紅茶びと ワインびと 其の壱

DSC05731_20110416014632.jpg

水曜日から、ロンドン在住の紅茶研究家スチュワード麻子ちゃんが次男と長女を連れて我が家に遊びに来てくれています。

木曜日と金曜日の午前中、紅茶の特別レッスンを開催しました。




DSC05736_20110416014632.jpg

麻子がCEPAGEの生徒さん向けのテキストを用意。

紅茶の等級区分、水について、紅茶の分類法、保存法、淹れ方のポイントなど。

2時間半のレッスンは実践的な知識の習得と紅茶への興味が膨らむ時間。


DSC05728_20110416014632.jpg


紅茶の形状、大きさによるグレードの違いを確認。

リーフグレード、ブロークングレード、粉茶。


DSC05732_20110416014632.jpg

「INFUSE」という紅茶スクールを主宰、ロンドンと日本で大活躍の麻子。

初めてのパリでの講習も、優雅に丁寧にプロの語りを見せてくれました。



4月14日お勉強中

4月14日木曜日にご出席いただいた皆様。 熱心にメモを取っておられます。


4月15日お勉強中

4月15日金曜日にご出席いただいた皆様。うなずきながら、質問も多く飛び交いました。


DSC05742.jpg

インド、セイロン(スリランカ)、中国のお茶を2種類ずつ全員でテイスティング。


DSC05798.jpg

専用の茶器は個性的なカタチ。 

ワイン関連グッズとは違うものを見る経験にワクワク。


DSC05801.jpg

美味しい紅茶の淹れ方も実戦的に。


DSC05803.jpg

お待ちかねのティータイムは麻子がパリで焼いた「ビクトリアサンドイッチケーキ」。

しっとりスポンジの間にレモンカードと生クリームがサンドされています。


DSC05748.jpg

「バターミルクとレーズンのスコーン」はノッティンガムレースに包まれて。

麻子の庭で採れたブラックベリーとアップルの手作りジャムとクロテッドクリームを添えて。


DSC05805.jpg

プレートに盛り付けて麻子オリジナルブレンド「イングリッシュ ローズ グレイ」紅茶と一緒に。



4月14日集合写真

レッスンの最後に、全員で集合写真。 4月14日の皆様と。


4月15日集合写真

4月15日の皆様と、これはいつもCEPAGEで開始前に写すトリプルピース。



DSC05735.jpg

麻子の著書3冊。 美しい写真と文章で紅茶のある暮らしの極意が綴られています。








友達になったのは今から24年前。 同年度入社で、地上研修を一緒に経験しました。




ハキハキ元気にしゃべって、ヒトをひきつける魅力にあふれた第一印象。

長い年月が過ぎても、あの頃と変わらないまぶしさを持ち続けている彼女。




「楽しい時はもちろん、悲しい時もお茶を飲んで気分転換。

 あせっていても、手を止めてお茶を淹れる。 集中する時間が好きなの。」






紅茶に寄り添い、ワインに寄り添い、それぞれに欧州の文化と関わって生きている私たち。




「次は、ロンドンでシャンパンアフタヌーンティーの企画を一緒にどう?」


新しい目標の提示に、友のたくましさをあらためて感じた春。






其の弐に続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うぅむ。。。

ピノちゃんこんばんはv-483

紅茶v-273も奥の深いものなのですねぇ
私なんか割とイイカゲンにちゃちゃと煎れてしまします、いけませんですねv-390

紅茶v-273やお菓子v-274より
麻子さんの指の美しさv-352が一番でしたv-411

コルク

素敵なお友達ですね。
シャンパンアフタヌーンティー、いつか日本でも開催して頂きたいです~♪

ご本の写真の後に写ってるコルクに目が釘付けです(^о^)

ゆっくり、じっくり

☆小鞠ちゃん

今回私も大変勉強になりました。 ずいぶん前に紅茶も通信教育で簡単な資格を取りましたが、今回麻子の講義を聞いてあらためていろいろな知識が繋がりだした感じがしました。

書物から得る情報と、ヒトの声を通して学ぶことはまったく違うということがわかりました。

お茶を淹れる時はどんなにあせっていても、その時はゆったりと手を止めて「待つ」ことが大事なのだそうです。

麻子の手、綺麗でした。ネイルアートもしてあって、動きも優雅で見惚れました。

尊敬する友達

☆ likisuke さん

昔の仕事の時も、同じ便に乗務したことはないので、互いの仕事を見ることはなかったのです。
今回、初めて麻子の講習を手伝ってみて感心することばかりでした。

シャンパンアフタヌーンティー、そうですね、ロンドンだけでなく、日本でも実施する夢を持ちます。

ガラスのテーブルはIKEA製で、10年前に買ったときに1700個のコルクを収納しました。家の中は今でもコルクがごろごろしてます。

No title

しかし驚きの美女集団・・・(笑)何事ですか。


口にするものは何でもそうなのかもしれませんが、お茶も本当に奥が深く面白いのでしょうねぇ。

私も今年は今まであまり凝っていなかったような分野も、勉強したいと思っています~♪

そうだよね

セパージュ ジャポンも始動して1年経ち
今年の夏で2年ではないか!

そうだよね絵文字:i-190]
ピノちゃんの英国でのセパージュがあっても不思議ではないよね
イタリア、スペイン、ドイツなどなどもしかり!

どんどん活躍の場を広げて欲しいな

今回のセパージュも楽しみにしているね


ご参加ください

☆せいじさん

紅茶もせいじさんには興味深いレッスンになると思われます。今回はいつものCEPAGEよりも多い1クラス10名での開催で、華やかさもひときわでした。

せいじさんがお勉強なさる「食」の分野は何でしょう?楽しみにしてます!



もうすぐ丸2年

☆chanelちゃん

暑い夏にchanelちゃんが初回アシスタントを務めてくれた日から、
もうすぐ2年ちかくになります。
今回の完全復帰戦も気合い充分です。

フランス以外の外国も良いと思うし、日本国内で関西、福岡、米子がまず大きな候補地です。

夢を夢で終わらせないために、動いてみるね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク