2010年夏 日本CEPAGE 世界のロゼワインで楽しむプロヴァンスのテーブル ~川崎・野毛編

DSC07788.jpg

1年前の夏から始動した日本でのCEPAGE。

2度目の暑い夏は、さらに熱く、厚く。

今回は世界中の美味しいロゼ6本に合わせて地中海を感じるプロヴァンスの風をお届けします。



DSC07613.jpg

① FREIXENET CORDON ROSADO CAVA :スペイン

② COCO-ROSE :日本

③ ROBERT MONDAVI WOODBRIDGE :アメリカ

④ SANTA DIGNA :チリ

⑤ CORAIL COTE DE PROVENCE :フランス

⑥ FISH HOOK :南アフリカ


DSC07607.jpg


パリから持ち帰った南仏プリントのミモザ柄のクロス。テーブルにはカラフルなとうがらしの木を飾りました。




DSC07799.jpg


皆様にお渡しするテキストもスタンバイ。今回は表紙からロゼの作り方の説明が始まっています。



DSC07800.jpg

理子ちゃんが1年前、日本CEPAGE用に作ってくれたバインダー。

本当は毎回ドキドキの私も、これを握りしめると落ち着いてお話できます。


DSC07802.jpg

アミューズは

「トマトときゅうりと枝豆のカクテル」「タプナードカナッペ」



DSC08048.jpg

前菜は

「イカと水菜のサラダ アボカドレッシング」


お刺身用の新鮮なイカをさっと茹で、レモン汁を効かせたアボカドのピュレで。


DSC08055.jpg

パスタは

「カニカマの梅紫蘇オリーブ冷製パスタ」

紀州の梅をたたいて刻み葱と一緒にめんつゆとオリーブオイルでソースを作ります。

塩の代わりに、ゆかりをぱらぱら振ってお味のアクセントに。



DSC08058.jpg

メインは

「鶏もも肉のスパイシー炒め ミニラタトゥイユ添え」

コロンボスパイスでマリネした鶏を香ばしく焼きます。


DSC08063.jpg

デザートは ロゼ色を意識して・・・

「スイカのホワイトラムマリネ」

美味しいスイカをホワイトラムで3時間ほどマリネして、甘味をいっそう引き出します。


DSC08064.jpg

紅茶ももちろんロゼ色です。

イチゴ&木苺のハーブティーは穏やかな香り。


7月24日レッスンの様子

川崎・平間で4クラス、横浜・野毛で1クラス、横浜・新羽で2クラス。

今回のレッスンもいつも終始笑い声があふれていました。

まさよとなっちゃん

いつも大活躍してくれる強力なサポーター、お手伝いの皆様、ありがとう。

まさよとなっちゃん。


ゆかぴ

ニコニコ一生懸命、ゆかぴ。


トノエと真澄と

野毛の助っ人、特別ボランティア参加のトノエと真澄。 そしてなっちゃん。


7月17日ご出席の皆さん

2010年7月17日土曜日ご出席いただいた皆様。



7月18日ご出席のみなさん


2010年7月18日ご出席いただいた皆様。



7月24日ご出席の皆様


2010年7月24日ご出席いただいた皆様。



7月25日ご出席のみなさん


2010年7月25日ご出席いただいた皆様。


7月27日日ご出席のみなさん


2010年7月27日ご出席いただいた皆様。



皆様、いつも応援、本当にありがとうございます。





この後、横浜・新羽モデルハウスでのレッスン、

8月の川崎、野毛のコラボ企画もまだまだ続きます。








ワインは難しいウンチクを語るものではなく、楽しく味わって人と仲良くなる最高の栄養剤。



10年先も、20年先も、この先ずっとワイン好きを増やしたい。



ワインの海を一緒に泳いで行ける仲間と共に。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

毎度

今回も楽しませていただきました♪
毎度毎度、最後のほうはグダグダになってしまいすみません。 ワインの知識はなかなか上達しない私ですが、「楽しく飲むお酒」というのはわかりました。
今後ともよろしくお願いします。

明日もお待ちしてます

☆よしこさん

毎回熱心にご参加本当にありがとうございます。

野毛部は夜のレッスンと言うこともあり、毎度全員良い感じに酔っていただいてますね。明日も今までと違った楽しみをお伝えしたいと思っています。

フルマラソン並みのワインレースになりますのでペースを最後の山まで維持してくださいね。よろしくお願いします!

もう懐かしい(@.@)

ピノちゃんこんばんはv-483

私がこの記事と同じ仕様のテーブルv-271v-272に着かせて頂いたのは、
ほんの5日前だと言うのに、もっと前のような気がしますv-406
素敵v-352な時間を本当にありがとうございましたv-435

なっちゃんになんのお土産もご用意していなかった事、
自分の迂闊さを猛省でございますv-404
なっちゃんごめんなさいねv-393
これでお名前間違えていたら、私最低ですね、大丈夫でしょうかv-399

ピノ先生の講義v-295がもっと頭に入るよう、これからも頑張りますv-91

プロヴァンスの風によろしく!

爽やかで、笑い声に溢れた楽しい会でした!!
改めて、ありがとうございました。

一枚目の写真、素敵ですね~!!

そして、こんな風にピッと張り詰めた空気で皆を迎える準備を
してくださっていたのか、と初めて拝見するテーブルの様子。
ピノ先生やスタッフの皆さんの、無駄の無い動きは、こうして
作られていたのですね。
同席させて頂いた皆さんのお顔を思い出させて頂ける写真に
見入っております。楽しい時間は、あっと言う間に過ぎました。

また、次回を心から楽しみにお待ちしています(^.^)/~~~

なっちゃん。

☆小鞠ちゃん

遠路はるばるお越しいただいた日からもうあっという間に5日経ちました。
暑い暑い夏も、8月も中盤なのですね。毎日が本当に早い。

なっちゃんは本名は「名津」ちゃん。12歳のころから知っているので、立派な大人のレディになっても私の中のなっちゃんは永遠に小さくて泣き虫で可愛いです。

そのうち、なっちゃんも一緒に関西・神戸旅行に行きますから雑貨好きななっちゃんが喜ぶ場所へぜひ小鞠ちゃん、連れて行ってくださいね。お願いします。

次は秋風を。

☆ mother-of-pearl さん

今回もありがとうございました。

美しい記事にもしていただき、あらためて感激至極です。
ご出席いただいた日は、中学の仲間たちが多い日で私も普段以上に「素」になってしまいました。

日本でもパリでも、CEPAGEでの出会いで新たな繋がりが生まれていくことが
何よりも嬉しくて、クラスを固定せずに続けています。

一歩外へ出るからこそ巡りあえる人もいる。
旧友も、「新友」も、どちらも大事につきあっていきたいと思っています。

No title

ここにもイカが(笑)。




スイカも、こうして食べるとさらにワインが進みそうな気がしました・・・・!そうだ、今夜は久しぶりにワインをあけます☆

お疲れ様です!

大盛況ですね~、セパージュ・ジャポン。自分以外の台所ってたぶん使いにくいのではないでしょうか。その中でこんなに素晴らしいおもてなしできるなんて!

偶然、おとといまでアンティーブ近くに滞在して、それこそ毎日ロゼ尽くしの日々でした。暑いときにはぴったりですよね。このCorailを試そうと思ってたのを今思い出しました。探してみようっと。

お疲れ様でした!

danchuと境港

☆せいじさん

イカと言えば山陰でしょうね、イカ好きなので今回のdanchuは購買必須。
せいじ組関連のお子様たちの笑顔写真にも癒されます。

マグロやサーモンはたまにパリでもお刺身でイケるものが見つかりますが、イカに関してはほぼ皆無。
日本に居る間に連日のようにイカを食べまくりの日々です。

スイカも日本のはさすがに美味しい!果物王国ニッポ万歳ですね。

せいじさんが元気を取り戻して更新ラッシュしていらっしゃるのを確認して安心しました。今晩、私も頑張って仕事してきます!

楽しかった~

写真を見ると、あの時の楽しさが蘇りますね。
ドラゴンの方々とご一緒できたのも幸運でした。

CEPAGEのおかげでリフレッシュして、毎日頑張れます!

キッチン

☆LazyElephant さん

アンティーブでのロゼ色バカンス、素敵な時間で良かったですね♪
紺碧の海に夕日が沈む毎日、バカンスは自分を空っぽにして、その先に詰め込む何かを考える時間。

仕事を実施するキッチン、川崎も野毛も新羽も、手伝ってくれるみんながその場にすぐに慣れてうまく回してくれるので、私にはまったく負担がないのです。
横浜のマンションの小さな台所での仕込みのほうが汗だくです。

この夏の仕事も昨日で全部終わりました。
少し休んで、この先の企画をゆっくりと構想したいと思っています。

今回もありがとうございました

☆おかみさま

お土産にいただいた「どら焼き」をセパージュのあと冷茶でいただき、ほっこりした気持ちになっておりました。

毎回、熱く&優しい視線でのご参加本当にありがとうございます。

ドラゴン同級生たち、そしてCEPAGEパリの懐かしい面々、日本で新しくセパージュの仲間に加わってくださった方々・・・皆さんのおかげで回を重ねられます。

この場が皆さんのリフレッシュになるなら、何よりも嬉しいです。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク