丘の上の夜風

DSC08720.jpg


冷房の効いた中で飲んでばかりの昨今、そろそろ9月の風の中で飲んでみましょう。


港の見える丘、外人墓地が目の前の山手十番館へ。





DSC08719.jpg


日中はレストラン、ティーサロンとして人気スポット。

真夏の夜はビアガーデンになっています。



DSC08718.jpg



外人墓地の墓標は、日本の墓石と違ってカタチがさまざま。

中学2年生の頃、見た映画「キャリー」のラストを彷彿させるような。



DSC08721.jpg


バーベキューセットもテーブルごとに貸し出しアリ。




DSC08733.jpg


生ビール(中)とチキンスモークサラダでSちゃんと乾杯!



DSC08726.jpg

ビールと言えば、ソーセージ盛り合わせとフライドポテトも欠かせない。



DSC08737.jpg

ペットも入場可なので、ワンコ連れのグループも宴会中。



DSC08743.jpg


ビールはすぐにおなかが膨れます。 坂を下って元町に向かう途中、道路わきに居た美猫。




DSC08746.jpg


元町プールのそばの道を抜けると、御馴染のワインバー。

久しぶりの訪問ですが、中からソムリエの橋端さんとユキコちゃんがすぐに気が付いて下さいました。




DSC08748.jpg


「ミホさん、ブログ見てますよ。カラダ、大丈夫なんですか」

「うん、今も上のビアガーデンで飲んできたの」


シャンパンであらためて乾杯!



DSC08753.jpg

最近変わったシェフの作るお料理は、イタリアン&フレンチの融合。

お勧めのパテをいただいてみましたが、このボリューム、お味に大感激。


今度はきちんとおなかをすかせて、フルコースディナーをいただきに伺います。



DSC08751.jpg

グラスワインを何杯か。

左は「白いうさぎ」という名のボジョレー・ブラン。 品種はシャルドネ。

右はオーストリアのグルーナー・フェルトリナー種。 どちらも抜群!



DSC08755.jpg

穴子のポアレ ガスパッチョソース。

カリカリと焼かれた穴子、夏野菜の旨味が詰まった爽やかなソースでほろ苦い白ワインとピッタリ。



DSC08758.jpg

赤ワインもグラスでいただこうかしら、とお願いすると、橋端さんが見せてくださったボトル。

ブルゴーニュ・ヴォルネイ・サントノ。1級畑の1987年。


「これをグラスで?」と驚く私に

「いいんですよ。試飲してみようと思ったのですから。あけてみましょう。」



美しい所作で23年前の時間を呼び戻して、グラスにゆっくりと注がれ。

1987年は、私が社会人になった年。 




橋端ソムリエのお気持ちがいつまでもグラスから立ち上り続けます。

プロの仕事の心配り。印象的なソムリエの絶対的存在が優雅な時間を生み出すのです。




DSC08762.jpg


チーズをつまみながら、長い夏の夜はふけていきます。








退院から2週間、毎日毎晩、笑って過ごしてきました。


今日から、違う病院で放射線治療が始まります。






未来に起こる予想できないことを恐れながら、小さく生きるよりも

自然治癒力を信じて、今できることを最大に楽しみたい。






今週も暑くなりそうな横浜。

パリの皆さん、世界中の皆さん、日本全国の皆さん、どうか長い残暑もお元気で。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょっと怖かった。。。

ピノちゃんこんばんはv-483

今宵も素適v-352な夜でございますねv-441

パテが凄~く美味しそうv-411
そして1987のブブルゴーニュv-272に溜息v-398
v-16の1987年頃って、人生で一番アルコールに強かった頃だったかも
ウワバミかザルと呼ばれていたような記憶が。。。v-396

本当にまだまだ暑い日v-278v-323が続きます、
ピノちゃんもどうぞ御身御自愛v-351下さいませ。

No title

mihoさん♪
退院してから今日まで、あふれるほどのパワーを
私たちに届けてくださいましたね~^^
よく食べて飲んで、よく笑って、、またご自身にも明日からの治療に
耐えられるチカラをしっかり蓄えて。
その調子で
悪いヤツは立ち入り禁止。やっつけちゃいましょう!

アナゴのポワレ・・・美味しそう~ 和のイメージでしたが
白ワインにピッタリな味なんだろうなぁ~ じゅるっ。

No title

こんばんわ。
警友病院で治療されるのですね。
今はきれいになっていると思いますが、私たちの引っ越しに伴って、
19年前、まだちょっとボロッちかった病院に、
頭を下げ、やっとのことで父を神奈川中央部の病院から転院させました。
当時転院するのはもうお医者様とケンカして、追い出されるような形でした。
一日おきに泊まり込んで、懐かしいです。
そして山手十番館。その頃はフランス料理などを出していたような記憶があります。
父が好きだったので、5年祭(うちは神道なので、ちょっと普通と違うのです)の法事を
ここでやりました。
横浜、ゆっくり歩きたいです。みほさんの写真を見ても、文明開化の匂いがします。
とにかく体を大事にして下さい。
アルコールは、実保さんにとっては大事なお薬ですね。

No title

ビアガーデン、昔はよく行ったけど。
山手十番館のお庭で景色を眺めながらのビールはさぞかし・・・☆
お皿も昔から変わらない?(ガス灯の。。。)
ワタシなんてついこの前、papaに連れられ、夕方家族全員で川崎モアーズの屋上へ。
厚い雲がかかっていても、蒸し暑くて・・・飲む気にも食べる気にもなれず・・・
アナゴといったら、白焼き・天ぷら・甘いたればかりで^^;
ツヤツヤしたアナゴ、美味しそうだわっ♡

特効薬

☆鍵コメ akikoちゃん

おじいちゃまのお話、素敵ね。
ウチの亡くなった祖母も晩酌大好きな強烈なおばあちゃんで、
「飲んでなおすわ~」っていつも言っていた。

今日は九州のほうの台風の影響で横浜も風が強めでした。
でも、やっぱり熱風だわ。

パリのひんやりした9月の風を想像しつつ、横浜暮らしを楽しみます。

怖い時期

☆小鞠ちゃん

今でも充分に強い小鞠ちゃんがもっとお酒に強い時期って・・・!
想像できないですねー、今度じっくり当時のお話も聞かせてください。

私は1987年頃はワインはほとんど飲んでいなかったかも。
チューハイやらビールやら、軽い泡やカクテル系を飲んでいたように
思います。

就職した年をいろいろ思いだすと感慨ぶかくて、この日も一口飲みながらじわ~っと泣きそうでした。

夏から秋へ。

☆yukapiちゃん

7月からご心配かけどおしでスミマセン。
おかげさまで、傷もバッチリくっついて次の治療に進みます。

最新医学も素晴らしいし、精神力も今、食欲と比例してぐぐっと強まっている時なので、必ずいい結果になると思っています。

もうちょっと涼しくなったら川崎にも出て行きますから、「旭屋」のカウンターで一緒に飲みましょう。



思い出の病院

☆mihokoさん

お父様も「けいゆう病院」と関係があったのですね。
今は、近代的で新しい高層病院になりましたが、私ももちろん、昔の古い、別の場所にあった時代から知っています。

5歳ぐらいの時、大きな魚の骨がのどにささり取れなくなって、祖母が私を抱えてタクシーに乗ってこの病院に駆け込んだ思い出も。

山手十番館。確かに文明開化ですね。
馬車道十番館も御存じですか?そこもとってもいい雰囲気。
今度、ぜひお茶しましょう。そして、その後は野毛で飲みでしょう!

ビアガーデン

☆diadianちゃん

久しぶりにビアガーデンって行ったのよ。昔は氷川丸とか、横浜駅西口の上とか、ニチイ?の上とかね。
川崎モアーズの上?へー、家族みんなで出かけるところが微笑ましいわ。
diadianちゃんちは眺めもいいから、家で飲むビールが一番美味しいのではないかしら。

まだまだビールが美味しい季節が続きそうだね。



プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク