椰子の実

DSC04063.jpg


今回の日本滞在もブログの記事が追いつかないほど、毎日たくさんのご馳走をいただきました。

血となり肉となり、元気の源になったお皿たちをスポットでご紹介します。


元町の夜は、天使の羽に包まれた地球のような飾りが。




DSC04055_20110217144154.jpg

中華街「愛群」の牛バラごはん。 通院の帰りにパワー増強。


DSC04040_20110217144154.jpg

末吉町「華星」のタンメン。寒い日も鼻に汗をかくくらい温まります。


DSC03967.jpg

野毛「GONZA」の桜エビのピザ。春を呼びこむような香り。


DSC04034.jpg

野毛「いわき」のおばんざい。おでんも名物。とことん日本酒で。


DSC03968_20110217143831.jpg

横浜橋「梅月」のカキフライ。 2個の牡蠣が抱き合わせで、衣はさくさく。


DSC04044_20110217144154.jpg

伊勢佐木町「浜志まん」のボストンクリームパイ。大正時代からある老舗洋菓子店の50年続くヒット作。


DSC04051_20110217144154.jpg

長者町「勝元」の馬刺し。気さくな焼鳥屋さん。採血のあとでレバーを食べて挽回。


DSC03924_20110217143832.jpg

九品仏の自然食「ツチオーネ」の厚揚げ入りラタトゥイユ。


DSC03946_20110217143832.jpg

自由が丘「Ohanaya」の丸ごとねぎの1本ロースト。


DSC03948_20110217143832.jpg

元町仲通り「ホっとこめや」のおにぎり。

「少し大きく握っておいたよ。」お米屋さんのお母さんの一声にキュン。


DSC04066_20110217150251.jpg

元町「久祐」のコンビーフ。 シメサバもアナゴの煮こごりも絶品。


DSC04072_20110217150251.jpg

武蔵小杉「幸島」の焼き大豆。 納豆になる少しだけ前のお豆がほっくり。


DSC04636.jpg

関内・馬車道「リパイユ」の牡蠣のキッシュ フィレンツェ風。

牡蠣の火入れ、ほうれんそうのクリーム感にうっとり。


DSC04696.jpg

横浜橋・「宝水産」の海鮮丼。鮮度と酢飯具合は行列の価値あり。


DSC04705_20110217150944.jpg

元町「RAZZO」の甘エビのガーリックオイル焼き。

ピザも美味しく、イタリアワインも丁寧にご説明いただけます。


DSC04717_20110217150944.jpg

馬車道「川昌」のうな重。贅沢にも蒲焼2枚、白焼き1枚(うなぎの量240g)が、どーん!


DSC04062_20110217144154.jpg

最後のおまけは、うちの近くの駐車場にいつもいるニャンコ。

「みーちゃん」と勝手に呼んでしばらく前から友達です。






滞在最終日の昨夜、野毛のジャズバー「JUNK」のライブを聴いてきました。



  名も知らぬ 遠き島より
      流れ寄る 椰子の実一つ

  故郷の岸を 離れて
      汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)



ハイボールを飲みながら英語の歌詞で聴き、都橋を酔って歩きながら日本語を思い出し。

島崎藤村の作詞です。




日本でのCEPAGEの再開、術後半年検査の安堵、東北で療養する母の見舞い。

今回の滞在もいろいろなことがありました。





私が沈みそうになるとき、「追いだきボタン」をすっと押してくれる仲間。

パリへ戻って、また頑張ります。 日本の皆様、ありがとうございました。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あああ。

もう行かれてしまうのですね・・・(寂)。
本当にあっという間。でも、時は着実に経っていますものね。
パリで、ピノミホさんのお帰りを心待ちにされている方々は
きっと、「やっとだぁ!」と思っていらっしゃるのかも。
昨日から水泳始めています。楽しく健康な身体づくりをします、私も。
母も昨日の検診で、今のところ、転移なしとの診断でした。
まだしばらく抗がん剤治療は続きますが、副作用なく本人もいたって元気。
元気が一番ですね。道中お気をつけて。

椰子の実の歌

椰子の実の歌、弟も日本に帰ってくると歌ってます!!

お料理の写真のどれもこれもが美味しそうですね。
日本でエネルギーチャージされたのがよくわかります。

パリからのブログ更新、楽しみにしています。
そして4月にまたお会いできる日が待ちどおしい~♪です~♪







また4月に(^0^)/~

ピノちゃんこんばんはv-483

美味しそうなもののオンパレードv-441
目移りしちゃって何がなんだかv-407
でも丸ごと葱のローストの興味深々v-10

充実した日本の時間、お疲れ様でした、
次はパリからの楽しいお話ですねv-422

待っています!

もうパリに経ってしまった頃でしょうか?
先日、旭屋さんでのCEPAGE楽しかったです!
お腹も心も満たされて至福のひと時でした♪
何よりも、元気になってますますキラキラしているみほちゃんに会えてすご~く嬉しかったよ~~!!
短い滞在の間に、検査とCEPAGEとお母様のお見舞いといろいろありましたね。
いつも忙しいみほちゃん、くれぐれもお身体お大事にね。
また4月に会える事を楽しみにしています。
カワイイ「みーちゃん」も能天気なROOも日本でみほちゃんを待っています。

No title

ピノミホさん、こんばんは♪

日本、とっても満喫されたようで、
よかったです♪♪♪

もっと長く滞在されるのかなと思っていたので
びっくりした私です。

パリでまたご活躍くださいね♪♪♪

パリ、行ったことがないので、
とってもブログの更新楽しみにしています♪

No title

ググッと一歩前に出て撮った写真が迫力あって 一層に美味そうであります。

“ボストンパイ”は私の子供の頃からのお気に入りです。
思い出してしまいましたよ~   明日買いに行こうかな♪

それにしても・・・・よくぞ・・・召し上がったものですね・・・(笑

またすぐに。

☆Masayo ちゃん

今回もありがとうございました。「四季の味」美味しくいただきました。

水泳始めた記事、読みましたよ。頑張ってますね。私も刺激されてサボり続けていた運動を何か始めたくなりました。右腕のリンパが攣れる感覚もだいぶ治ってきたので、そろそろ走ってみます。プールも良いかもしれないですね。ビート板でばたばたやろうかな。

お母様の検査結果もご無事でよかった。副作用もお母様の明るさで吹き飛ばしておられるのでしょう。「気」の持ちよう、受け取り方で苦しさも違ってくると思います。引き続き頑張ってください。私も今の調子をずっと維持できるよう、気持ちを春に向けます。

感激でした

☆likisukeちゃん

今回の滞在で、likisukeちゃんと初めましてが出来て嬉しかったです。
ずっと前から知っていたかのように、自然に並んで飲めました。
GONZAの桜エビのピザ、あのときの写真です。美味しかったね、サングリアと一緒にまた次もね。

「椰子の実」の歌、弟さんも郷愁の想いが日本でわーっと湧くのでしょう。

前回4か月滞在した横浜も今回は3週間ちょっとで短かったこともあり、名残がつきない想いと、自分はどこに流れていくのだろうという気持ちがあの曲に相乗しました。

春は「ビール部」の活動もね、イサコちゃんもみんなも楽しみにしているようです。
早くたんこぶも治しておいてね。

ポワロー葱

☆小鞠ちゃん

今回、ビストロやワインバーでポロネギのお料理を目にする機会に恵まれ、なるほどこういう料理の仕方もあるのか、と刺激的でした。

食べ慣れた食材でも、インパクトのある出し方をすることが大切ですね。

またパリであちこち味の探訪に出かけようと思います。食べられるうちは元気が続く。
そう信じています。 小鞠ちゃんも元気な胃袋を大事にしてくださいね。


ニャンコ

☆ ROOちゃん

旭屋のコラボCEPAGE、今回も応援いただきありがとうございました。
おかげさまでとっても盛り上がり、日本でもパリでもまだまだ元気で頑張る気力が湧きあがりました。

横浜で見かけるネコは、かなり自由奔放ですが「みーちゃん」もしかりです。
コインパーキングをうろうろしていて、ボンネットが温まっている車の上に寝ています。
夜になるとどこかに消えていき、また昼間になると日当たりのいい場所に居て。
他にも八百屋さんの猫とか、坂道の猫とか、神社の猫も見ました。

また日本で ROOちゃんネコにも再会したいです。

いつかパリにも。

☆三十路オンナ さん

最短では10日ぐらいの帰国も過去にあったので、今回の3週間ちょっとは短いステイでは無いのですが前回に比べて非常に早いなーって帰りの機内で感じていました。

日本では睡眠時間を削ってでも動き回りたいのですが、逆にパリよりもたくさん眠ってしまう生活でした。

三十路オンナ さんはいつか外国へ移住希望のようですから、パリにもまずは視察にお越しください。きっと気にいっていただけるはずです。一緒に朝市で野菜を見ましょう♪

ボストンクリームパイ

☆ いその爺 さん

野毛でも関内でも元町仲通りでも、もしかしていその爺さんにお会いできないかしらと期待しておりましたが今回は残念でした。春はKOVACHANとお会いになるときに私も混ぜてください。

浜志まんのケーキ、たまに祖母に買ってもらっていました。
このボストンクリームパイも、以前は大きなホールを切り分ける形で売られていたと記憶していますが、この写真のは「ミニ」タイプで1個ずつ作られているんですねー。

見た目よりもあっさり、でもクリームはふんわりで、やっぱり最高に美味しいですね。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク