2011年2月 イタリアワインで楽しむチャーミングなテーブル

cepage 02.2011 1

フランスと並ぶワイン大国、イタリア。

陽光輝く、南北に細長い全土・20州でワイン生産は行われています。


① RUSTICO PROSECCO   VENETO州

② CONTE BRANDOLINI PINOT GRIGIO 
      FRIULI-VENEZIA GIULIA州

③ LAMBRUSCO GRASPAROSA DI CASTELVETRO
      EMILIA ROMAGNA州

④ CHIANTI SAN LORENZO TOSCANA州




cepage 02.2011 2

パープルピンクのテーブルには、

cepage 02.2011 6

春の訪れを告げるチューリップのブーケ。



cepage 02.2011 5

ペーパーナフキンのお布団に仲良く並んでおさまるカトラリー。



cepage 02.2011 7

シャルマ方式で作られる爽やかな泡、プロセッコで乾杯。

シャンパーニュ、カヴァに続いて注目されるカジュアルで軽い起爆剤。


cepage 02.2011 10

前菜・アンティパストのプレートは

ココットに入った「白いんげん豆とプチトマトのサラダ」

白・緑・赤のイタリアの国旗の色を盛り込んでみました。

「レーズンとツナのにんじんサラダ」はバルサミコレモンオイルやニンニク風味。

「生ハム&いちじく胡桃のブルサンロール」はキラキラのピックで。


cepage 02.2011 11

続いて、「サーモンとネギ、ゴルゴンゾーラのクリームパスタ」

小さなリボン型のパスタを使って短時間で仕上げます。


cepage 02.2011 13

パルメザンチーズはお好きなだけ。


cepage 02.2011 15

メインは「豚ロースの塩釜焼き バルサミコ&トマトソース」。

オーブンに入れる前の状態をまず御披露。

おろしにんにく、塩コショウ、ローズマリーをすり込んだ豚肉に卵白と粗塩をかぶせます。


cepage 02.2011 16

45分間、オーブンでこんがりと塩が色づくまで熱を入れると周りの皮付きじゃがいももホクホクに。


cepage 02.2011 17

すりこぎで、塩の瓦を割ってお肉の香りが漂った瞬間に歓声が上がって大成功。


cepage 02.2011 19

お肉を厚めに切り分け、ディッシュアップ。


cepage 02.2011 20

ドルチェは「モカパンナコッタ」

ゆるめのゼラチンで口当たり優しく固めます。中心に日本の懐かしいお菓子、コーヒービートを飾りつけ。



cepage 02.2011 21

インド直送、香り華やかなマンゴティーをお飲みいただき3時間のレッスンは終了。






2月26日はCEPAGEの11回目の誕生日でした。

小さな苗をずっと応援し育ててくださる皆様、本当にありがとうございます。






12年目のCEPAGEは、フランスと日本の文化を混醸する場を目指します。


情熱を持ってコルクを抜く。ワインと人への愛をいっそう深く、強く。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に!

チャーミングなテーブルですね。(お肉もチャーミングだわ~笑)
パスタにもポークにも赤を合わせておられるのですね。
(そうか、私もカルボナーラには赤だったわ)
幸せな気持ちでいっぱいになるテーブルを紹介して下さってありがとうございました。

励ましの食卓

ピノちゃん 美しく、力強い愛に満ちた食卓は、何より素晴らしい励ましですね。

心が穏やかでない時、一番大切なのは、いつもの暮らしをしっかりと続けること。
それができる幸せを実感し、苦難に向かうエネルギーに変えられると信じます。

心がほっと温かくなる食卓を見せてくださって、本当にありがとうございます。
テーブルクロスの色、お花にアレンジ、そしてそれぞれのお皿にこめられた
ピノちゃんの心からの応援メッセージが、指の先まで伝わってきました。

明るい笑い声を届けて頂いて、私もにっこり笑顔がこぼれました。
ありがとう・・・・・!

いつもに増して☆☆☆

ピノちゃんこんばんは

今夜の“CEPAGE”のテーブル、一際素敵v-352です
パリv-498に一足早い春v-252が訪れましたねv-411

塩釜で焼かれた豚のロースト、とっても美味しそうv-363v-363

わたくし、つい先日イタリアの“SCANAVINO BRUT”に感激しておりましたv-391
それとアリアニコと言う葡萄とも出会って、ちょっと元気になりました。

ピノちゃんの新しい記事v-295にさらに元気v-91を貰って
私もそろそろ自分のブログ復活せせますねv-422

2月の色

☆bacchus さん

毎年2月はパープル系でコーディネートすることが多いです。

お肉、薄切りにしても美味しいと思いますが厚切りのハムのような印象にしたかったので
今回は大胆に切ってみました。

パスタにも、赤の弱発泡酒ランブルスコを合わせました。クリーム系、サーモンなので厚みのある白でも良いかと思います。 ゴルゴンゾーラが入っているので赤との相性も良し。

bacchus さんからいただいたコメントで私も幸せな気持ちです。

テーブルを囲む顔

☆mother-of-pearl さん

CEPAGEを11年間続けて来れたのは、生徒さん達が寛大で友愛に満ちていてどんな時でも前向きになるための笑顔をそれぞれに発揮してくださっているからです。

パリでも日本でも、御参加いただく皆さん全員がワインを愛することで手を繋いでいる。

新しい味、新しい人間関係を自ら構築していくためにも、もっと元気で居ます。
いつも気持ちを浄化するようなメッセージをありがとうございます。


アリアニコ

☆小鞠ちゃん

今月もmikaちゃんがたくさん写真を撮ってくれて、皆様にCEPAGE記念日を見ていただけて良かったです。

アリアニコ、お好きなんですね。お酒にとっても強い小鞠ちゃんらしい!

関西の春ブログも楽しみにしています。お庭、今は何が満開でしょうか。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11周年おめでとうございます!

私の気持ちにも目にも、ひと足早く“春”がいっぱい来た気分にさせていただきました!

まずもう、“お布団に入ったカトラリー”にヤラレしまい
あとに続くお料理に次々と心奪われe-349
「豚ロースの塩釜焼き バルサミコ&トマトソース」で
完全にノックアウト!
そして思わずイタリアワインを買いに走りたい気分に駆られています。

12年目に突入されたとのこと、おめでとうございます!
ピノちゃんの12年目への決意を拝見して
ますますのご発展をお祈りいたしております。

チューリップ

☆鍵コメ 三十路オンナさん

御心配おかけしてすみませんでした、温かいお言葉ありがとうございました。

パリの花屋さんも春の到来とともにお花の種類がぐーんと増えてきました。
チューリップを見にオランダに出かけたくなります。

冬の間、荒れ放題だったベランダを来週末は片付けて、小さなガーデニングを復活させようと思っております。

頑張ります

☆かづちゃん

いつも力強い応援ありがとうございます。

2月になると初年度、3年目、5年目、7年目・・・毎年のレッスンを思い出して反省し、また新たな気持ちで漕ぎ出していってます。

去年の4か月のお休みをいただいたときに、これからの仕事に対する向き合い方を考えました。

まだまだ、足りない。もっともっと力を注ぎたい。 いつも新鮮な気持ちで扉を開けて働きます。

かづちゃんにもまた横浜かパリで、セパージュの席に座っていただけますように。

Happy Birthday CEPAGE!

12年目に入りましたか、おめでとうございます!
ピノちゃんの努力と精進の賜物だね。

いつも素敵なテーブルセッティングだけど、このクロスと
お布団な付近が、どストライクでした。大好きな色目だわ。

パスタの葱って、普通の長葱でいいの?
火は通してあるの?お葱好きなので、是非作ってみたいわ~。
お肉の厚みが素晴らしいわ。共食いと言われようと(爆)豚肉大好き!

パスタのネギ

☆さち姉さん

いつもありがとうございます。12年目も今まで以上に精進していきます。

パスタのネギはパリでは日本の長ネギとちょっと違う太いポロネギを使っています。
でも長ネギでも出来ると思いますよ。
水にちょっとだけさらして、水分がついたまま耐熱皿に入れてラップかけてチン。
スモークサーモンはパスタの熱でほどよく火が入りますから切るだけです。

メールでレシピ添付して送りますのでぜひ試してみてください。
ゴルゴンゾーラを他のブルーチーズに変えた場合、塩気が変わりますので調節してくださいね。



美味しそう

春がいっぱいのテーブルに美味しいお料理と美味しいワイン
見ているだけで笑顔がこぼれてしまいました。

日本でのセパージュも楽しみにしていますね♪

日本のCEPAGE

☆こぶたちゃん

日本よりもパリのほうがちょっと早く春になったようです。
今日もじわ~っと汗ばむほどでした。

今回春の日本でのCEPAGEは、計画停電の状況などを考慮し日程を検討中です。

4月初めには皆様にご連絡いたしますのでよろしくお願いします。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク