同じ窓を見た友と

DSC05113.jpg

パリ・モンパルナスは多くの芸術家・思想家が集い、語らったカフェが多く残っています。

土曜日の夜は周辺の映画館も賑わい、パリらしい風情も残るエリア。




メトロVAVIN駅から、小道へ入るとガラスの扉の向こうに印象的な絵画が見えます。

ファッションデザイナーKENZO氏の専属料理人を務めたTOYOさんのレストラン。







DSC05117.jpg

1年数カ月ぶりにベルサイユ在住の、同じ大学の先輩ミヌちゃんと並んでカウンターに着席。


DSC05120_20110309003513.jpg

シャンパーニュと柚子のリキュールで作られたベリーニでカンパイ!

「しばしのご無沙汰でした」「元気そうで安心したよ」


DSC05119_20110309003515.jpg

アミューズは「いくらおろしとプチパイ」


DSC05122_20110309003513.jpg

パンに添えられるバターは大人気の海藻入り。


DSC05124.jpg

最初のお皿は二人とも「ウニのサンドイッチ」

ウニはお寿司が一番だと思っていましたが、トーストの間からこぼれそうなオレンジ色も違う魅力。


DSC05148_20110309011335.jpg


充実したワインリストから迷いに迷って選んだものはアンリグージェのピノブラン。


DSC05126.jpg

ミヌちゃんの前菜2皿目は「仔牛のカルパッチョ&とろろ昆布」。


DSC05129_20110309005659.jpg

私は「洋風シメサバ」を。お箸を伸ばして分け合います。


DSC05130_20110309005659.jpg

続いて、ふたりとも同じチョイスで「あわびのステーキ」

火入れとバジルのソースが絶妙。


DSC05138.jpg

二皿目のメインは「シーフードカレー」。

魚貝の旨味たっぷりのカレーソースに驚いていると、TOYOさんがいらして

「最初にブイヤベースを作って、そこにカレーを溶かしこんで行くんです」。


DSC05142_20110309005658.jpg

京都からのお客様のお土産だというねっとりとしたカラスミを特別に。


DSC05147_20110309011335.jpg

ミヌちゃんのデザートは「ベリーのタルト」


DSC05144.jpg

ワタシは「抹茶のティラミス」を。 二人とも辛党を名乗りつつも両党なのかも知れません。



シックな照明、大人の社交場。すぐに再訪したい空間に別れを告げてタクシーで7区へ移動。




DSC05151_20110309011335.jpg


先日訪れたばかりの、新規オープンに向け知人が集う和食レストランにて、シャンパーニュで乾杯!




DSC05149_20110309011335.jpg

ブランドブラン、シャルドネだけのシャープな泡。



DSC05152_20110309011335.jpg

「ホワイトアスパラときゅうりのぬた」が今宵のつきだし。


DSC05155_20110309012703.jpg

「酒の肴 9種盛り」を二人でつまみます。 おなかいっぱいのはずが、まだまだシャンパーニュも進みます。


DSC05157.jpg

「ヒラメの薄造り ゆず胡椒ソース」や


DSC05158.jpg

「キノコのかき揚げ ざるうどん」までペロリといただき、おしゃべりは真夜中まで。





もうすぐ日本へ骨休めに飛ぶというミヌちゃん。桜の開花を楽しめるようです。


「働き過ぎはダメだからね。」


激務をこなす彼女が私にかけてくれるストレートな思いやり。



美しくグラスを揺らす偉大な先輩。 


絵画鑑賞にも似たアートな食時間をまたすぐに。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はい、このレストランも私のパリ・リストに追加されました(笑)
和と洋のフュージョン、素敵過ぎます♪
雲丹のトーストですか、想像つきませんが食べてみたい
ブルゴーニュのピノ・ブラン初めて拝見しました
次回のパリ行きが待ちきれません!!!

今日もまたo(^-^)o

ピノちゃんおはようございま~すv-481

ピノちゃん、本当にパリv-498にいらっしゃるのv-361
実は深く静かに日本に潜行中だったりしてv-392
なんて思いたくなりますわv-411

日本にいる私より素敵な和食をお召し上がりですねv-391
美味しそうで羨ましくて、今朝もまた溜息ですv-355

No title

ピノミホさん、こんにちは♪

わ、すべて食べてみたい、飲んでみたいお酒の素敵なお店ですね♪
店内もとっても落ち着いた雰囲気で、
近くにあったら、通ってしまいそうです(w)

私も、パリに行く機会があれば、絶対にいってみたいと思いました♪
うふふ

お友達と楽しい会話って、あっという間に過ぎますよね。

また、お友達と再会祝いも一層楽しみになりそうですね♪


和の食材

ピノミホさん
すてきなお料理の数々鑑賞させていただきました~♪
日本の食材と思ってたものを何でもパリで食べられるんですね☆さすが食の都!!
一番驚きの組み合わせは仔牛のカルパッチョ&とろろ昆布。想像できないです!
どうやって思いつくのか聞いてみたいです。


うにのトースト

☆マダムKさま

予約激戦のお店ですので、なるべく早くお取りになることをお勧めします。
テーブル席もステキだし、私たちはカウンターでしたがゆったりしていました。

ウニが挟んであるトーストはウニの塩気がパンとなじんで不思議な美味しさ。

私も近いうちにまた行ってみたいと思っています。







異空間

☆小鞠ちゃん

日本でいただく和食とは少しだけ背景に聞こえる音が違うのですが、お料理もサービスもうっとりするほど優雅でした。

日本の春はお花見もできるし、春らしいお献立がいろいろありそうですね。

パリももう一息気温が上がればと言った感じです。

No title

ウニをトーストで・・・・
牛ととろろ昆布・・・
頭の固いワタシには想像がつかない組み合わせです。
発想は柔軟でなければいけませんネ^^
〆のおうどんはホッとする一品♪
おいしいお料理とワインと会話、最高の時間を過ごしたんだね~☆
羨ましすぎる☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 日本の地震ですが、お母様、石巻にいらっしゃったと思うのですが・・・。
親戚の方も。 みなさん大丈夫だったのでしょうか?
日本のテレビも映らないので、インターネットでしか情報がつかめませんが、
皆様の無事をお祈りしております。

協力ありがとう

☆diadian ちゃん

いろいろご尽力ありがとう。

電話はまったく通じないけど、気持ちを強く持って引き続き情報を待ちます。

被災地の空撮写真を見ることができました。

病院も家も、そのままの形で残っています。

落ち着いたら

☆鍵コメA子ちゃん

ご心配ありがとうございます。

おとといから神経が高ぶってますが、先ほど空撮写真を見て、病院が残っていること、あちこちの避難所情報が少しずつ集まっていることなどから、母や親族の消息ももうすぐつかめるような気持ちになりました。

このお店、いつかすべてが落ち着いたらご一緒したいですね。

お電話ありがとうございました

☆mihokkoさん

今日、インドからお電話くださったミホコさんですよね?

ありがとうございます。お声を聞いてすごく励まされました。

金曜日からずっとPCで情報をかき集めていて、気弱になっていたところでしたが、夕方になって少しずつ避難所状況も見えてきつつあり、被災者名簿が出れば、と思っています。

いざと言う時にすぐに日本へ帰れるように、自分の体力を蓄えておきます。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク