隣国のメリークリスマス 其の弐

DSC02883_20101227190303.jpg

12月25日の朝は、少しだけゆっくり起きてベーコンエッグの朝食をいただいて。

子供たちは近くの丘に、そりに出かけて行きました。







DSC02990.jpg

愛犬ギムリもガラス張りのテラスから雪が積もった庭を眺め。


DSC02992_20101228000351.jpg

麻子と私は尽きることのないおしゃべりを。



DSC02984_20101227201234.jpg

お昼をいただいた後で、クリスマスツリーの下のプレゼントを開けるお楽しみの時間。

カズタと私に、大英帝国のサンタクロースさん一家からもたくさんの贈り物をいただきました。



DSC03002_20101228000351.jpg

夕方4時から陽が落ちて、子供たちは暖炉の前でトランプを。


DSC03004_20101228000350.jpg

麻子とダグちゃんが整えてくれたクリスマスのテーブル。


DSC03005.jpg

シャンパーニュで乾杯の後、

前菜は 「ホットスモークドサーモン サワークリーム添え」

19世紀初頭のアンティークのお皿に盛りつけられています。


DSC03013_20101228001738.jpg

見たことのない、大きな大きなターキーがオーブンの中で薫り高く焼きあがり。

11人用見当らしい。

中に詰めるソーセージのミンチも、スチュワード家に伝わる作り方で。

切り分けは、その家の主、男性の役目。



DSC03016_20101228001738.jpg

ターキーのお皿には付け合わせも伝統的に、パースニップと呼ばれる白ニンジンや、ローストポテト、
にんじんのグラッセに芽キャベツ。

ソースはブレッドソース、クランベリーソース、グレイビーソース。

何度でもお代りをいただける、繊細なのに豪快なメイン料理。


DSC03030_20101228001738.jpg

お酒が染みたクリスマスプディングには、さらにブランデーがかかり青白い火が灯り。


DSC03034_20101228001737.jpg

麻子作の「ユールログ」。 ブッシュドノエルはこういう名前になるそうです。

庭から摘まれた木々や赤い実が飾られて。


DSC03038_20101228001737.jpg

木イチゴが巻き込まれ、しっとりとしたチョコバタークリームに周りを包まれた究極のケーキ。

クリスマスのスパイシーな紅茶を一緒にいただきました。


DSC03008.jpg

両手を前でクロスして、隣の人とロールの端を持ちあってぐるりと全員が繋がる「クリスマスクラッカー」。

中には小さなおもちゃが入っています。



全員でノエルの夜

全員でクリケットの試合をテレビ観戦しながら、大英帝国のクリスマスの夜は更けていきます。


DSC03044_20101228003309.jpg

最終日、ロンドン市内に観光に出ようとするも地下鉄のストが発生。


お昼すぎまでのんびり過ごして、みんなで近くの中華料理店へ飲茶に。


DSC03048_20101228003308.jpg


イギリスの中華は定評がありますが、こちらのお店も何をいただいても美味しい。

7人で囲む円卓では、セイロから湯気が上がるひまもないほどの食欲。



DSC03074_20101229215814.jpg

楽しかった3泊4日。

お別れのとき、麻子が手作りのチャツネと最近日本で出版された本を持たせてくれました。

あとがきに「お茶を淹れるというのは・・・無心でひとつのことに向き合える時間」と書かれています。



DSC03049_20101228003308.jpg

セント・パンクラスの駅にあったシャンパーニュボトルのツリー。


電車の中で、息子がすーっとi-phoneのイヤフォンを片方貸してくれました。

「ママが知らない曲ばかりだと思うけど。」

並んで音楽を聴きながら、うとうとしているうちにパリへ到着。



DSC03068_20101228003307.jpg

北駅から家に戻る途中で見えたエッフェル塔。



ものごとが佳境であるとき、未来を予想する余裕すらなかった夏。

わずか4カ月後には、いつもの暮らしに戻り外国旅行にも身軽に出られるカラダになりました。




自分一人の力では、生きていけない。

見えないたくさんの手に守られ、大丈夫のレールを走っています。






麻子、ダグちゃん、クリス、ダンちゃん、アリッサ、楽しいクリスマス休暇をありがとう。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エッフェル塔に(@.@)

ピノちゃんこんばんはv-483

素敵v-352な素敵v-353なクリスマスv-339v-255v-339でしたねv-432
この素敵な時間でピノちゃんまたまた元気v-91百倍だぁv-441

素敵なテーブルセットに豪華な手料理の数々v-354
ピノちゃんの周りにはいつも素晴らしい方々がいっぱいv-391

私も子供達と一緒にソリ遊びv-276がしたいですv-411

最後のエッフェル塔に思わずうるうるv-409です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

と~っても素敵なクリスマス休暇を過ごされたんですね(^^)
その国ならではの、クリスマスの過ごし方が伝わって来ます。

ピノミホさん、今年も素敵なブログをありがとうございました。
沢山の元気や勇気や美味しさを頂きましたよ(^^)
どうぞ良いお年を迎えて下さいね。
そして、来年もよろしくお願いします★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そり遊び

☆小鞠 ちゃん

そりはちゃんとした「そり」ではなく、プラスティック製のトレイを2枚持って行き、それに子供たちが座って猛烈なスピードでガリガリの斜面を落ちてくる遊びのようでした。
カズタが携帯の動画で録画したのを見ましたが、最後は全員で雪に転がっていました。

小鞠ちゃんのブログで先ほど拝見した葡萄の土鍋、あれで温かいお料理をいただきたいです。土鍋まで作れるって本当にすごいですね。

エッフェル塔を見上げるたびに、何か小さな決意が浮かびます。
小鞠ちゃんにとっての「神戸の街」もそうなのでしょうね。

大みそかの今日は日本の天気はどうでしょう。

2日に。

☆鍵コメ chieちゃん

麻子と「みんなはどうしているのかしら」の話で盛り上がって数日後に、こうやって連絡をもらえるなんて驚きました。

電話番号などメールしました。何年ぶりだろう。

元気にフライトしてきて。再会楽しみにしてます!

よいお年を

☆グラナーダ さん

イギリスとフランス、お隣の国なのに食文化の違い、クリスマスのご馳走の違いに驚きながら大感激の休暇を過ごしてきました。
知らない食材を「これなあに?」の質問攻めで友人からたくさん学んできました。

こちらこそ、今年1年グラナーダさんのブログから「日本のモダンスタイルな暮らし」を学ばせていただきました。お嬢さんとの向き合い方も読んでいて気持ち良かったです。

また来年もいろいろ教えてください。まずはどこかでお会いできることを楽しみにしてます。



おすすめのお店

☆鍵コメ lilkisukeさん

ありがたい情報嬉しいです。チャンスを狙って訪問してみたいと思います!
ご一緒していただけたら最高ですね。

ブログを通じてのお友達、同じ景色を見たことがある親近感から不思議な御縁で遠くても
繋がりが出来て本当に良かったです。
今年のたくさんの応援、ありがとうございました。

No title

すごく大きなターキー 美味しそうです

イタリアン

☆ryuji_s1さん

ありがとうございます。
菜の花のパスタもとっても美味しそうです。

今年はイタリアンもいろいろ作ってみたいと思っておりますので、ryuji_s1さんのブログを参考にさせていただきます。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク