秋の伊豆半島へ 其の参 ~堂ヶ島・天窓洞

DSC01259.jpg


下田の朝は、パワフルな陽射しが差し込み南国気分満点。


朝食の前にテラスへ降り、ホテルの真下の入江まで散歩に出かけることにしました。




DSC01279_20101108160156.jpg


天使たちの舟遊び場にふさわしい清らかな水面。

しばらく動けませんでした。

きっとこの先も良いことが起こる気がして。




DSC01281_20101108160155.jpg


ホテルへ戻り、



DSC01280_20101108160155.jpg


伊豆の幸バイキングの朝食をモリモリいただきました。


鯵の干物やあさりのお味噌汁、しらすおろし。 日本の朝食は本当にステキ。



DSC01283_20101108161532.jpg

ホテルを出て、西伊豆方面へ。


岩地海岸は夏の賑わいが去って静けさが戻っていました。



DSC01285_20101108161532.jpg


名勝堂ヶ島に到着。

「最高の観光日和ですね」

青い空にあらためて感謝しながら・・・


DSC01284_20101108161532.jpg

船乗り場へわくわく向かいます。



DSC01314.jpg

この船の最後尾のデッキに陣取って、


DSC01290.jpg

沖合へ30分間のクルーズに出発!!!


DSC01292.jpg

風も暖かく、気温も高め。

「ワタクシ、晴れ女なんです」



DSC01297.jpg

天然記念物「天窓洞」の入り口が見えてきました。



DSC01296.jpg

船は周りこんで、岩肌の間をすりぬけるように進み、


DSC01301_20101108162055.jpg

ギリギリのところをゆっくり通過して・・・


洞窟の暗い内部へ。


DSC01300.jpg

暗闇の中に、ほのかな明かりが見え始め、



DSC01303.jpg

エメラルドの輝きの真上には、


DSC01302.jpg


ぽっかりと洞窟に大きな窓が開いているのです。



抜けられないトンネルに迷い込んだ人生でも、必ず出口があり。

洞窟の先にも光がさす場所がある。


迷いや恐れを抱えて動かなければ、八方ふさがり。


先へ、先へ。



DSC01316.jpg
  

しみじみ感慨にふけっていたら、ちょうどおなかもすきました。


お昼は西伊豆名物の小鯵寿司をいただけることに。



DSC01317_20101108162155.jpg

期待いっぱいで、引き戸をひいて、

DSC01318.jpg

メニューも年季が入ってます。


DSC01323.jpg

新鮮な小鯵が、しぶ柿エキスが隠し味のシャリで握られ。

「ネギとショウガにお醤油を少しつけて、また乗せて食べてね」

優しい店員さんが教えて下さいます。



DSC01324.jpg

カサゴのお味噌汁も、どーんと。

伊豆の海を飲み干す気持ちで、最後までお椀を離せない。



DSC01329.jpg

東京方面に向かう途中、

「前日のところてん、本当に美味しかったですね」の話になり、寄り道。



DSC01331.jpg

するすると食べながら、心を太くして。


DSC01327.jpg


富士山が、天空に山頂だけ浮かんでいるように見えました。





「写真は、この世で一番短い詩なのかも知れない。」


「山登りのコツ、知ってる? あえて1歩をゆっくり出すことね。

 それが疲れないで先へ進んでいく秘訣。」


「人は弱った時にこそ、真価が問われるんだよ。

 なげやりにならず、わがままにならず、病気のせいにしなければ、大丈夫。」








さまざまな世界で生きる人生の先輩がかけてくださる言葉。


1泊2日、伊豆満喫の旅。 仕事に関係のない私を誘ってくださってありがとうございました。





これからの航海も恐れずに漕ぎだせる、忘れ得ぬ時間になりました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あ。。。(@.@)

ピノちゃんおはよーv-496

堂ヶ島だぁv-363v-363
私この堂ヶ島遊覧e-3792回挑戦して2回とも波が高くてv-466船が出ませんでしたv-404
やっぱり素適な所ですねv-354
3度目の正直に挑戦しなくちゃv-411

新鮮な海の幸満喫と楽しい時間満喫で免疫力v-91UPですねv-432

栄養

心にも体にもたくさんの栄養を蓄えられた素敵なご旅行でしたね。
私も一緒に楽しませていただきました。
どんな景色も、どんな言葉も、素直に受けとめるピノさんの心に沁み込んで
すべてがピノさんのエネルギーに変わっていきますね。
頑張ってください。

No title

ムムッ!  写真の腕が上がっている!v-391
とくに最初の二枚が好きです、   
たしかに言葉のいらない世界を感じさせてくれます。

これは 写真も頑張らんと置いて行かれそうだなぁ~(汗

ピノミホさんへ
初めまして。1年前ぐらいからのファンです。

伊豆の海の写真(其の一の入り江が特に!)が本当に見ているだけで心が浄化されていくようで、思わずコメントさせていただきました。いい旅をされたのが伝わってきます。

横浜在住なので、ワインの会に是非参加させていただきたいと思ってます☆

遊覧船

☆小鞠ちゃん

私も以前、堂ヶ島でこの観光船が強風で出航せずだったこと、経験してます。
その時は、天窓洞、徒歩で少しだけ見たのです。

船で見ると楽しみが100倍増しますからぜひ次回は。

大切な栄養

☆Y子ちゃん

日本療養記になるはずが、日本満喫記になっています。
全て、誘ってくれる皆さんのおかげです。

あせっている時やイライラしている時は、耳もふさがってしまいがち。
大切なことがちゃんと聞こえるように、ゆとりを持って暮らしていたいと思いました。

日本で聞いた、響いた言葉、パリに戻ったら飲みながらお話しますね。
私のパリの栄養であるY子ちゃんの笑顔、楽しみに帰ります。

写真の楽しさ

☆いその爺さん

写真の腕ですか?アハハハ、伊豆はどこを見ても美しい眺めなのでコンデジでも楽しいかったです。 逆光にあえて撮るというテクも覚えました♪

いその爺さんのようにお花を優しく撮るテクニックも学びたいと思ってます。
が、まだまだ遠い、遠い。まずは、お散歩スナップで頑張ります。

嬉しいです

☆ likisuke さん

はじめまして、とっても嬉しいコメントありがとうございます。
「ファン」なんて言っていただけて、ドキドキします♪

likisuke さんのブログも先ほど拝見しました。
優しいタッチの美味しそうな記事がたくさん載っていて参考になります。
横浜マラソンも走られるんですね。私もいつか出てみたいとずっと思ってます。頑張って爽やかに走り切ってくださいね、応援してます!

日本でのCEPAGEは次回、1月2月を予定しております。
お会いするのを楽しみに、ご参加お待ちしてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク