酒の細道

DSC08627.jpg

「ワインをお休みしている間、調子がよければ日本酒でもどうでしょう」


嬉しいお誘いをいただき、いそいそと出かける土曜日の夜。


日本酒の図書館。 そんな気持ちで眺めるカウンター。


DSC08614.jpg

まずはビールでSさんと乾杯! 日本酒・焼酎・ウイスキー、国産ワインの分野の師匠。



DSC08615.jpg


美味しいお豆腐とウニ、本わさびのお通し。


DSC08619.jpg


大将に近況報告をしたところ、

「じゃあ、お見舞いにふさわしいお酒をサービスしましょう」と注いでくださったのが、これ。


亀齢・・・キレイ、と読みます。


「亀のように長生きしてね、大丈夫、鶴より亀より長生き出来ますよ。」



DSC08616.jpg

夏のスタミナ源、「うなぎの肝」。


こんなにたくさんの肝を一度にいただいたのは初めてです。



DSC08622.jpg

カウンターの常連さんは、みなさんおひとりでいらして、渋く日本酒と向き合っておられます。

どれをいただいたらいいのか、まったく選べない私にアドバイスを下さいます。




DSC08617.jpg


シンコや牡蠣の握りの他にも、こうして沢山いただきます。


DSC08623.jpg


酒米の種類、杜氏のお話、近年の酒蔵の傾向など、本やインターネットでは得ることのできない生の情報を教えていただきながら。






DSC08624.jpg

日本酒の名前は、漢字にも想いが込められていて、惚れぼれします。




DSC08625.jpg


元気に泳ぐ姿が目に浮かぶ鰹。



DSC08628.jpg

大きなグラスではなく小さなカットグラスでもいただけるところが幸せ。




DSC08629.jpg


表面張力ギリギリに注いでいただき、口をグラスへ持って行ってすすります!

「一滴入魂」、磯自慢の大吟醸。




DSC08626.jpg


穴子の湯引きをさっぱりとポン酢で。


ふっくらタレの穴子も良いけれど、これも最高のアテですね。


DSC08631.jpg


「凱陣」・・・ガイジンと読む勇ましい名前のお酒。




DSC08632.jpg


山東京伝の洒落本や浮世絵、江戸文化についてなど、日本酒を飲みながら耳にするオトナの会話は

無粋な私にも夢心地。





一扇の大将


優しさにあふれた大将は茨城のご出身。

横浜・鶴ヶ峰のお店から、南区へ場所を移して6年。



「自分のやりたい店をやるために、酒を選び、魚を仕込む。

人生はね、全部、いいご縁から繋がっていくんですよ。」



DSC08634.jpg

「口がさっぱりするからね」と巻いてくださったのは、エシャロット。







両手で大将と握手して、常連さんに見送られ、ゆっくりと歩いて帰ります。




葡萄もワインも。


お米も日本酒も。



「酒味」とも書ける「趣味」の世界は行き止まりがありません。









気持ちがほぐれた酔いの中、丸い月が柔らかく光っていました。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

朝からうっとり・・・o(^-^)o

ピノちゃんおはようございまーすv-481

凄い銘酒の数々に朝からちょっと一杯の気分v-402
“まつもと”があるのが嬉しいですv-432

ピノちゃん、どこかで巡り合う機会がありましたら“奥播磨”と言うお酒v-305も飲んでみて下さいねv-339

ピノちゃん、私のv-16例のリストv-295にまた一軒お店が増えましたv-441

既に半分“千鳥足”

ピノミホさん、

~~~ 名酒銘酒の数々を見ただけで、下戸の僕はもう半分“千鳥足。”
“千鳥足”というのは、やっぱりお酒でなければピッタリきませんね。ワインだとなんだか着物でハイヒールを履いている女性を見ている感じでどうもいただけません。(スミマセン)

下戸のヌマサンがピノミホさんに一つ質問。
なぜワインがお休みなのに、日本酒はお休みしなくともいいのですか?
日本酒の方が、体内消毒の利きめが強いのかな?赤ワインにはポリフェノールとかいう成分があって身体の為には良いときいているのだけれど、日本酒にはもっと強力な有効成分があるのかな?

飛ばしすぎないように!

ロスのヌマサン

No title

ワインお休みして、日本酒8杯・・・スゴイ!
これってmihoの適量??
どれもみんな美味しそうで飲んでみたいけど、
きっと、帰る頃には何の記憶も残ってないなっ・・・。
今度、日本酒の飲み方も教えてね。

朝っぱらから酔わせていただきました

みほさん、お元気そうで嬉しいです。一杯飲んで食べて、レポートしてください。みほさんのルポ、文章も写真も本当に美味しそうで、こちらまでカウンターにお邪魔した気持ちにしていただいています。

パリに昨日、戻ってきました。田舎に行っておりましたが、そちらではワイン用ではないのですが葡萄が実っていましたので、そのうち写真をお送りいたしますね。

日本酒、美味しいですよね。私は後に残ってしまうのでめったに飲みませんが、こうして写真を見ていると冷のきりっとした味わいをおもいだします。

No title

た~っぷり 食べて飲んで療養している様子に安心しています。
流石はみほちゃん!!
日本酒も奥が深そうですね~
山梨の「谷櫻」を飲んだ事ありますか?
田舎の素朴なお酒ですが・・・機会があったらお試しください。

みほちゃん ネコのように気ままにのんびりゆ~っくりね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

奥播磨

☆小鞠ちゃん

日本酒通の小鞠ちゃんなら、このお店は最高に楽しめると思います。

ズブの素人の私でも、お酒に使われるお米の名前から覚えよう!と気合が入り、
danchuのバックナンバーの日本酒特集を買ったところ。

「奥播磨」ですね、出会いがあれば必ずいただいてみます!

完全休業ではなく。

☆ロスのヌマさん

すみません、書き方が間違ってました!
「ワインの(仕事)は休業中ですが」という意味なのです、仕事はお休みしていても
ほぼ毎日、ワインはいただき続けています。

ワインも日本酒も、私には点滴以上に効きます。

今日も通院してきましたが、精神的にリラックスしている状態がカラダにも良い効果をもたらしていました。

以前のように翌日二日酔いになるほどのムチャ飲みは決してしませんが、投薬や放射線の前に、余力を蓄えておきますー。

適量超過

☆diaidianちゃん

違うのよー、確かに5杯ぐらいは飲んだかも知れないけど、8杯は飲んでない。

大喜びして飲んでると、大将も周りのお客様も「じゃあ、これも一口!」って勧めてくださるの。
そういう一升瓶を写真だけ撮らせていただいた分もある、(はず)。

私よりよっぽど酒飲みのdiadianちゃんに、私が日本酒の飲み方を教えるなんてとんでもないわ。 このお店は、あなたの実家までも歩いて帰れるから。

いつか並んで飲もうね、パパ、日本酒好きなら一緒に誘おう。

朝っぱらから、すみません。

☆LazyElephant さん

フランスの葡萄の写真、楽しみにしてます、ぜひ見せてくださーい!

日本酒、私も飲み過ぎて翌日ぐったりすることが多かったのですが、こちらでいただいた日本酒は次の日に残らないのです。

不思議ですね、綺麗なお酒、味わい深いお酒、お米の香りが素直に漂うようなお酒、いろいろあって本当に面白い。 極上のお刺身とピッタリという点も泣かせます。



谷櫻

☆ROOちゃん

はい、ネコのように丸まって、お昼寝も毎日たっぷりしていますよ、アリガトウ。

山梨の「谷櫻」ですか、飲んだことないです。
ROOちゃんのオススメとあらば、ぜひ飲みたい。 入手困難な幻のお酒かしら。
調べてみます!

ランチ計画

☆鍵コメ yokkeiちゃん

メールは受け取れていません、私からもメールします!

忙しい中、出てきてもらえるならぜひランチ、楽しみにしてます。

No title

「酒のほそ道」を読むと、いつも飲みたくなるのであれはいけません(笑)。




私もいつかミホさんと日本酒飲みたいです~。

完全休業ではなく

ピノミホさん、

でしょうねえ。どうもおかしいと思ってたんですよ。これですっきり。

ワインも日本酒も点滴以上に効くのであれば、「どんどん飲みねえ食いねえ」と言いたいとこですが、腹も身の内 + 肝臓のほうにも充分気を付けてください。

あーぁ飲める人が羨ましい。

ロスのヌマサン

No title

凄いお店ですね。日本酒もワインと同じで奥が深そうです。
キレイとやたら美味そうな鰹と鶴ヶ峰が印象に残りました。
ワインがある程度かたずいたら、日本酒にも足を踏み入れたいと思います。

同感です。

☆せいじさん

私もせいじさんと一緒に、ワインも日本酒もどっちも飲みたいです!

治療の方向性が見えてきて、今よりも頻繁に日本とフランスを往復することになりますので、身軽に米子へ飛びますね。

もうすぐラジオ番組の収録ですね、頑張ってください♪
横浜で聴けないのが残念すぎます。

ほどよく。

☆ロスのヌマさん

はい、以前よりも酒量、ちゃんと減らして、翌日に残るほど飲まないで何軒もハシゴしない。そう肝にめいじております。

ヌマさんはたくさんお飲みにならなくても、とっても楽しい飲み手ですから。ワイングラスを持つ手もキマってますしね。

ヤスコさんのお作りになるおつまみも最高だし。
大きなプリンも懐かしいです。

同時並行で。

☆てきとー日記主人さま

フランスに居ると、滅多に日本酒を口に出来ないのですが
今回、こちらで銘酒をいただき、昨日もつい日本酒に関する本を買ってしまいました。

てきとーさんはビールもウイスキーも詳しいし、日本酒もワインも制覇したら間違いなくカラダ壊しそうですから気をつけてくださいね♪

ビール工場見学にも行きたいなあと最近思っています。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク