黄色の葉がゆれる道

DSC01366_20101109191751.jpg


横浜スタジアムから海岸通り方面へ、日本大通りのイチョウは黄色のパレットに変化中。



DSC01356_20101109191752.jpg


APECの厳戒体制で、今、横浜は世界一安全な場所なのかも知れません。


DSC01384.jpg

空気が爽やかな日曜日の午前中、家から2キロ歩いて大桟橋のそばの横浜開港資料館へ。


DSC01385.jpg

1931年に造られた元イギリス総領事館の建物。


DSC01382.jpg

中庭にある「玉楠の木」。

1854年ペリー上陸時を描いた絵の中にも存在する、横浜の歴史をずっと見てきた名木。


DSC01379.jpg

日本の文明開化の中で、横浜が最初のものはたくさんあります。

共用水道せんや、


DSC01380.jpg

ガス灯も横浜から。 

1872年に中区花咲町あたりにガス工場が作られました。



DSC01381.jpg

この日の来館目的は、これ。

「ときめきのイセザキ140年」展。


懐かしい写真もたくさん展示されていました。

亡くなった祖母との散歩を思い出し、しばし幼少期に戻った時間。




DSC01393.jpg


大桟橋付近のバス停に、なにげなく置かれていた椅子。 



DSC01404.jpg


バラの庭園もある山下公園へ。


DSC01399.jpg


赤い靴の女の子の像。


DSC01397.jpg

後ろ姿もキュート。 一緒に並んで海を眺めて見る。


DSC01402.jpg

かもめの水兵さんの碑もあり。



DSC01412_20101110110325.jpg


ソフトクリームの屋台が出て、昔ながらの白衣のおばあちゃんの姿も。



DSC01414.jpg

マリンタワーもイチョウと並んで。



DSC01417.jpg

人形博物館に繋がるポーリン橋からの眺め。



DSC01418.jpg

銀杏の実が、いっぱい。

焼鳥屋に行きたくなります。



DSC01419.jpg


青い目の人形、ポーリンちゃんの像。

♪青い目をしたお人形は アメリカ生まれのセルロイド♪ 



DSC01420.jpg


元町の仲通りの小さなフレンチレストランで、Kちゃんとランチ。



DSC01423_20101110110943.jpg


お昼なので軽く白を。。。と言いながら2杯。



DSC01425.jpg

ピクルスをつまみながら、おしゃべり。


DSC01424.jpg

前菜の盛り合わせ。

アスパラのムースや、キッシュ・・・



DSC01428_20101110111617.jpg

そば粉のクレープや、


DSC01430.jpg

チキンのテリーヌ 粒マスタードソース。



DSC01432_20101110111617.jpg


お皿の上の花火のようなデザートをいただき、


DSC01433.jpg


紅茶と小さなメレンゲでおなかいっぱい。


この日は夜もおでかけの予定があったので、午後は帰宅してお昼寝休息。

体調を整えながら、穏やかに暮らす日々。










昨日、火曜日にホルモン療法のお腹への注射と、経口投薬が始まりました。

副作用は、現在の時点で予想の範囲内、大丈夫です。




予定通り来週には帰国し、仕事もすぐに再開です。

気持ちを落とすことなく、このまま来週の帰国前日の検査まで静養します。


たくさんの応援、ご心配本当にありがとうございます。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

  ブログが更新されて、副作用、ないはずはないけど、許容範囲内!!
と、ほっとしたNicoleです。

  服用方法を工夫するとか(抗がん剤に精通した薬剤師さんに相談~Nicoleは残念ながら対象外です)
投与法に工夫するとか、薬を変更するとか…対処の仕方はあるはずなので。。。

  などなど、考えておりましたが、大丈夫そう。
  取り越し苦労でよかったです。

  フランスへの帰国、間近になりましたね。
  パリのセパージュで、ぜひお会いしたいと思ってます!


 
  

おかげさまです

☆Nicole さん

はい、次の治療に進めました。その前の晩はあれこれ考えましたが、やってみると不思議なぐらい大丈夫でした。

先生とおしゃべりしている間に注射も終わっていたし、薬も一日1錠なので、今から少しずつ時間をずらして飲んで一番仕事に問題の無い飲み方を研究してもいいと言っていただき、
がちがちの苦しい治療とは違って安堵感が大きかったです。

ホルモン治療の最大の敵は気持ちの落ち込みだということなので、面白い人生がまだまだ待っているのだ、と思いこんで笑っておきます。

パリでお待ちしてますね。ノエルの時期、いらっしゃいますか♪

日本の港に着いた時~♪

ピノちゃんこんばんはv-483

横浜は歌いたくなるv-341スポットがいっぱいだぁv-411

蔦や銀杏がぼちぼち紅葉し始めてv-34v-35秋でございますねv-339

治療v-74新しい段階へ順調に推移して、本当に良かったです。
そして、予定通りパリv-498へ帰れるのですねv-354
頑張ったピノちゃんになによりのご褒美v-432
でもまだまだ頑張り過ぎないよう、パリv-498でもゆっくりノンビリねv-472

良かったです。

来週パリに帰国なさるのですね。
おめでとうございます。 本当に本当に良かったです。
夏にブログを見てから、ずっとなんだかドキドキしていました。
まだ治療は続くのでしょうし、お仕事に慣れるまで、体調も変わると思いますが、
実保さんなら大丈夫!!!
パリのセパージュの様子楽しみにしています。

パリはもう冬といった感じでしょうし、風邪などひかないように気をつけて・・・
と ついついおばさん口調になってしまいます。
いつも実保さんから勇気と元気をいただいています。 ありがとうございます。
そして、夏から3カ月間、頑張ってすごいなあと思います。
いつも前向きで、エネルギッシュで。
私たち若いのですから(?)これからも色々なことがきっとありますよね。
頑張らなくっちゃ。

またお会いできる日を楽しみにしています。
ばんざーい。


No title

先週末、rinaが学校訪問へ行くため実家へ行ったのですが、
川崎駅、電車の中、各駅のホームや主要道路に警官の姿を見かけ
ドキドキしたそうです^^
でも、YOKOHAMAが世界の注目を浴びているのは嬉しいです^^

ワタシもいつかはmihoと同じ病気になるかもしれない。
その時、mihoはこんなにも気丈に頑張っていた!って自分を奮い立たせる事が
できると思う。 
長い夏休みをとっただけ?と思わせるようなパリ帰国後のスケジュール。 スゴイ☆

横浜っていいところだね♪
生まれ育った土地なのに、ゆっくり見てない。
子供の頃の社会見学で行ったくらいだなんて、もったいないわよネ~~^0^

「ときめきのイセザキ…」へ行かれたのですね。
私も今回の企画は見逃せないと思っていました。
次の休みに出かけてみます。

展示品の撮影禁止が少し残念です。(笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちょっと安心

銀杏の実を見て、焼鳥屋に行きたくなっているピノさんを思って少し安心しました。
初めての治療、お疲れさまでした。気持ちの面で大変だと言われる治療ですが
どうかピノさんがご自身のお気持ちに悩まれることなく、治療を終えることができますように。
少しでも楽に治療が進むよう、しっかり祈っています。

歌いたくなる街

☆小鞠ちゃん

今回の治療が始まるまでが、実は一番体調がどうなるのか、恐ろしく思っていました。
自分が考えていた最悪の事態にならなくて、良かったです。

これからも長丁場になることは確かなので、
クヨクヨしないで何でもやっていきます。

ヨコハマヒットメドレー、いつかぜひご一緒に。神戸もいい歌が多いですね♪

奮闘お祈りします

☆ mihokoさん

たくさんの応援、ずっとありがとうございました。予定よりも半月ぐらい遅くなりましたが、パリへひとまず帰ります。
また12週おきに治療がありますので、頻繁に横浜に帰ってきます。

mihokoさんもまもなく遠い異国へ旅立ちですね。堅実で努力家のmihokoさんならどんなに難しい国でも楽しく暮らしていけますね、生活が慣れたらいろいろ聞かせてください。
とにかく、体は大事にしてね。

ならないよ

☆diadian ちゃん

心配してたくさん電話をくれてありがとう。人生で一番長い長い夏休みだったかも知れないわ。夏休みあけの新学期、今まで以上にはりきって働くつもり。

同じ病気に、か。早期発見なら、私よりも治療はぐっと軽く済むと思うから検診は必ず受けてね。でもね、ならないよ。ならない。
誰にもなってほしくない。

まだまだ10年先まで、私はこの病気と共存する覚悟だけど、医学の進歩できっといつかは予防策も見つかるんだと思う。

肉体はどんなに強いと思っても、癌は心まで蝕むからね。
ずっと今までどおり、みんなには元気でいてほしい。

「横浜見直し期間」としての夏から秋、本当に良かったよ。
diadian ちゃんは川崎もテリトリーでしょ、ダブルで探検どうぞ!

ぜひ行ってらしてください。

☆いその爺さん

興味深い展示物、たくさんガラスケースに並んでいました。
写真も現物も、足が止まって時代を遡ること、多々。
撮影禁止、本当に残念ですね。

実家の押し入れを片付けていたら、鎌倉街道や山下公園、野澤屋の屋上で写した懐かしい写真がいっぱい出てきました。

次回でもお会いする時に持参します。

薬剤。

☆鍵コメ tanuさん

ホルモン療法、ずばりその注射とクスリです。
事前に簡単な医学書や癌のガイドブックや、同じく投与なさってる方のブログなどで、副作用は覚悟してました。

もともと暑がりなので、今のところそれが「ほてり」なのかどうかもわからないし、多少の頭痛や関節のこわばりも気を紛らわせることをしていれば、忘れていられる程度です。

tanuさんも苦しい中、よく頑張っておられますね。
点滴と伺うと副作用が強そうなのに、今はいいお薬もたくさんあるんですね。

tanuさんからのコメントで、ワタシ、安心感をたくさんいただいてます。
パリへ戻って、空気がひんやり寒くても頑張ります。

パリでも。

☆ Y子ちゃん

イチョウ並木はそばを歩くだけで独特の香りがしますね。
銀杏は自分で殻を剥くのは大変だけど、焼鳥屋さんでふっくら、こんがり焼かれて美しく串に刺してあると最高。

注射は今後も日本へ戻るたびに、おなかへ打ちます。
打って数日は患部がちょっと痛い感じでしたが、もうすっかり治まりました。
薬はどっさりパリへも持って帰り、毎日飲むことになります。
普段ビタミン剤も何も飲む習慣がないので、これがどうカラダに響くのか恐れていましたが、予想より軽度でほっとしてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

涙。

☆鍵コメ tanuさん

薬を飲むようになって1週間近く。頭痛と腰痛、若干のムカムカ。これも時間帯によって感じない時もあります。

tanuさんと同じように私も泣ける時もあります。そんなときは「コンタクトがずれた」とか、適当な理由をつけて周囲には悟られないようにしています。

研究会にもご参加なさっているんですね。これからの医学の進歩とそれぞれの患者さん達の根性で、もっともっとこの病気が解明されていきますように。

私は右胸の癌ですが、左も「経過観察」です。
また左も癌になってもまだ左は放射線だって浴びられるし、手術も出来る。
それに癌が育つのに時間だってかかる。 そう思ったら気にならなくなりました。
どんどん心臓に剛毛が生えてる感じです♪
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク