2010年7月 ロゼワインで楽しむプロヴァンスのテーブル

cepage 07.2010 1

夏のテーブルをチャーミングに彩るロゼワイン。

白ワインでもなく、赤ワインでもなく、「ロゼ」そのものの存在感。


①ROSE D’ANJOU  フランス・ロワール地方

②CORAIL COTE DE PROVENCE フランス・プロヴァンス地方

③SIDI BRAHIM  チュニジア

④TAVEL フランス・コートデュローヌ地方





cepage 07.2010 3

毎年7月は異なるロゼと南仏風のテーブルをさまざまなトーンのテーブルでご紹介しています。

今年は赤。

あえて、熱い赤でテーブルを作ることで食欲を増進させます。


cepage 07.2010 6

お花はラベンダーの亜種、「LAVANDULA」

通常のラベンダーよりも香りが控えめなので、ワインテイスティングの席にも違和感なく。



cepage 07.2010 7

前菜は 「プロヴァンス風 パスタサラダ」

ちょうちょ型のファルファッレパスタに、カラーピーマン、サラミ、アーティチョークやオリーブをあわせ
バルサミコやバジルペーストで味付け。

たっぷりのパルメザンチーズと、そのまま大胆に乗せたバジル。



cepage 07.2010 8

アップでもう1枚。

mikaちゃんが心をこめて撮ってくれる写真は、毎月の励みになっています。



cepage 07.2010 9


メインは 「白身魚のハーブパン粉グリエ ビーツのソース 夏野菜の串焼き添え」


四角いガラスのお皿に、箱庭風に盛り付けました。

ハーブとガーリック、オリーブオイルで作ったパン粉をたっぷりと乗せてオーブンで焼いた魚は
中はしっとり、外はカリっと。

ビーツにショウガを加えた甘酸っぱいピュレのソースをかけて。

付け合わせを串に刺すのは、ネオビストロ時代のトレンド。



cepage 07.2010 11

デザートは 「パイナップル寒天スカッシュ」


まず、グラスで寒天が登場。



cepage 07.2010 12

そこによく冷えたアルコール度数3.5%の軽い発泡酒を、ゲストの目の前で注ぎます。



cepage 07.2010 13

シュワシュワシュワ~~~っと爽やか、寒天もフルフルのパインスカッシュをどうぞ。




cepage 07.2010 14


最後の紅茶は、リプトンの新作「TEMPLE D’ASIE」

アジアの寺という名前で、緑茶に薔薇とすみれの花弁がブレンドされています。





今回で2010年度のパリのCEPAGEレッスンは全て終了です。

今年度も熱心に通って下さった皆様、本当にありがとうございました。

8月はお休みをいただき、9月からまた2011年度スタート。 

新しい企画で、皆様をお待ちしています。





日本の皆様、ブログでのご参加ありがとうございました。

今日から日本へ参ります。

7月は、「世界のロゼとプロヴァンスのテーブル」をフランスとは別企画で7回レッスン、
8月は、和食のコラボレーション企画を2回実施いたします。





世界中の皆様、お元気で輝かしいバカンスをお過ごしください。


「いってまいります!」












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

七夕。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

ピノちゃんこんばんはv-483

出発v-233間際まで、ちゃんと記事UPv-295されているピノちゃん偉いっv-424

私はいつまでも送れを取り戻せないでいますのにv-399v-356
見習わなくっちゃとは思いますが、
ピノちゃんのパワーv-91と心意気v-349は遥か彼方ですv-393

この夏v-301お顔を拝見出来る日を楽しみにしてますv-398

まもなく搭乗です

☆小鞠ちゃん

七夕の夜は、日本の上空は願いがいっぱい飛び交ったのでしょうか?

今、パリの空港のラウンジで飲んでます。あと10分でボーディングなのでゲートへそろそろ向かいます。

ブログは、私の場合「鉄があつあつ」のうちじゃないと、うてないのです。写真を撮って記事を書くつもりでいても、2日過ぎてしまうと、もう指が進まない。
小鞠ちゃんは丁寧に書いていて、素晴らしいと思います。

昨日までの10日間、実は書ききれない記事がたくさんありました。
また日本でも着々と食べまくりレポートしようと思います。

では、日本へ向かいます~!

プロヴァンスのロゼ!

ロゼワイン美味しそうですね!!
私も今年からロゼが大好きになりました(^^)
何よりテーブルがパァ~っと明るくなる所が良いですね。
キンキンに冷やしたロゼは、ジメジメムシムシな気候に最高です!

No title

お帰りなさい!v-233

日本に帰国して最初に食べる夕食は何がお好みでしょうか?(笑
やはり・・・・寿司かな?

和食のコラボレーション企画、凄く楽しみにしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

蒸しますね

☆グラナーダさん

昨日日本に着きました。機内で梅酒ロックを飲みながら♪

今、近くまで息子の携帯電話を手配に出かけたのですがあまりの蒸し暑さにすでにへろへろ。

ロゼワイン、この夏はぜひたくさん飲んでくださいね。

ただいまー!

☆いその爺様

昨日無事に戻りました。

まずはお寿司をいただきました。お刺身、お寿司、あら汁、息子は1年ぶりの日本のお寿司にひたすら唸りながら。

8月の和食コラボはお世話になっている同級生のお店2軒で実施します。ご期待ください。



メールさせていただきます

☆鍵コメI様

いろいろお気遣いありがとうございます。

直接メールでご連絡させていただきます。
よろしくお願いします。

No title

Tavelだ~!
ホワイトジンファンデルしか知らなかったワタシにセパージュで教えてもらって大好きになったTavel
今でもこっちの友達でロゼが好きっていう人にはではではTavelを飲んでもらいましょって出してきます。

こうやって考えるとほんとセパージュで教えてもらった事がいっぱい。
フランスワインを知ってるといろいろご披露の場があってうれしい限り。
もちろんワインだけでなくおもてなしの心も教えていただいたセパージュです。

亜種のラベンダーっていうのがあるんですね。夏のテーブルにぴったりです。

アルコール度

☆toutouちゃん

フランスのロゼの王様「タヴェル」。
toutouちゃんも好きなのね、毎年ロゼ企画はいろいろなロゼをご紹介するけど、タヴェルは外せない。

薔薇色の外観も、タンニンを感じる味わいも常に上質。

セパージュの経験をアメリカでも活用してくれてること、本当に感謝です。 私もtoutouちゃんから教えてもらったこと、たくさんあるよ。
さりげなくて、深い優しさね。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク