日本の「酒」を巡る旅へ その伍 最終編

DSC07539.jpg

山梨、長野、新潟を巡り、最終日の午前中は栃木・足利「ココファーム」へ。

急斜面には、こころみ学園の皆さんの想いがこもった葡萄が元気に生い茂っていました。


DSC07562.jpg

足利市内を抜けて山間部に向かって進み、こころみ学園の寮の脇の道を入ります。

今から農作業に出る格好の、純粋な目を持つ園生が来訪者に気さくに手を振ります。



DSC07561.jpg

障害者の方々の自立生活を目指し、

「時間がかかり、根気の要る」ワイン作りは、物事に集中力をひときわ発揮する彼らに最適であると。



DSC07544.jpg

去年の秋に来た時も、この畑の山頂で空き缶をたたき、音を出し続け

カラスを一日中追い払う姿に心打たれました。



DSC07543.jpg

併設のブティックには、ワインだけでなく収穫した野菜・果物から作られたジャムなど
美味しいものがたくさんあります。

観光バスが着いていて、ご婦人たちがたくさんお買い上げなさってました。



DSC07549.jpg

葡萄畑の目の前のサンデッキでランチを。


DSC07552.jpg

この日の2日後に始まるこの夏のCEPAGE@日本でもご紹介する

「こころぜ」をいただきます。

ここで飲んで、想いを深くして、そして伝えていきたくて。



DSC07556.jpg

ランチはワンプレートの美味しそうなリストが豊富。

私はカレーランチ。 パリッと焼いたバゲット、甘味を感じる大根のひらひらサラダも絶妙。



DSC07559.jpg

葡萄の枝やコルクが可愛く飾られていました。



DSC07542.jpg


猛烈な暑さの中、たくましく育っている葡萄たち。


秋には一房ずつ「手」で収穫されていきます。





DSC07567.jpg


旅の最後に首都高速から見た、建設が進んでいる「東京スカイツリー」。






積み重ねてゆくこと。


確かな土台を築くこと。


知識欲の途中で、求めていた事象以外に教えられる自然な摂理。








「酒」と呼ばれる全てに宿る命を見つめた、珠玉の旅でした。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

満喫!

こんにちは!
私も写真で満喫できました!
日本でもこんなに興味深いワイナリーがあるんですね~
是非一度訪れてみたいです。。
調べてみたら、ワイナリーには、大体バスツアーが組まれている所が多いらしく、秋にでも行ってみようかと思います!

わぁ。。。(*^o^*)

ピノちゃんこんばんはv-483

ココファームへ行かれたんですね、いいなぁv-339
極上の旅の締めくくりはやっぱりワインv-272
「こころぜe-12」色が濃いですねv-352

ピノちゃんとお会いする時間は短いv-409でしょうけれど、
こうしてここでピノちゃんと一緒に素敵v-354な旅ができて、
とっても楽しかったですv-398

次は地元の美味しい物が続々でしょうねv-411

No title

ココファーム、お気に入りみたいですね。
自分のダイビング仲間が足利に住んでいるので、ここには定期的に行っているみたいです。
最高のワインだといつも言っております。
将来的に自分も一度行ってみたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

行動力

4日間で4県ですか!
毎度の事ながら、ピノさんの行動力には驚かされます。
ココファーム、素敵な場所ですね。 一度、行ってみたいです。
想いがつまった こころぜ 、セパージュで楽しみにしてます。

見なれた景色

いつものココファーム、馴染みの緑の葡萄畑の風景も
ピノちゃんのブログで見ると感慨深いものがあります。
ピノちゃんがいらしたであろう日は、病院の長い待ち時間の中にいました。
三度目の正直は是非、ご一緒しましょう!

そういえば、ココのデッキでカレーは食べたことなかったわ。
大根のひらひらはデッキランチのプレートにもよく登場します。
ここの若いシェフはとても気さくで、ココのデリを家庭で作る時の
ちょっとしたコツなんかも教えてくれるの。
バゲット、行くと「軽めに焼いてください」とお願いしてお土産です。

「いまここ」のシリーズ、どれも飲みやすくてテーブルワインに最適です。
飲めない私も美味しいと思うもの!相田みつをさんのラベルも素敵でしょ?
ロゼはもう1種類「こころぜ」というフルーティーなのも美味しいのよ。

なんだかココファームの回し者のようだけど(笑)足利の自慢できるワインです。
それはこころみ学園の園生さんの、手間暇かけたお手入れやお仕事が
ワインたちの深い味わいの要因でもあるからだと思います。
CEPAGEでご紹介くださったこと、本当に嬉しく思っています。

バスツアー

☆グラナーダさん

バスツアー見つかりましたか、それは良かったです!
ぜひお気に入りのワイナリーを見つけてきてください。

日本のワインが大好きになること保証します♪

ココファームはワイナリーとしてもブティックとしても、そして食事のできるテラスも本当に素敵です。
ここだけを目指して、都内・横浜から出かける価値は充分にあります。

思いがけず。

☆小鞠ちゃん

はい、ココファームは最初の旅程に入っていなかったのですが、
私がこの2日後から日本のレッスンが始まることをお話したら
「士気をあげるためにも、ココファーム、寄りましょう」とおっしゃっていただけて。

「こころぜ」はたくさんの品種が入っていて、中でも「小公子」っていう素敵な名前の葡萄もあります。

横浜レポもたくさん写真がたまっています。

定期的に。

☆てきとー日記主人さま

熱中症にならずに、この夏も走っておられるようですね。

ココファームに定期的に通われるお友達、うらやましい!

ホントに素敵な場所です。ここの物語、歴史を学べば学ぶほど、ワイン作りの意味を深く感じることができます。

そして、ワインは人に元気を与える飲み物であることも。

ランチも非常にいい食材で、味付けも抜群。
近いうちにぜひお出かけください。

パリも暑そうですね

☆鍵コメA子ちゃん

いつも気遣ってくれてありがとう。
おかげさまで、猛暑・酷暑の夏を楽しみながら過ごしています。

パリの夏も今年は大変そうだけど、やっぱりアジアとヨーロッパは湿度の違いが大きいね。
信号待ちで立っているだけで、じとーっと暑い日本・・・

クーラーに一晩中あたっていて、体がどよーんとだるくなりつつあります。でも電車の中も、デパートも強烈に冷えているし、コンビニもどこにでもあるし、便利な国です。あらためて実感♪

また秋にパリでお会いしましょう。楽しいバカンスを過ごしてね。

明日、熱烈にご説明します

☆よしこさま

4日で4県、そうですねー、意識していなかったけど横浜から一筆書きのように、ぐるりと周回させていただいて帰ってきました。

「こころぜ」、明日の夜のレッスンでお楽しみいただけます。

ワインに想いをのせて語るために、多くの方の協力があって、
こうしてまたワインに強く恋しています。

ワインがギリシャの王様の薬だった4000年前。
今は、こんなに遠く離れた日本の地で、ワインが身近になっている。
また日本中をワインとの新鮮な出会いを求めて旅したいと思っています。

伝えたい想い。

☆さち姉さん

ココファームの良さを最初に私に教えてくださったのは、さち姉さんです。
今回、足利市内にさしかかった時も、あのあたりに姉さんの「気」をほんのりと感じました。

ココファームのパン、今回サンドイッチもいただいて、粉の美味しさ、焼きのバランスの素晴らしさにも感激でした。

私の三度目のココファームは、ぜひご一緒にお願いします。
嬉しいカンパイをあの風の中で。

参加希望!!

“さち姉さん”とのココファーム参加、是非是非ご一緒したいです!!

実は、LAの元職場に戻って、同僚と話していた時、こころみ学園の
創始者の方とお友達で、ココファーム立ち上げの頃は、よく作業を
手伝いに行っていたのだ、と伺い、奇遇に驚いてしまいました。

ココロゼ、とっても美味しかったので、注文しようと思っています!
ご紹介してくださって、ありがとうございました。

スカイツリーをご覧になった後、積み重ねていくこと、確かな土台を
築くこと、と深い思いをつづられていて、いつもながら、素晴らしい
文章力にうたれました。

ご一緒にお願いします

☆mother-of-pearlさん

遠くない将来に、あのテラスで安堵のカンパイが出来る日が必ず来ると思っています。

mother-of-pearlさんとさち姉さん、ワタシには最強のお姉さま方ですから。

スカイツリーを見て都会へ戻った後、クラシックな東京タワーへの想いもまた新たに観光にも行きました。

それは極、近日UPします。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク