露西亜の芸術 ~ボリショイバレエ・ドンキホーテ

DSC06728_20110519034350.jpg

初夏のパリに戻って、最初のお出かけはオペラ・ガルニエ。

ロシアのボリショイバレエによる演目は「DON QUICHOTTE」

スペイン・ラマンチャの情熱の物語。


DSC06732_20110519034318.jpg

今日は「マチネ」、開演が14時30分。 少し早めに、k-coさんと待ち合わせ。

DSC06733_20110519034350.jpg

重厚なオペラ座の階段を新鮮な気持ちで踏みしめて。


DSC06734_20110519034350.jpg

天井も床も、どこもかしこも、美しいものだけが存在します。


DSC06736_20110519034350.jpg

ベルサイユの鏡の間を小さくしたような豪華絢爛な回廊。


DSC06738_20110519034350.jpg

オペラ通りから差し込む光が差し込む鏡に映るk-coさんとワタクシ。


DSC06742.jpg

この床のモザイクに見入った人は、何万人もおられるはず。


DSC06744.jpg

船室の入り口のような木のドアを係りの方に鍵で開けていただいて、


DSC06746.jpg

真紅の壁のLODGESに着席。


DSC06745.jpg

シャガールの天井は空も飛べるような気持ちに。


DSC06747_20110519040657.jpg

開演のベルで照明が一気に落とされ、


DSC06750.jpg

パリからスペイン内陸の街角が瞬時に広がり。


DSC06751_20110519150907.jpg

ドンキホーテ、キトリ、ロシナンテ・・・

原作小説を詳細に知らずとも、大筋の流れは舞台装置と衣装の美しさから充分に楽しめます。


DSC06752.jpg


幕間にはバーカウンターでシャンパーニュ。

k-coさん、いつも貴重なチケットを本当にありがとうございます。



DSC06759.jpg

二幕、三幕も瞬きさえ惜しく。


DSC06762_20110519150907.jpg

透けるような白い肌、彫刻のような筋肉、そして遠目からもはっきりとわかる豊かな表情。


DSC06763.jpg


世界最高峰の芸術は、やむことのないBRAVO!の声と共に幕を下ろしました。

長い長い余韻と、満たされた深い想いの3時間。



DSC06769.jpg
 

3週間パリを離れただけで、陽が伸びたことをはっきりと感じる夕暮れ。





舞台に上がり、スポットライトを浴びる時間は極わずか。

計り知れない長い準備を経て、その瞬間を迎えることになる。



私の役柄は何だろう。

世界中の人々が、今も、この瞬間も懸命に果たすそれぞれの舞い。






今日から5月の巴里のCEPAGEが始まります。

テーマはスペイン。

薔薇をくわえて揺らすスカートのように、熱く力強く。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最高の組み合わせですね

ガルニエでボリショイ・バレエ団の公演が行われたのですね!
最高の舞台で最高の内容を見られるなんて、羨ましい限りです。

ボリショイの「ドン・キホーテ」は2回見ましたが、どちらも、勢いのある舞台がすばらしかったです。
来年また来日公演が予定されているので、チケット取りに励みたいと思います。

旅行同好会(名前検討中

みんなが お城というか 宮殿に住めたらいいですね。芸人は 誰がやるのかなぁ?
美術同好会(名前検討中 シャガールを語る会

内装。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

ピノちゃんおはようございますv-481

オペラガルニエ、外観を見ただけの私、中も凄いゴージャスv-354
先日TVv-55でローザンヌコンクールを見たばかり、
なだかとってもバレエが見たくなりました、そう言えば最近行ってないなーv-390

オペラガルニエの中もバレエもピノちゃんちv-216でしっかり拝見させて頂いて、
満足満足v-398

情熱のスペイン!

みほさん、
こちらこそおつきあい頂いてありがとう。
おっしゃる通り、数時間の舞台の為の日々の過酷な練習を思う度心から尊敬し、私も頑張らなくてはという気持ちになるわ。あの完璧な美しさは努力の賜物!
それにしてもこっそり写真を撮っていたなんてちっとも気づかなかったわ!それに、ブログに載せられた文字の感性、、、さすがみほさん。又行きましょう~


はじめまして

☆kukuさん

コメントありがとうございます。

はい、貴重な舞台を鑑賞出来て時差ボケでぼーっとしたカラダもしゃきっとしました。

おっしゃるとおり、「勢い」のある場面の連続、ジャンプの高さに目を奪われました。

来年は日本公演もあるのですね。チケットを入手できること、お祈りしています。



日本家屋

☆村石太マン&バリそばマン 名古屋発さん

はじめまして。コメントありがとうございます。名古屋の方でしょうか。

宮殿、豪華にドレスを着てバルコニーから手を振るイメージですね。

私は日本家屋が好きなので飛騨高山にあるような家で、縁側に柿を干して猫の頭をなでたいです。

次回はぜひ

☆小鞠ちゃん

オペラガルニエは、外観も「巨大なデコレーションケーキ」ですが
中も王宮のように素敵です。

自然と歩き方も変わりそうな空間です。

次にパリにいらっしゃる時は、かづちゃんと一緒に舞台鑑賞もオススメしたいです。

いつも感謝です

☆k-co さん

日本から戻ってすぐにこんなに嬉しい機会を作っておいてくださって、いろんな意味での起爆剤になりました。

k-co さんは待ち合わせ場所で会った瞬間にいつもニッコリ、とっても優しい顔をするよね。この日も「ただいま」の気持ちがぐーっと高まった。アリガトウ。

今回の舞台、幕ごとにダンサーのご挨拶がしっかりあったでしょう。
その時に、静かに感度を上げて撮りました。

また連れて行ってください、お願いしますー。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承知しました

☆鍵コメ tanuさん

了解です! 可愛いHNだと思いました。

メールのお返事、後ほど書かせていただきます。


No title

あぁ~いいなぁ~ガルニエでドンキホーテ、しかもボリジョイバレエ団なんて♪
私もパリ在住時代、1人で天井座敷の席でバレエを見るのが楽しみでしたよ
シャガールの天井画が目の前で、ガルニエ全体を見渡せるのでお勧め
ガルニエは本当にいつみても美しい、写真観るだけでため息が出ます・・・

天井桟敷

☆マダムKさま

天井桟敷席、私も何回かおじゃましました。シャガールが近くて、雰囲気もよくて、オペラ座の怪人が隣に座っているような気がしました。

いつか一緒に鑑賞したいですね。もうすぐお引っ越しでしょうか?
頑張ってください。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク