希望の泡が昇る時

DSC02474.jpg

粉雪が朝から降り続く土曜日の11時。

パリ5区、シャンパーニュ・アルローのアトリエに仕事の打ち合わせ。

ウインドウには小さなもみの木が飾られていました。


DSC02472_20101205223401.jpg

7月の初め、アトリエの正式オープン前に試飲会を開催した時は盛夏。


DSC02475.jpg


照りつける日射しの中のアワモノも良いけれど、ノエルを意識したこの季節も最高。



DSC02476_20101205223401.jpg


営業時間は、10時から13時、14時から20時。 日曜日と月曜日はお休みです。



DSC02477_20101205223401.jpg


アルロー夫妻は日本に残る私に何度も心のこもったメールを書いてくれていました。

どきどきしながら、ドアをあけると、



DSC02499.jpg


たくさんのクリスタルグラスがテーブルにセットされ、二人が満面笑みで待っていてくれました。

「ミホ、おかえりなさい。シャンパーニュの世界に戻って来れて良かった。」


DSC02479_20101205224549.jpg

まずは、いつもの乾杯を。

クリスチャン氏が丁寧に注いで、クリスチーヌがテイスティングしてから私のグラスへ。

1999年に彼女のお父さまが作った家族で飲むための秘蔵のキュベ。


DSC02480.jpg

シャンパーニュの繊細な味わいを邪魔しない、特別なビスケット。

トマトコンフィ、ボーフォールチーズ、オリーブの3種類の味があります。


DSC02482.jpg


彼らは11月の最終週に新宿伊勢丹のシャンパーニュフェアに出展しており、1週間だけ日本へ行って
火曜日にパリへ戻ったばかり。

おしゃべりは止まることなく、すぐに1本空いてしまい、次は1998年のミレジムのシャンパーニュ。

「MILLESIME RARE」珍しい年。

1961年以降、もっとも暑い98年の夏の恩恵を受けて生まれた銘酒。




DSC02481.jpg


途中、ご近所の顧客もふらっと立ち寄って「特別に一緒にどうぞ」とわいわい飲むことに。

新婚旅行で来年香港と日本へ行くという男性、週末にフィアンセと飲む1本を抱えて雪の中へ消えて行きました。



DSC02485.jpg

アトリエの中を見渡すと、あちこちにオリジナル新商品が。

シャンパーニュのジュレも、容器がドレスをまとっています。


DSC02498_20101205230806.jpg

2時間あまり午前中からシャンパン尽くしを満喫。

13時過ぎに予約して下さってあった近くのレストランへ。


DSC02488.jpg

壁に飾られた大きな「ふいご」が素敵な店内。

地元のクラス感のある紳士淑女が土曜のお昼をゆったり過ごしておられます。


DSC02487.jpg

こういう時に感心するのは、彼らの決断の早さ。


DSC02490.jpg


「久しぶりだね、シャンパーニュは。」とウインクする洒落っけに感心。


DSC02491_20101205230629.jpg

前菜にいただいたのは、アボカドと小エビのサラダ。


DSC02494_20101205230628.jpg

メインは牛フィレのステーキに、ベアルネーズソース。

グラタンドフィノアが、嬉しい付け合わせ。

ワインはコートデュローヌのサンジョセフの赤を1本、いただきました。



DSC02493_20101205230628.jpg

お店の秘蔵のカーブから、オーナーが見せてくださった上質のソーテルヌ。

こちらは1994年の物で、


DSC02492.jpg

これは同じシャトーの、なんと1921年物。 



DSC02496_20101205230628.jpg

クレームブリュレをいただき、まだまだ話が続き、気がつけば16時前。


DSC02483.jpg


アトリエに帰って、今からは仕事の話をね、と言いながらも飲み直し。



三人で

酔いが回る中で、打ち合わせ終了。



DSC02506.jpg

クリスティーヌ・アルロー社長が11月19日に出版した本。日本で絶賛発売中。

明日にでもシャンパーニュに行きたくなる、

今にでも美味しい1杯が飲みたくなる、魅力にあふれる素敵な1冊。 








アルロー夫妻と過ごした6時間あまり。

クリスティーヌは、1時間おきぐらいに

「ミホ、病人には見えない。どう見ても健康だわ。」

この言葉を何度も何度も、話の途中に織り込んでくれました。






2010年の最後を締めくくるCEPAGEのノエルのレッスンもまもなくスタート。

アルローのエレガントな泡で来年に向かって盛り上がります。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

希望の泡

ピノミホさん
希望の泡っていい言葉ですね☆
大人っていいなーと思いながら読みました。(私も充分大人ですが)

紹介されている本、探してみます。ますます妄想しそうです。
そして応援、本当にありがとうございました☆

ダイエットしようと思っていたのに・・・

みほさん、

先週は寒かったですね~。
私は極寒になると、身体が脂肪を欲するようで、(十分あるのに)このところこってりものばかり食べています。
それが昨日から少し暖かく(?)なったので、よし、これを機にさっぱりでいこう!と思ったところでした。夜ご飯もローストビーフサラダのローストビーフ抜きで誤魔化したのに、このエントリーを読んだら、もう駄目でした!
シャンパンは冷やしたのがないので、赤ワインを注ぎ、このシャンパン向けのビスキュイとはかなり違うだろうけれど、チーズ入りのパイ生地のおつまみを食べ、今至福の酔いに浸っています。

寒い冬に飲むシャンパンは最高でしょうね。ますます輝くみほさん、すっかり健康人ですよ。
またダイエットの邪魔してください。

お仕事・・・(-_*)?

ピノちゃんおはよーございますv-481

今朝の神戸ちょこっと気温が下がりましたv-277
明日からもう少し寒くなってようやっと冬かなv-391

羨ましいお仕事環境でございますねv-411
でも、私きっとこれでは仕事なんてできませんですわv-392

素敵な白のアトリエv-354
前回のお話よーく覚えていますv-339

そちらは凄く寒いv-289ご様子
どうぞ御身御自愛下さいませねv-349

師走・・・ですね!

″希望の泡”・・・まさに、その通りですね。透明な液体の中を
まっすぐ上昇していく泡を見つめるピノちゃんの美しい瞳を
思い浮かべています。

実は、私も昨夜、本当に久しぶりに懐かしい場所を訪ねました。
ピノちゃんとCusmanoのCubiaを味わった所で、希望の泡を
飲み干しました!また、ご一緒できますね。

パリにお帰りになってから、ますます意欲的に行動して
いらっしゃるご様子を頼もしく拝見しています。
ご自分の意思の力をもって、築き上げたお友達の輪の中で
数段上で活躍を始められましたね!かっこいい~~☆

完走おめでとうございました

☆ likisuke さん

横浜マラソン、楽しかった様子が目に浮かんで氷川丸のそばでのUPも一緒にした気分でした。いつかパリマラソンもぜひ。

「大人」、良いですよ♪ 子供のころも幸せでしたが、大人になってからがもっともっと楽しい。
楽しみに複雑味が加わるからかしら。

JRのポスターで吉永小百合さんが写ってるもので
「大人はずっと長いから」っていうコピーがあったはずです。

大人時間を大事に生きていきたいです。

近いうちに。

☆LazyElephantさん

メールしようと思ってました!年内に一目お会いできたら、と。
ノエルは遠くに旅立ちでしょうか?私は1月後半までずーっとパリに居るのでお時間のあるときに16区と15区の境で密会いたしましょう。

ダイエットの邪魔しちゃってすみません♪ チーズ入りのパイ生地のお菓子、私も好きで常備してます。シャンパンも冷蔵庫にいつも、が究極ですよね。

時間配分

☆小鞠 ちゃん

仕事の話をするつもりで伺ったのですが、「ランチも一緒にね」と事前に言われていた時から
この展開は予想できました。

仕事の話は極力短く。 数字を語る時間は最小限に。あとは、人間の心の交流で。

昨日は少しだけ寒さ緩みました。今日はどうでしょう、外は青白い朝です。

まっすぐに。

☆ mother-of-pearl さん

厳選された美しい記事が続く mother-of-pearl さんのブログ、心に染みる短編集のような気持ちで拝見してます。

泡は特別なもので、苦しい時も嬉しい時も、どんな時でも自分をひきあげてくれる粒。

CusmanoのCubiaをいただいたレストラン、本当に素敵でした。また伺いたいです。
近い距離で、口をためらいなく動かして発する会話を楽しみにしてます。

わ~~

PinoMihoさん

クリスティーヌさんだぁ~~
なんか不思議です。
この前伊勢丹でお会いしたクリスティーヌが今はPariでこうやってMihoさんとお話ししているなんて
そして私もクリスティーヌと同感!
みえない。
ほんとに?って聞きたくなるほど元気そうなMihoさん
でも無理して元気に見せているのではないかと逆に心配です。

おいしいものたくさん食べて、おいしい(笑)お友達とたくさんお話ししてもっともっと元気になってくださいね

Kao

いつか3人で。

☆Kaoさん

クリスティーヌがKaoさんに写真を送っていただいた、と嬉しそうでした。
ハードな日程でお疲れの様子でしたが、日本が大好きな彼女はまたすぐにでも行きたいと
言っていました。

きっとそのうちに、Kaoさんとクリスティーヌとワタシで乾杯できると思います。

仕事が始まって、どんどん元気になっています。毎日生徒さんとハグハグして、乾杯して、
元気の点滴をいただいていますので大丈夫。

Kaoさんももうすぐノエルのご旅行ですね。また写真送ってください、楽しみに待ってます♪
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク