食の贅を尽くす館

DSC03816.jpg


日本2日目の夜は、あざみのの閑静な住宅街にある「うかい亭」へ。

古い洋館を移築した豪華な建物。 エントランスでは黒服のスタッフが大勢で迎えてくださいます。




DSC03818_20110128085602.jpg


Y子ちゃん、Hさん、Uさんとヴーヴクリコでカンパイ!

いつも面倒を見てもらっている横浜の兄姉たちに囲まれてほっとする瞬間。


DSC03822_20110128085602.jpg


プライベートな空間での鉄板焼きディナー。

美しい真鍮の換気扇の下に、分厚く広い鉄板と真っ白いコックコートの総料理長が待っていてくださいました。


DSC03820_20110128085602.jpg

バカラの器、クリストフルのカトラリーで運ばれる一品目は、カニとキャビアの冷製。


DSC03823_20110128085602.jpg

ロイヤルコペンのお皿には、カワハギのマリネが盛り込まれて。

肝のソースは江戸切子に入っています。


DSC03847.jpg


「ミホの今回の任務は、美味しいワインを持ってくることね」


兄姉の言いつけどおり、パリから持参した3本を順々にシェフソムリエに開けていただきます。

最初のシャンパーニュはY子ちゃんの御提供。


DSC03826.jpg

シャサーニュ・モンラッシェの1級畑、2005年で再びカンパイ。

高めの温度で大きなグラスで最高の状態でサーブされた金の滴。


DSC03827_20110128085646.jpg

シュガーポットには、ハマグリのポタージュが。


DSC03830_20110128085645.jpg

あわびとアマダイが登場し・・・


DSC03833.jpg

アマダイは、皮がパリパリに焼かれ。


DSC03834.jpg

肉厚の昆布が広げられた上には、


DSC03835.jpg

大きなあわびが鎮座して、


DSC03836.jpg

上から、塩で固められます。


DSC03838.jpg

切り分けられたあわびの岩塩ステーキの上から、トリュフをスライス。


DSC03839.jpg

トリュフがふんだんに溶け込んだソースペリグーがかけられて至福の1品に。

合わせたワインは2004年のヴォーニュ・ロマネ。1級畑のLES CHAUMES。



DSC03844.jpg

霜降り具合も見事な山形牛。


DSC03846_20110128091827.jpg

レアに焼かれて、口の中で脂がすべて溶けていきます。


1973年のヴォーニュ・ロマネを一緒に。

先ほどのものからさらに30年近く古酒となる1級畑。


DSC03853_20110128092230.jpg

デザートはゆったりとしたサロンのソファへ移動してくつろぎながらいただきます。

マイセンのお皿の上のリキュールグラスに盛り込まれたアヴァン・デセール。


DSC03855_20110128092714.jpg
DSC03856_20110128092714.jpg
DSC03857_20110128092714.jpg

すべてのデザートがうっとりする美味しさ。


うかい亭の集合写真

真夜中近くまで竜宮城で過ごして、現実に戻る時刻。

総料理長にお見送りいただき、有り難き幸せ。






「食材」が「料理」としてお皿に盛り込まれるすべてをライブで拝見できる特殊空間。


貴重な一夜を体験をさせてくださった人生の先輩方に感謝。














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

帰国早々、いいモンばっか食べまくってますねー! 
「うかい亭」は前だけ通ったことがあります(笑)
今回のコースは、おそらく現在の牛丼100杯分位の¥ですよね(笑)

食の贅を尽くす館

豪華な夜ですね!
目の前でお料理してもらうとテンション上がりますね。
山形牛、おいしそーっと叫びそうでした。
集合写真、お顔は隠れてますが、楽しい会だったんだなーと伝わってきます。

おいしい日本の冬をいっ~ぱい堪能してて、羨やましいです~♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うらやましい~。

ピノミホさん、

また日本で美味しいものを食べてますね。羨ましいというか悔しいというか目の毒です。


あざみののうかい亭”というのは銀座にあるうかいていと同じ系列ですか?

銀座のうかい亭には以前日本行ったとき招待されて行ったことがあります。その時もあわびの塩釜と山形牛だったのですが、もう美味すぎて至福のときでした。招待してくれた方はよく知っている人だったので、失礼を承知でお値段を聞いたところ、「言わぬが花ではなくて聞かぬが花だよ」と言われてしまいました(笑)。同じ系列だとすれば、あざみののお店ののほうが銀座のお店より雰囲気がよさそうですね。やすこをぜひ連れて行ってやりたいなと思っています。
そうそう高級なワインも出ましたが、そのときはワインにはまっていなかったので、どんなワインだったか記憶にありません。本当に残念!
ワインといえばブログンには見覚えのあるワインがありますね。Vosne-Romaneeはおなかの中に収まってしまったけど、Echezeaux Grand Cruは未だ静かに眠っていますよ。

素敵な友人が沢山いるのも、病院の人たちにも暖かく迎えられるのもピノミホさんの人徳ですね。
治療の成果が上がりますように!

No title

いやー。凄い。あわびマジで美味そうです。
きっと良いワインと一緒に食べたら最高なのでしょう。

牛丼

☆よしこさん

はい、おかげさまで今回の滞在も連日驚く食生活を送らせていただいています。

牛丼も滞在中に食べたいです。夏には息子とすごい時間に朝の定食を食べに行っていました。

こちらは、いろいろコースやアラカルトもあるようで、ワインも高級路線がずらりと廊下に並んでいたのが見えました。頻繁に自力で行ける金額ではありませんが、お祝い事や記念日や特別な日にまたいつか出かけてみたいお店です。

究極の鉄板

☆ likisuke さん

金曜日は楽しい一夜をありがとうございました。離れがたくてずっと並んでしゃべっていられましたね。

こちらのお店、お話には聞いていてサイトも見たりしていましたが、実際きょろきょろしてしまうほどにすべての調度品が美しかったです。

目の前で円熟味あふれる料理長が焼いてくださるお料理、お皿の下げ方、グラスの扱い、
すべての流れが勉強になりました。

ご連絡いたします

☆鍵コメ 三十路オンナさま

さっそくお知らせいただきありがとうございます。次はご案内を送らせていただきます。
4月後半~5月のCEPAGEは3月後半ごろ皆様にお知らせできる予定です。

ロイヤルコペン、青と白と潔さが非常に好きでティーセットは持っています。
今回お皿を見て、いつの日か揃えたくなりました。

治療も頑張ります、応援本当にありがとうございます。

うかい亭

☆ロスのヌマサン

はい、うかい亭、銀座と同じ経営です。本社は八王子にあって「うかい鳥山」がそこにあり、
表参道や銀座、横浜・つきみのにもあります。 お豆腐料理の素晴らしい和食がいただける
「とうふ屋うかい鷺沼店」には昔、伺ったことがありました。

いつか日本滞在がご一緒の時があれば、私もヌマさんとヤスコさんとここにご一緒したいです。それまで元気で頑張っておきます。今回の治療もケロリと越えたいです。

あわび

☆ てきとー日記主人さま

あわびのステーキは大昔に石川県の加賀屋でいただいて感激した記憶がありましたが
今回は洋風のソースであわびのキモも使ってあり、ワインとの相性も抜群でした。

あわびを噛んで、ワインを飲みこんで、口の中で贅沢なダンスを踊っている気分でした。

輝いてますね☆

おかえりなさ~い☆

そして、いつもながら豪華でおいしそうなお料理&ワインの数々!!
ミホさん帰国から素晴らしいペースです!!
お料理はもちろん器もやっぱり大切ですよねぇ~。

実は以前、うかいの系列店で働いていたことがあったので
ぜひこちらにも伺ってみたいと思いました♪

系列店

☆M美ちゃん

ただいまー、思ったよりも横浜はずっと今年は寒いね。明日から気温が上がるらしいのでほっとしています。小田原はどうですか?

うかい亭系列で働いていたの?ゴージャスでホンモノに囲まれた素敵な職場だね。
価値を意識して、丁寧にいただくお料理ってこれからの人生に必ず身になるのだと思う。

妹軍団がどんどん日本に帰国したら、たまには贅沢なお食事会も一緒に実施しようね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク