます。
息子にいただいたコメントを読んで聞かせると、なんとなく嬉しそうにしています。

CEPAGEの試作で育った子なので、新しいご飯を作ると必ず条件反射的に「これって来月のセパージュ?何色のお皿使うの?」
と聞いてきます。

ミントとにんにく。

☆鍵コメM代ちゃん

にんにくの花ってこんなに可愛いって知りませんでした。
薔薇とミント、意外なようでしっくりくる組み合わせでそれも驚き。

M代ちゃんとは知り合って1年ちょっとですけど、正直で一生懸命な方で「食」の情報力が素晴らしいこと、とっても尊敬してます。
この先、長いおつきあいをお願いします。


元気な花束

☆小鞠ちゃん

息子がブーケを作れるようになるということが、まずびっくりでした。

1泊2日の遠征から戻っても、このブーケがしゃきっと元気な状態で、かなり散らかったリビングの中で私を待っていました。

今、洗濯機を回して掃除しています。まもなくアルザス記事もUPします。



無事に帰ってきました。

☆よしこさん

5日間、そうですね、息子は少しだけ優しくなったようにも思えます。
私はどうでしょう。お弁当を作っている時だけ、母親度が自分の中ではいつもよりちょっぴり上がったかも。

アルザス、楽しかったですよー。
よしこさんやてきとーさんの話題も、いっぱい理子ちゃんと話しました。
遠征の様子は3部作にして、本日からアップ予定です。

フランス式弁当

☆せいじさん

フランス人がピクニックに行く時に持って行くのは、きわめて簡単なもので、バゲットにハムやサラダやチーズを挟んだサンドイッチが一般的です。あと、リンゴやバナナやチェリーをそのまま持っていくとか。

日本式弁当・・・材料を小さく飾りに切ったり、いろいろ手をかけたおかずを詰め込んだり、それはフランス人には驚きの対象のようです。

昨今の「日本・漫画&アニメブーム」で、7月も「日本エキスポ」が
パリで開催されるぐらい、何かとブームの中でBENTOは
それ専門の料理本が出たり、とても流行っている言葉なのです。

今回は、「ポテサラ」とか「手綱こんにゃく」が人気でした。
「ひじきのサラダ」なども、ヘルシーと思うようで好まれたそうです。

弁当は。

☆diadianちゃん

毎朝子供たちのお弁当や、お店のつきだしを作っているdiadianちゃんならあっという間に作れるんでしょうね。

私が作ったお弁当は毎日4つぐらいなので、いつもより1時間早く起きて、ちょっと頑張りました。
意外となんでもフランス人が食べられることもわかっていたので、日本人へのお弁当と同じもので良かったの。

給水所にワイン、本当にありました!!!

今日から記事をどんどん書くから、ぜひ読んでね。
ワインがあれば、頑張って走れるよ。ホントに、効くよー。

センスある!

ピノさん、マラソンお疲れさまでした。
マラソンの様子は、また楽しみに待つとして・・・。
なんですか、この素敵なブーケ!!!
初めの写真で、お店で買って来られたブーケかと思い読み進めて行くと、なんとかずた君作!!!
絶対センスありますよ。私だって、売ってたら喜んで買います。
かずた君にはこんな才能もあったんですね。将来が楽しみですね。
「ちょっとだけ誇らしげな横顔」。微妙な表情の変化でも、気持ちを理解出来るサインになるのですね。
大人と子供の狭間で時には気持ちが不安定でも、頑張って何かをやり切り
自信が持てたあとの瞬間は、きっといつもよりも素直な彼自身でいられたのかもしれませんね。

お気に入り。

☆Y子ちゃん

昨日水切りをして、少し元気無くなった花を間引いて、まだまだ美しく存在感を保っているブーケです。

Y子ちゃんもほめてくれたことを本人にも聞かせたら、「なんとなく出来ただけだから」と言いながらもにんまりしていました。

小さい時から、のんびりマイペースな息子は今になっても変わりもなく、スローにスローに生きてます。
この子がいつか、がーっと突っ走ることを見つけていくかどうか、
このままのんびり歩んでいくか、どっちも長い目で楽しみにしておこうと思っています。

Y子ちゃんちの二人、この前も可愛かったわ。またハグハグさせてね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク