四季を食べる目

DSC04259_20110208081835.jpg


横浜の名店、欧風料理「みーしゃ」で四季ごとに開催される食事会。

季刊誌「四季の味」に加藤シェフが寄稿なさった人気メニューを再現してくださるイベント。

今回もいそいそ参加してきました。


DSC04250_20110208081835.jpg

テーブルにはマダム作成のメニューが。

バックナンバーの何号に掲載されているかがすぐにわかります。


DSC04253_20110208081835.jpg

オレンジのクロスにぴったりの可愛いイラスト付き。お箸袋の色とお揃い。



DSC04254_20110208081835.jpg

今回も地元の仲良し飲み仲間家族と一緒に小上がりへ。

Nさんご提供の「テタンジェの宝石」と呼ばれる贅沢なコント・ド・シャンパーニュ。

ブランドブランの繊細さと薫り高さを静かに封じ込めた魔法の泡。


DSC04256_20110208081835.jpg

Nさん、Aちゃん、Rくん、Cちゃん、MWちゃん、Uさん、ワタクシ、全員でカンパイ!


DSC04260_20110208081835.jpg

ネギの白い部分の甘みがコーンのようにも感じる洋風茶碗蒸し。


季節のフリットは、さっくり軽く。スナップエンドウ、コゴミ、たらの芽。


DSC04264_20110208081917.jpg


牡蠣のオーブン焼きは火入れ加減が絶妙。


DSC04265_20110208081917.jpg


私が持参したロワール・シノンの白2009年はクーリー・デュトゥイユ作の芳醇な香り。


DSC04267_20110208081916.jpg

白菜のミートボールはゆるいトロミとゆず胡椒の風味でぬくもり感満点。


DSC04266_20110208081917.jpg

パン籠もクマちゃん。みーしゃはモスクワオリンピックのマスコット熊なので。


DSC04271_20110208081916.jpg

白身魚の包み焼きには、大きな鯛の切り身がふっくらと。

オレガノやフェンネルなど香草と白ワイン、ライムの味が爽快。


DSC04273_20110208081916.jpg

Uさんご提供の赤はブルゴーニュ・ニュイサンジョルジュのラルロー2002年。1級畑のもの。

茶色味を帯びた熟成感のある香り、優しいエキスが口の中にずっと佇むピノノワールの理想形。

飲み疲れせず、料理をひきたてる。ワインのあるべき姿がグラスに揺れる1杯。


DSC04277.jpg

洋風肉じゃがは、ほろりと煮込まれた肉のうまみがジャガイモにしっかり染みて。


DSC04279.jpg

ビタミンあふれるタンカンのソルベ。


DSC04280_20110208084552.jpg

胡桃のタルトは、甘党でなくてもおかわりを所望したくなります。


DSC04285_20110208084552.jpg

食のプロからマニアまで、料理への姿勢を教えてくださる本。

加藤シェフが生み出すお料理は、実直なお人柄がそのままレシピに含まれています。



DSC04286_20110208084552.jpg

帰り際、いつも道路まで出てご夫妻でニコニコと頭を下げ、見えなくなるまで手を振って。

シェフ、マダム、この日もありがとうございました。

次回、春のお食事会は4月上旬の予定。 



DSC04374_20110208084552.jpg


昨日、眼鏡を数年ぶりに新調しました。

淡いブルーと茶色に、ほんのりシルバーのラメが入っています。

ほとんど日中、仕事もコンタクト着用なので、眼鏡をかけた私を知らない方も多いかも知れません。




目で、口で、魂で、「食」をしっかりと吸収していきたい。


自分の手で生み出すお皿にも、曇りなく。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつもありがとうございます。

機会あるごとに、素敵なオーラをまとってご来店いただき、ありがとうございます。
和風の(笑)引き戸が開くと、キラキラした雰囲気をまとっていらっしゃるんですよ。
ご自身ではお気づきでしょうか?
季刊誌「四季の味」の「おかず四季おりおり」のコーナーから抜粋した献立は
ご家庭で作れるもの、がテーマなだけに、難しいアレンジなどは一切ございません。
それでも、本でレシピを見るだけと、実際に味わってみるのとでは、やはり違う、と
お客様からもご好評いただき、シェフ共々、企画にホッとしているところです。
次回は「春号」編。ちょうど1年が一周します。
ぜひ、春の日差しと一緒に、そのキラキラをまた見せてくださいませ。
ご来店ありがとうございました(感謝)。またお待ち申し上げております♪

No title

ピノミホさん、こんばんは!

わ、シャンパンですね♪
そして、オイスターも♪

冬に美味しい食材が一杯ですね♪

春のお料理もきっと、素敵なのでしょうね♪
日本は四季が豊かで、色々な食材楽しめそうですね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こちらこそ、ご馳走さまでした。

☆欧風料理店みーしゃ・マダムさま

この日も癒されるお料理の数々、ありがとうございました。

しょぼ~んとするような時でも、みーしゃの温かな灯りを見ると食欲が湧くのです。
地下鉄の駅から歩きながら、胃が喜んでいるのを感じます。

これからもずっとお邪魔し続けます。春の会も期待してます!

旬の食べ物

☆三十路オンナ さん

季節の野菜、食材、三十路オンナ さんも研究熱心ですね。

フランスとは肉も魚も野菜も少しずつ全部違うこの国、世界一、四季を楽しめる美味しいものがそろっていると感じています。

この「みーしゃ」は、穏やかな時間の中で食の四季を学べる素敵なお店です。
いつか三十路オンナ さんもぜひ。

おっしゃるとおり。

☆鍵コメ あきこちゃん

シックな食通あきこちゃんは、「四季の味」も読者だったのね。なるほど、納得です!
ワタシは「暮らしの手帳」も好きで、ときどき買ってます。

ハモニカ横丁を千鳥足で?それも想像できるだけに笑えますね。
あらためて、吉祥寺は良い街だと思いました。空が近く見えるし。

今日は珍しく日本は雨。気温もぐっと低いです。パリと同じぐらいの陽気だと思います。

No title

4月上旬、席1つ空けといてください(笑)。





今朝大阪から帰ってきたばかりだけど、また今度は関東行きたい!

ぜひ!

☆せいじさん

米子から吉野町、遠いようで近いですからぜひ春の会にご参加ください。

ディープな野毛も新規どんどん開拓中です。

今日は横浜も窓の外が真っ白。米子ほど積もらないと思いますが、今週が寒さの峠のようです。





プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク