真夏の小熊たち

DSC07651.jpg

酷暑の日本、横浜も驚くほど暑い日が続いています。

7月17日から始まった日本のCEPAGEも無事に4回終了いたしました。


2日目の講習の後、横浜へ戻った夜、地元の兄姉のような存在の友人たちと出かけました。


抱きしめたくなるような、クマがならぶ窓辺へ。


DSC07650.jpg

「みーしゃ」は地元で愛される欧風料理店。

カウンターと奥の小上がりで、お箸でいただく丁寧なお料理で人気。

シェフはトルコ、モスクワそして国内での長いご経験があり。



DSC07654.jpg


4人でカンパイ!

私以外のメンバーは1958年、59年生まれの同級生。

3人の思いやりあふれる意見は、なまいきな私の精神安定剤の意味を持ちます。


DSC07655.jpg


「みーしゃ」はワインの持ち込みもさせていただけます。

今日の3本は、すべてUさんがご持参。

1本目は四恩醸造の「ローズ」。にごりの白ワインです。



DSC07658.jpg

お料理はコースで。

前菜は「生ハムアボカド、鶏レバーのソテー、あさりのブルゴーニュ風」


DSC07659.jpg

シェフの奥様M代ちゃん手作りのパン。

ブルーベリーとくるみが混ぜ込んであり、たまらない美味しさですぐにおかわり。



DSC07664.jpg

スープは好きなモノを選べます。私は「枝豆の冷たいスープ」を。

なめらかさ、濃厚さ、そして香り高さ。そして、こんなにたっぷりの量。


DSC07667.jpg

続いて「白身魚のサラダ」。

毎度このサラダのドレッシングのからみ具合と葉のパリパリ加減、魚の弾力に驚かされます。


DSC07660.jpg

2本目のワインはシャトーマルスの「穂坂」の白。

甲州種のこなれた味わいが、実に心地よく。


DSC07671.jpg

魚料理は「アナゴとズッキーニのフリット」

サックサクの軽い衣、3種類のズッキーニの味わい、軽いトマトソースの酸が見事に絡み合い。



DSC07668.jpg


3本目のワインは全員が大好きなブルゴーニュ・サヴィニイ・レ・ボーヌ。

人気の作り手、1級畑。 ワイン通のUさんが今回もさりげなく説明してくださいます。


DSC07672.jpg

お肉料理もたくさんのチョイスの中から、私は「トマトのドルマ」を。

ひき肉を詰めて柔らかく焼き上げたトルコ料理。


加藤シェフのお料理は、外国の味を日本人の舌に優しく乗せるよう丁寧な仕事が施されています。



DSC07675.jpg

デザートは、4種類のフルーツシャーベットをみんなで楽しく食べ比べ。

そのものの香り、味わいがはっきりわかる手作りの魅力。







ずっとずっと若かった頃、外食にはある意味の緊張感が伴いました。


今はどこに行っても気負いもなく、食事を心から楽しめるようになりました。


「おもてなし」は、するほうもされるほうも人間力が出る行為。






 横浜の夜は、ふわふわのクマのように、どこまでも柔らかいぬくもり。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夏の白☆

ピノちゃんこんばんはv-483

v-323にキリっと冷えた白ワインはやっぱり似合いますねv-411
枝豆の冷たいスープの色も涼しそうv-472

でも、一番気になったのはトマトv-382のドルマ
ひき肉もトマトも大好きなのですv-398

なんだかまたお腹空いてきちゃったわv-392

クマちゃん達との晩餐

素敵なお仲間とのお食事に、美味しいワインも加わって
さぞかし充実した夜を過ごされたことでしょう!!

アーティスティックなローズのラベルに、先ずうっとり!
そして、次々に続くお料理ひとつひとつに目が止まります。
豆のスープが大好きなので、枝豆のスープと聞いて、☆☆!
あなごとズッキーニのフリットに、すっと添えられているのは
骨せんべい(?)なのでしょうか?きれいですね!!

ピノ先生が耳を傾けるワイン通!素晴らしいお友達が大勢
いらっしゃるのですね~!常に、常に、色々な情報を真剣に
聞き取ろうとする姿勢が、今夜も見えました。

素晴らしい講習も終わられたそうで、本当にありがとうございました。
(・・・じゃ、そろそろ、ご披露してもよろしいですね?



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おひさしぶりです~~~

MIHOさん

お元気でしたか?
まだ忘れられていないでしょうか?
ご無沙汰していました。
相変わらず忙しくなかなかブログを見ることができなかったのですが...
息子さんと日本に帰国していらっしゃるのですね

ワインの会はいつも大盛況のようで、うううぅぅ私も参加したい!
ホントに。。。

私のほうはいつかMIHOさんに詳しくお知らせしようと思っていましたが
実はNPOを今立ち上げようと頑張っているのです。
どうにか申請は受理されあとは承認を待っているという段階で
任意団体では動き始めているのですがこれまた大変。
次から次へと問題勃発
へろへろでした。

やっとここにきてHPなど再整備され落ち着いてまいりました。
開設の際はぜひご案内させてくださいね


ミ-シャというお店のなまえから...
「ミシュカ」という私が毎年欠かさずクリスマスの時に読み聞かせをする
私の世界で一番好きな絵本を思い出しました。(まったくかんけいなし?)

作: マリイ・コルモン
絵: ジェラール・フランカン
訳: 末松 氷海子
出版社: セーラー出版

(えほんNAVIより↓)
雪の中を歩いていくのは、こぐまのミシュカ。ミシュカは今朝、いばりやでおこりんぼうの女の子エリザベットの家を出てきたばかりでした。「もうぜったい、おもちゃのくまなんかにならないぞ!」そう言いながらミシュカは森の中を進みました。
 木のてっぺんで話す2羽のガンの声が聞こえます。「今夜はクリスマスだね!」「今夜はみんな、何かひとついいことをしなくちゃいけないのよね!」。それを耳にしたミシュカは、「そうか、今夜はクリスマス。何かいいことしなくちゃ」と考えながら歩き始めました……。

 大切にされず家を出たミシュカが自分のできることを探し、そのアイデアを身をもって行う心温まるクリスマス絵本。木炭水彩画のイラストが素朴な温もりを伝え、純真なミシュカをかわいらしく描きます。小さな鳥たちがおしゃべりする冬の森の様子は、心を洗われるようです。前半に登場するエリザベットの部屋と最終ページの男の子の部屋、そして、そこに佇むミシュカ……。この2つの見開きページの描写には深いメッセージが込められています。小さなミシュカが気高いクリスマスの意味を示してくれる、フランスの古典作品です。


クリスマスだけでなくいつも持ち続けたい心。
わたしはそんなメッセージがたくさんの絵本を今でも、大人になっってしまった子供たちに読み聞かせします。
いつかきっとその子供たちも自分の子供たちに...
そんなことを考えながら

またまた頓珍漢なMAILでした。
すみません。

この極暑、体壊したりしないように気を付けてくださいね。

またMAILさせていただきます。

Kao

ドルマの中身。

☆小鞠ちゃん

暑くても食欲が沸く食べ物の色というのはありますね。

この日のディナーはまさに全てがそうでした。

ドルマの中には味がよくしみた挽肉とライスも入っていて、周りのトマトのとろりと煮込まれた食感と最高のバランスを保っていました。

絵画のようなラベル

☆mother-of-pearlさん

印象的なラベル、そのワインの顔として味わいと同じように記憶に残りますね。
「にごり」の状態も実に自然で、苦みすらも旨味へと口の中で変化するような不思議な飲み心地でした。

あなごの骨せんべい、パリパリにカルシウムの塊が凛と添えられ、このお料理をひときわ粋に飾っていました。

今回の夏のセパージュは川崎会場の4回が終わり、今日は野毛、明日、来週は新羽のモデルルームです。
頑張ってロゼの魅力をお伝えしたいと思います。

ありがとうございます

☆鍵コメ Nさん、Yさん

7月24日に送っていただいたメールは拝見してます。
お返事もお送りしました、届いていなければ再送しますのでお知らせくださいませ。

いろいろご配慮ありがとうございます。

9月はぜひ充実した旅をなさってくださいね。
私もいつか必ず伺います!

開設楽しみにしてます。

☆KAOさん

お元気そうで良かった!NPO立ち上げとは、なんとも楽しみ!
ぜひ早く知らせてください。

「ミシュカ」、可愛い本ですね。今年のクリスマスには探してみようと思います。また良さそうな童話、教えてください。

私は童話と言えば「100万回生きたねこ」が好きで、息子が小さい時も何回も何回も読んで、最後はいつも泣いてました。

名作はいつの世にも灯りをともしますね。

お忙しいKAOさんも、体には充分に気をつけてずっと元気でいてください。私もまだまだ頑張りますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご無沙汰しています。

ピノさん、ご無沙汰しております。
相変わらず美味しい物と、優しい仲間の方たちに囲まれて
幸せそうな顔のピノさんが目に浮かびます。
何より、お元気そうで嬉しいです。
私は忙しかった6月に続き、6月末から7月中旬までお客さんが来ていて
お客さんが帰ってからはぐったりと体調を崩してしまい
ようやく復活しはじめた今日この頃です。
またこうしてお邪魔させていただきますので
美味しいお話や心温まるお話、楽しみにしております。
K太くんも、日本での夏休みを満喫されてるでしょうか?
どうかお二人ともに、エネルギーをしっかり充電されて
そのエネルギーを少しずつ分けていただけるのを楽しみに待っております。

こぐまのミーシャ

私、大好きなんです!チェブに続いて・・・同じロシアの子ですしね!
日本にとっては幻のモスクワオリンピックという悲しい歴史を背負っている、 
あの憂いのある感じがなんとも言えません。
ぬいぐるみもかわいすぎるっ>< 欲しいっ!!!

ご無沙汰しておりましたが ちょいちょい読ませていただき、
日本での夏ヴァカンスを楽しませていただいています!
サントリーのウィスキー工場は以前仕事でお邪魔したことがあり、本当に懐かしく読ませていただきました。
それにしても この「酒」をめぐる旅、凄すぎます。
誰企画なんですか?? ご自身で企画を?
すごい!アグレッシブ且つすごくいいコース&MIHOさんらしい! とってもいいですね!
羨ましい><!!

原美術館は友人がここで挙式をしたので 思い出深い場所です。

なにを読んでも、懐かしかったりあたたかったりして楽しいです。
日本は暑いと聞いておりますが 酷暑に負けず たくさん楽しんで、パワーアップして帰ってきてくださいね!
楽しみに待ってます!!


 

暑い夏。

☆Y子ちゃん

コメントのお返事が遅くなってすみません。

ご家族孝行、お友達孝行、お疲れ様でした。
体調を崩していたということだけど、もう良くなった?
パリは涼しいらしいですねー、こっちは驚きの暑さが続いていて
クーラーがあることがなんて有難いのだろうと日々感謝です。

K太もおかげさまでとっても元気です。
ワタシ以上にスゴイ勢いで食べて太ってジーンズがきつそうです。

またそちらに戻ったらいろいろおしゃべりしましょうね。
ご主人、BOYSによろしく! 夏を思い切り楽しんでね♪

ロシアの子供たち

☆R子ちゃん

チェブとミーシャね、ロシアの可愛い子たち、やっぱりR子ちゃんは大好きなのね。

この「みーしゃ」はとってもいいお店。いつかR子ちゃんと日本での滞在が重なる時に一緒に行きたいお店のひとつよ。
その時にはこの窓辺のミーシャちゃんたちをじっくり見てね。
もちろん私たちの「チェブ」も連れて行きましょう!

「酒」を巡る旅の企画はワタシではなく、日本で御活躍の方々です。
特別にオプション(松本観光や温泉)まで加えて楽しませていただいて幸せです。

感性豊かなR子ちゃんの夏を聞かせてもらうのも期待してるからね。元気で、有意義に日々過ごしてね!
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク