子離れの始まり

DSC08522.jpg

退院後初めての診察をしていただきに、早朝から病院へ行きました。

病院のすぐ近くには、横浜・中華街が広がります。
  
「関帝廟」は 1873年創建の中国の商売の神を祀る廟。






DSC08524.jpg

9時前には診察が終わり、その時間から開いているお店をふらふらと探して・・・

お粥で有名な「謝甜記 2号店」へ。



DSC08525.jpg

野菜の朝がゆセットをいただきます。

おかずに、エビチリと肉まんが付いてきます。

「これから通院の帰りは毎回ここだ!」と感激するお味でした。




DSC08533.jpg

腹ごなしのお散歩は、歩いてすぐの山下公園。

いつもと変わらない氷川丸に元気な報告を。



DSC08528.jpg

小さい頃から、この噴水の前で記念撮影をしていました。




DSC08536.jpg


見慣れたマリンタワーも、今日はひときわ青空にまっすぐに映えて。



DSC08538.jpg

近くのカフェで、大きな大きな「つちのこ」のような背中を持つネコ発見。


DSC08539.jpg

みなとみらい線に乗って、ランドマークへ買い物に行き、ジャルダン・ド・ジュリアンでキッシュプレートを。




DSC08542.jpg

夕方5時半ごろ、なっちゃんとカズタと一緒に野毛へ。




DSC08543.jpg

老舗の焼鳥屋が多い中でも御三家と呼ばれ、その中でも特に同級生たちのオススメの「末広」。




DSC08545.jpg

まずはビールで乾杯! 息子はもちろんウーロン茶。

パリではあと2年で成人。日本ではあと4年だね。



DSC08546.jpg

本当に焼き鳥だけのこのお店。 ご家族経営で、気持ちのいいサービス。

お客さんたちも、さっと飲んでさっと帰る。 下町の粋な「昭和」が色濃く残ります。



DSC08547.jpg

このお店を紹介してくれた同級生が、「レバーだよ、絶対レバー!」と言っていた最高のレバー。




DSC08548.jpg

皮も表面はカリッと、中はジューシー。 ぎんなんはワタクシ、本当に大好きです。




なっちゃんとカズタ

お店を出て、酔っ払いが歩く通りで記念撮影。

なっちゃんとカズタ。 小柄ななっちゃんが可愛いです。



かずたとミホ

カズタとワタクシ。 

だいたい予定通り、この夏8キロぐらい太った息子。 予定の範疇で2キロ以内にとどめた母。



癌がわかって、親子で葛藤がありました。

その中で、息子を預かって社会経験を積ませてくれたり、遊ばせてくれたり、

たくさんの友人の情けのおかげで激動の夏を越えました。




DSC08554.jpg


翌日パリへひとりで帰る息子は、この晩も下高井戸の友人宅へお世話になりに行きます。


野毛から桜木町まで、歩く道すがら、小さなネオンがまぶしくて涙。


「ママが帰るまで、頑張ってね」

「大丈夫だよ、ゆっくり養生してよ」


振り返りもせずに消えて行く息子の背中を見て、また涙。





DSC08555.jpg

一緒になって泣いてくれる涙もろいなっちゃんと一緒に野毛に戻り、同級生の店「はる」へ。



DSC08556.jpg

梅酒ソーダであらためて乾杯。



DSC08557.jpg


食べるラー油のかかった美味しい冷や奴や、イカ刺しを食べていると、別の同級生も仕事帰りに登場。



DSC08559.jpg


「はる」の裏メニュー、牛すじのラーメン。 あっさりスープの絶品。





「なに、カズタを見送った?

そうか。よし、療養中でも秋はバーベキューや釣りをして遊ぼうな。」


コドモを励ますように、楽しい計画を立ててくれる仲間たちの優しさが湯気にこもります。








息子は昨日無事にパリへ帰りついたと連絡がありました。

9月からまた高校も始まります。







横浜とパリ。 遠く離れる生活の中で、互いに成長して行こう。


息子が痩せないうちに、私も元気になってパリへ帰ろうと誓った夜。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 カズタくん、帰ちゃったんですね。

 ニコルも、マドレーちゃん(娘)を、見送るのはここ数年の恒例ですが、
子供の成長を願って、見送る親の気持ちは、少しはわかってると思います。

 楽しみがたくさんだから、寂しさは、沈めておきたい…けど、耐えられない
部分もあるよね…。

 
 カズタくん、次に会うときは、びっくりするくらい大きくなってる事だと思います。
楽しみにして…

 ニコルと再開も楽しみしててくださいね。
 

No title

まだまだ暑い夏、体に気を付けてください。
実保さんも、息子さんも、ガンバレ!!!
パリに帰って、また日本にいらして、セパージュをしてくださる日を
心待ちにしています。
思いがけない色々なことが、人を成長させてくれるのですね。

No title

子離れって、ボク出来るかなぁ(汗)。



出張を前に、なんとか-5キロの大台まで来てますが、この写真はキツい(笑)。
妻から「出張のためにダイエットって何かおかしいと思う。」と叱られてます。言えてる(笑)。

氷川丸だ☆マリンタワーだ\(^0^)/

ピノちゃんおはよーv-278
今日も朝からギンギラですv-323v-356

いったいつまでこんなに暑いのでしょうねv-399

つい先日目にした横浜の風景がいっぱいで、嬉しくなってしまいましたv-411
またピノちゃんとブラブラしたいです、直ぐにも横浜へ行きたいですv-398

かずた君が帰ってしまって淋しいでしょうね、いや、思い切りはねを伸ばせるv-282と、前向きに。

昨日大阪の柏原と言う所のワイナリーv-272見学に行って来ました
お話したい事が一杯ですv-432

マドレーヌちゃん

☆Nicoleさん

ニコルさんとマドレーヌちゃんの親子関係、感心して見てました。
どちらも自分の世界をしっかり持ちながらも、家族関係のバランスが良い。

今まで、日本~フランスを往復する時は、私の航空券には日付が入っていました。
息子にも「いついつには帰るからね、日本で買ってきてほしいものは何?」って聞けた。

今回は予定の立たない別離であることが、寂しく感じた大きな理由だったと思います。

ニコルさんとの再会、もちろんシャンパーニュですよね、この秋の間に必ず。






食欲旺盛

☆mihokoさん

ありがとうございます。mihokoさんの未来もいろいろ決定してきてますか?

夏にお嬢様の留学や、ご主人の転勤、いろいろ乗り越えてのこれからが楽しみですね。

まだまだ暑いけど、バテもせず元気に食べていますのでご安心くださいね。
今日は何を食べようかなって起きると考える習慣がすっかり定着しています。

お久しぶり!

おひさしぶりです。
ここ何回かPARISに行ってもMihoちゃんが日本だったり、なかなかお会いできずにいましたね。
でも時々Mihoちゃんのブログを見ては「元気だ!」と安心していました。
だから今回久しぶりにブログを開き、Mihoちゃんの激動の日本の夏を読んで、驚きました。
そしてきちんと乗り越えていくMihoちゃん、本当に素敵な女性です。
かげながら応援しています。

私も人間ドックに行きます。(伸ばし伸ばしにしていました)

ひとりだち

いよいよ、独り立ちの覚悟が決まり、歩きだしたんですね!
あちらでも、心強いサポートがあるのですね。

どんな状況にあっても、冷静に、そして果敢に対処していく
ピノちゃんの生き方を、しっかりと学ばせて頂いた夏です。

・・・・まだ、ちゃんと送り出せていない自分を、深く反省。

先日、『あ!この駅が中華街に通じる所なんだ!』と発見
させて頂きました。大、大、大好きな中国粥そしてトッピングの
油條、そこへ行けば食べられるんですね!!嬉しい~。

No title

感動の物語ですね。
息子さんの生活基盤はパリなんですね。
たくましい息子さんです。
わたしも最近末広に行ったんすが、やっぱレバーとハツは絶品でした。

ウルウル

感動です。
母の気持ちも察しますし、息子さんの気持ちも察します。 優しい息子さんで良かったですね。
末広は、野毛では有名店ですが、若竹、せき弥の焼き鳥も美味しいですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すごい減量

☆せいじさん

子離れ、ワタシは数年前までは不可能だと思っていました。

実際に今も、出来てないですが
青少年期にありがちな「親へのそっけない態度」を見ると、「じゃ、勝手にしな!」と恥ずかしながら同じレベルまで自分が落ちることも多々あり。

まだ親と手を繋ぎたがる時代は、子離れなんかしなくていいんです。

今回あれほど反抗的だった息子が、手術室に入るちょっと前だけ、私をすっぽり抱きしめてくれました。それだけで、なんだか充分でした。

東京出張の前に5キロ減量?おー、ご立派!
私は全然痩せません。入院中1.5キロ減だったのは、3日で戻りました。
今日も引き続き、増量中。

関西のワイナリー

☆ 小鞠ちゃん

柏原のワイナリー、さっき検索しました。いつか行ってみたいです!

山梨、長野だけでなく、日本中のワイナリーが今、どこも熱いですね。

治療のリズムが整って出かける時間が作れたら、どんどん国産ワインをもっと勉強したい。
日本にいるからこそ、行ける環境。

横浜の風景、私が歩くところはいつも変わらない港近辺ばかりですが、喜んでいただけて良かったです。
病院はたいてい午前中なので、これからもぶらぶらします。




人間ドック

☆yokkeiちゃん

わあ、yokkeiちゃん、ご無沙汰毎度ごめんなさい!

驚かせてごめんね。春ぐらいに、胸のしこりに気が付いて、気にしつつも検診を避けていたの。
さすがにぐんぐん育っちゃって、7月にはパリで病院に行った。

しこりがあっても、レースにも出ていたし、仕事も普通にやってたし、癌ってわかるとそのとたんに癌患者になるけど、そうじゃない限りきわめて普通だったのです。

とっても忙しいyokkeiちゃんだけど、安心を勝ち取るためにも人間ドック、ぜひ行ってね。
健康確認は、仕事への意欲も増すから大事だね。

聡子さんが手術にも来てくれたのよ。カルトナージュも頑張っていた。
横浜で一緒に会えたらいいなあ。 もうちょっと涼しくなったらぜひどうでしょう。

帰っていきました

☆mother-of-pearl さん

送りだすまでは、内心いろいろジタバタしました。
でも入院前から、友達に預かってくれるように頼んだ時点から、子離れ時間の針は動きだしました。

息子が今を楽しむ時間を優先すると、弱ってイライラする無力な自分は、少し遠巻きに見たほうが良いのだ、と割り切りました。

もちろん、ワタシ以外のオトナがかかわってくれているからこその安心感もあり。

横浜・中華街、美味しい路地がたくさんあります。
ぜひ「近いアジア旅行」にぶらり、またお越しください。

極上のレバー

☆てきとー日記主人さま

ありがとうございます。てきとーさんもご次男くんと最高の夏を伊豆で過ごしておられましたね。アクティブなお父さん、かっこいいです。

息子は日本も大好きなんですが、生まれたパリの空気もおそらく気にいっているのだと思います。
「コンビニも自販機もないしなあ~」って呟きながら帰りましたけど。

末広、ハツも美味しいんですね、食べ損ねました。ネギまばっかり息子がおかわりしてました。

焼き鳥御三家

☆よしこさん

昨日は働く姿を通りがかりに覗かせていただき、ありがとうございました。

息子はちょっとずつ亀の歩みで成長してくれればいいと思っています。
これだけ離れると、私がどんなにあせってもどうしようもないことも多いので、しばし傍観。

野毛の焼き鳥、どこの暖簾からも良い香りが漂っていますね。
教えていただいた店も、これから行ってみたいです。

必ずや。

☆鍵コメ JURAさん

わ~~~、いつも遠くから手を振る関係で、私もちゃんと至近距離で素敵なJURAさんとお友達になりたいです!

ご心配かけてすみません。パリ~日本、遠距離電話で理子ちゃんにはずいぶんびーびー泣きつきましたが、ようやく手術も終わって次の治療のスケジュールが出るまでの安息期間です。

マラソンは、気持ちが萎えたらゴール目指せないですよね。私の癌マラソンは、できれば長距離になりたくないけど、かなりの年月、おつきあいすることになると思います。

その中で、出来ることはどんどん復帰して、レースゴール後の「生きている感激」をまた味わいたい。走れなくても、応援に沿道に立つだけでも行きたい。

パリに戻ってJURAさんと会って、いつの日か同じスタートを楽しみに頑張ります。

応援します。

ピノさん、お元気そうなお顔を拝見出来て本当に嬉しいです。
美味しいものもお酒も楽しまれているようで
元通りの元気いっぱいのピノさんに戻るまでもうすぐですよね。

カズタくん、振り返らなかったのではなく
振り返れなかったのではないでしょうか。
泣いているピノさんを背中に感じて、振り返ったらカズタくん自身も
泣いてしまうと思ったのではないかな、と読みながら思っていました。
カズタくんの中でもいろいろと不安はあるでしょうけど
自分が前を向いて頑張ることが、ピノさんの為になると
そう感じているのだと思います。
お二人の新しいスタート、全力で応援します。
こちらで何かお手伝い出来ることがあれば、なんなりとおっしゃってくださいね。

そうかも知れません。

☆Y子ちゃん

カズタが振り返ることが出来なかった・・・うーん、そうであるような、そうでもないような。
預かってもらった友人家族には、カズタの4つ上の大学生のお兄ちゃんも居て、カズタはこの夏最後の10日間をとっても楽しんで過ごすことが出来ました。

パリのカルフールやモノプリで、お惣菜やサンドイッチを買っているカズタを見つけたら、声をかけてやってください。
あの子は、マックもケンタッキーもひぐまも大好きなので、適当に食べて生きていると思います♪
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク