ゆりかごのぬくもり

DSC00691.jpg


秋色の横浜へ、遠く福岡から会いに来てくれた大切な友人とのランチ。


約束の時間が待ち切れずに、少し早めに元町に向かった土曜日。




DSC00649.jpg


CRADLE=ゆりかご、の名を持つ小さなレストラン。

エントランスにはフランスの三色旗。自由・平等・博愛。


DSC00654.jpg

手書きの黒板や、

DSC00657.jpg

変わったかぼちゃが飾られて、


DSC00658.jpg

1階のバーカウンターの横に、



DSC00659.jpg

窓辺の特等席のテーブルが。



DSC00661_20101024175534.jpg

NicoleさんことN子さん、ご主人のI氏、A美さん、ワタシでカンパイ!!!



DSC00666.jpg


今日は極上のシャンパーニュを2本、N子さんが大事に福岡から抱えてきてくださいました。


まずは、コート・ド・ブランのグランクリュ、ブランドブラン。

1732年から続く名門、アンリ・ド・ヴォージャンシーの特別キュベ。

「デ・ザムルー」=恋人たち、という名前のついたエレガントな1本。





DSC00668.jpg


「シャンパーニュを持って横浜に必ず行くから、しっかり戦って」。


フランスから帰国して、薬剤師さんの仕事に復帰したN子さんは私の病をひたすら案じて
こんな言葉を夏に送ってくださっていました。



DSC00671.jpg


前菜はホタテと海老のにんじんのピュレとコンソメジュレがけ。


きらきら光るシャンパーニュの泡と共にいただく幸せ。


DSC00675.jpg


お魚料理は 牡蠣とキノコのグラタン。 

海と山の美味しさがこの一皿に、こんがりと。



DSC00678_20101024175639.jpg


あっと言う間に1本は空いてしまい、次のカンパイも勢い良く!




Barons1.jpg


バロン・ド・ロートシルト。 

言葉に出来ない、崇高なバランス。 

何もかも泡に溶けて昇華していくかのような夢心地。



この写真はN子さんが撮ってくださいました。 背景にひたすら楽しそうなワタシが居ます。



DSC00684_20101024175638.jpg


海老蔵さんの結婚式でもふるまわれたこのシャンパーニュ。

シャルドネ50%、ピノノワールとピノムニエを合わせて50%。



DSC00682_20101024175639.jpg


仔羊のローストは、1時間オーブンでじっくりと火を入れられ、ロゼ色の柔らかい肉質が最高。



DSC00685_20101024175638.jpg


デザートは、ガトーショコラと栗のタルト。




井手夫妻と明美さんとミホ


気が付けば、あっという間の2時間半。


お店の前で、記念撮影。



クレイドルスタッフと


クレイドルのユキコちゃん&ソムリエ橋端氏も加わって、記念撮影は続きます。


ランチもディナーも、このお店は本当に気持ちのいい丁寧な接客をしてくださいます。



DSC00690.jpg


ホテルで荷物をピックアップした後、大桟橋のバス停へお見送り。

N子さん&I氏は羽田から福岡へお帰りです。




バスに乗り込む井手



乗り込む御夫妻は終始笑顔。


走り去るバスを見送りながら、A美さんと一緒に手を振り、寂しい気持ちがこみあげて涙。










生きざまは顔に出る。

鏡に向かって一人作る表情と、人に対する自然な一瞬は違う。





大らかな南国の風のような笑顔を持つ人々と重ね合うグラス。


迷いや苦さを振り切る時間をありがとうございました。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おおおおおぉぉぉ\(^0^)/

ピノちゃんこんばんはv-483

ここはv-363ここはv-363v-363
昨年の夏v-323にピノちゃんに連れて行って頂いた所でございますねv-354
あの楽しかったv-339時間とオーバーラップして、
私もなんだかうるうるv-409しちゃいました。

そしてシャンパンv-314v-272の素晴らしい事v-424
名前だけは知っていますが、飲む機会などとても無さそうv-404
でも素適な写真を拝見してシュワ-シュワー気分v-411

No title

ミホ先生

  素敵なランチに、シャンパーニュを4人で2本。ホントに楽しくて幸せな時間でした。


  ウキウキでシャンパーニュを選び、なるべく振動しないようにレストランへ。
  抜栓されて、ミホ先生のテイスティング…先生の笑顔までのドキドキ。。。

  すべてが、私の喜びでした。


  パリのセパージュへ私を連れていって下さったA美さんともご一緒できて、
  両手に花どころか美女3人にかこまれても物おじしないI氏(笑)と一緒。

  こんな機会を持てたことに、感謝です。

  そして、『CEPAGE JAPON 福岡』も遠くないと確信して、岐路についたNicoleです。


  ミホ先生の頑張りに負けないように過ごしていきたいと思ってます。


  また、美味しいシャンパーニュ飲みましょうね!

  

ご一緒した場所

☆小鞠ちゃん

こんにちは。今日の横浜は雨で、とっても寒いです。

このお店、そうですね、小鞠ちゃん、かづちゃん、BIRDちゃんと一緒いランチしたあのテーブルです。

あの日も元気に飲みましたが、この日も盛り上がりました。

いろいろご一緒したいお店、横浜でたくさんあります。
神戸にもまたいつか飛んでいきますね。

あらためて。

☆Nicoleさん

究極の時間、本当にありがとうございました。

「行くね、行くね、シャンパン持って。」を、本当にこの時期に実現させてくださったこと、この先私の胸の火傷の色が薄くなってもずっと忘れません。

Nicoleさんも、A美さんも、いつお会いしても必ず笑顔。
今回はI氏にまでお会いできて、楽しさも膨らみました。

福岡に行って屋台に連れて行っていただき、酔っぱらう自分をイメージしながらこれからもどんどん元気になっていきたいです。

Nicoleさんもワインの勉強頑張ってください。強力に応援してます!

No title

 良いですね…屋台。
 ビール、日本酒、焼酎はもちろん、行ったことはないですが、ワインやカクテル専門の
屋台もあります。
 私も、楽しみです。思い切り酔っ払っちゃってください。

 冬なら、牡蠣小屋もありますが、横浜にも、アリでしょうか??


 ワインの勉強、頑張ります。ミホ先生の強力なエールを胸に…
 かなりお歳で、記憶力の低下が気になるこの頃ではありますが。
 

牡蠣屋台

☆Nicoleさん

牡蠣屋台ですって!横浜には無いです。
横浜で行ったことがある屋台はおでんか、焼きものか・・・

ワインのある屋台も?さすが福岡。

どの季節も良さそうですね、わくわくしてきました。
まずは「るるぶ」でも買って、観光チェックもしておきます。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク