時のページをめくれば

DSC05276_20110322035702.jpg


陽射しの中を歩きながら、心の安定を探したい。


久しぶりにジョルジュ・ブラッサンス公園の古本市に出かけてきました。











DSC05273.jpg

毎週末の朝9時から夕暮れまでの常設市。


DSC05260_20110322035607.jpg

屋根があるので、雨天でも大丈夫。中年以降の男性客がほとんどです。



DSC05266_20110322035607.jpg

大きくて重たい写真集や、


DSC05269_20110322035606.jpg

アート関連、美術書も多く。


DSC05267_20110322035607.jpg

カリメロって日本の漫画だと思い込んでました・・・


DSC05271_20110322035702.jpg

200年、300年前の豪華な装丁の書物も。


DSC05262_20110322035607.jpg

ブースごとの店主の背中は、ひなたぼっこのネコのよう。


DSC05274_20110322035702.jpg

鉄の扉に無造作に置き去りにされたビールのグラスと新聞。お客さんと話しこんでいるのでしょう。


ふいに横から

「マダム、何を探しているんだい?」

「僕らと一緒にワインを1杯、飲んで行けばいいよ」

簡易テーブルに集った店主たちが声をかけて下さいました。



DSC05272_20110322035702.jpg

お礼を言って、欲しい本を伝えると

「ある、あると思う。倉庫を探してやる。来週また、ここにおいで。」


DSC05270_20110322035702.jpg

忘れないようにとメモを取って下さるそばで、フランス製のティーポット類の本が目に止まり購入。

来月ロンドンから遊びに来る紅茶の仕事をする友達に贈りましょう。



DSC05280_20110322035724.jpg



帰り道、植え込みに並んでいた色とりどりのジュリアン。






懸命に咲く花々のように、自己の役割を果たしていく春。


違う「章」の始まりを恐れず、新たなページに期待を込めて。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピノミホさん、こんばんは♪

古本市、いいですね♪

写真集、私大好きです♪
そして、ミュシャもいいですね♪♪♪

また、パンジー、可愛らしく咲いていますね♪
こちらも幾分温かくなりました。

お花は懸命にさいて、私達を楽しませてくれますね♪

ジュリアン。。。

ピノちゃんおはよーございまーすv-481

古本市場が常設って良いですねv-391
日本の古本屋v-87さんって、とても入りにくいか、安っぽいかって感じで、
昔は良く行きましたですが、最近全然行ってませんv-390
古本市場を歩くピノちゃんカッコイイだろうなーv-398
いつかそのピノちゃんの横を歩けますようにv-339

ところでピノちゃん、パンジーじゃなくてジュリアンかポリアンサスですよ~んv-396

静寂

☆三十路オンナ さん

この古本市、いつ行ってもとっても静かです。ページをめくる音だけが聞こえる場所。

売り手も買い手もあせってなくて、探している本についてとことん話ができるのです。

お花や緑の季節ももうすぐ。 三十路オンナさんの菜園もたくさん収穫ですね、楽しみです。

お花博士

☆小鞠 ちゃん

お花の名前教えてくださってありがとうございます。
さすが、小鞠 ちゃんですね。さっそく訂正いたしました。

日本の古本屋さん、この前神田のほうに行きましたが、味がありましたよ。
いろいろなジャンル別にお店もたくさんあって、時間をかけて眺めたいと思いました。

誰かが昔に眺めたページに風を通す、自分自身もまたリフレッシュできますね。

カリメロ

ピノミホさん
ピヨ、ピヨ、カリメロ~歌っちゃお~♪
懐かしい。カリメロ好きでした!

笑っちゃお、泣いちゃお、がんばちゃお~♪
まさに今の気持です☆

心の安定、大事ですね。
いつでもちょっと不安で心配で、そんな普通でいられない毎日が続きますが、
主導権は地震や放射能汚染じゃなくて、自分が持っていたいと思ってます。

カリメロの歌詞

☆ likisuke さん

先ほどブログで教えていただいたサイト見て、カリメロ聞いてみました。

笑っちゃお、泣いちゃお、がんばちゃお~♪

こんなに意味深い歌詞だったんですね・・・これを見つけて教えてくれるlikisukeさん、アリガトウ。

「主導権は自分が」もそのとおりだと思います。

どうしよう、どうなるの、ではなく、どうしたいかですね。
プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク