2011年5月 スペインワインで楽しむ陽気なテーブル

cepage 05.2011 1


フランスのお隣に位置し、ワイン生産量は世界3位、ぶどう栽培面積は世界1位のスペイン。

クール&アートなラベルが飲み手の意欲をかきたてます。


① CAVA PERE VENTURA BRUT NATURE  

② CAMPO LIBERTO NAVARRA

③ TAJA JUMILLA

④ VECORDIA RIBERA DEL DUERO


cepage 05.2011 4

センターにはフラメンコの薔薇を配し、オレンジ系のペーズリー柄のクロスの上には純白のプレートを。

小さなパエリヤ鍋がバルセロナの笑顔を運びます。


cepage 05.2011 5

連日好天が続いた5月後半、乾杯のCAVAを注ぐ手に集まる視線。喉を潤す瞬間はもうすぐ。


cepage 05.2011 6

スペインのカンパイの表現は「サルー!」

BRUTの中でもNATUREは残留糖分が3g/ℓ以下、極辛口で大人気。


cepage 05.2011 7

最初の一皿は 「爽やかガスパッチョ」

食べる感覚の冷たい野菜スープ。シェリーヴィネガーを効かせて。


cepage 05.2011 10

赤ピーマンと茄子のペースト、サラダがのった「ハモンセラーノのパンタパス」。


cepage 05.2011 9

「ソラマメのパンタパス」にテーブルで削りかけるのはスペインの羊のチーズ。


cepage 05.2011 12

ふんわり、こんもり、豆が見えなくなるぐらいたっぷりと。


cepage 05.2011 14


キリリと冷えたナヴァーラの白ワインに合わせて。


cepage 05.2011 15

続いて、「鶏ささみのピンチョス ハニーマスタード&バジルマヨネーズ」。


cepage 05.2011 16

ツナを入れた「スペイン風オムレツ」は、オーロラソースでお好み焼き風。


cepage 05.2011 18


ボルドーのワイン商マーラー・ベッセがフミーリャで作る「TAJA」と一緒に。



cepage 05.2011 19

メイン料理は、「簡単パエリヤ」。

32cmの大きな鍋に、サフランライスが見えないぐらいに魚貝類を乗せて焼き上げます。


cepage 05.2011 21


アツアツをゲストの目の前で取り分けて、


cepage 05.2011 23

レモンを絞りかけて召し上がれ。



cepage 05.2011 22

リオハに並ぶ名醸地、リベラ・デル・デュエロの濃い赤を添えて。


cepage 05.2011 24

デザートは「バニラブリオッシュ メープルシロップ添え」。


cepage 05.2011 25

小さなグラスのシロップをブリオッシュとアイスにかけまわすとホットケーキのような懐かしい味わいに。



cepage 05.2011 26

最後の紅茶は LUPICIAの横浜限定「横濱ベイ」。

ラムネの香りが夏気分を盛り上げます。






遠い遠い外国旅行も、ワインが叶えてくれる。

世界のワインを口にすることで、異文化への興味を膨らませ。






グラスの中に広がる景色を共に味わう夏時間。

次の目的地を探しながら、ワインの旅は続きます。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お腹がグー

ただいまダイエット中なので非常につらい映像です。パエリア食べたい!
えっとね、今ヴァカンス先なんでCepageのURLわからなかったのね。そしたらGoogleでバッチリ見つけられました。もはやピノミホちゃんのブログは世界的に有名でありますな。。。
はー来週には帰ります。また左岸のタパス屋さん行こうよー!

紅茶

セパージュでは、ワインは元より、紅茶も毎回オシャレな雰囲気のモノを出していただけますね。
ワタシは元々、コーヒー党なんですが最近、フレーバーティーがマイブームで、朝の楽しみの一つです♪

この「横浜ベイ」というのは、どこのショップで売ってるんですか?  あと、横浜のオススメの紅茶ショップも出来たら教えてください。

ヴァカンス

☆ミヌ ちゃん

またしても毎度の御無沙汰すみません。ダイエット?バカンス?
夏のバカンスの前倒しなのか、今の連休利用なのか、いずれにしても優雅でステキ。

来週には戻られるんですね。ぜひお食事しましょう。
左岸のタパス屋さんに匹敵するお店を見つけました。
知らない間に積もるお話、楽しみにしています。

お料理

簡単パエリア!とてもおいしそうです!!本当に簡単なのー?
太陽の下で食べたい気がしてきます。
メープルシロップは今、ちょっとしたマイブームです。
やさしい甘さで意外とさっぱりもしていて、レモネードに使ったりしてます☆

前回は送れなかったと思ったメッセージが届いていて・・2回同じようなものを送ってしまい・・
失礼しました(照)

ルピシア

☆カミキリヤ さん

フレーバーティー、ワインと同じように香りで酔えますね。

今回の横濱ベイは、横浜駅東口のベイクオーターの中の「LUPICIA」で購入しました。
もう1種類、缶に中華街が描かれたこの夏の横浜限定があったはずです。

オススメの紅茶ショップ、元町メイン通りにある紅茶専門店(名前記憶してなくてすみません)と、あちこちにあるKALDIにも諸外国の美味しいティーバッグがありますのでぜひ。
今度パリからも紅茶をお土産にしますね。

本当に簡単

☆ likisuke ちゃん

フライパンやパエリヤ鍋で作るとなべ底が焦げたり、ごはんの水分の加減が上手くいかないこともあるけど、私の今回の作り方は材料を炒めたあとで、オーブンに入れるから焦げたりしないのです。

シーフードは固くなるのを避けるために、最初に下茹でして、最後にごはんや野菜や鶏肉の蒸らし時間に上にのせます。貝類を茹でた汁はごはんを炊くときに入れて味もしっかりしみ込ませるのもコツ。今度詳しく説明しますね。

メープルシロップのレモネード、カラダに良さそうね、試してみます。ありがとう。


スペインの赤!

赤と言えば、私はスペイン産が好きなんです。
こないだのフランスを紹介した「アペリティフの日」の会場でも、私のスペイン赤好きを知っていた姉は「スペインの赤はありますか?」なんてアホな事を聞いてしまったらしいです。。。ま、私を思ってでしょうけれど。。

セパージュのような雰囲気でアペリティフを楽しむのが、正しいかと思います。
やっぱり雰囲気って大事です!!それと、心かな~(^^)
なんでも器用に作ってしまうピノミホさんが羨ましいっ!!

スペインワイン

☆グラナーダさん

スペインの赤、私も大好きです。価格と味わいのバランスで裏切られたことがありません。
今回の3本目、日本のネットでも人気があるようです。

アペリティフ、パリでもこの季節、テラスで楽しむ人が多いです。
特別なモノは用意しなくても、ありあわせでものんびり飲む、ほろ酔いになるというゼイタクが楽しいですね。

教えてくださったジャム&ペーストもまさにアペリティフ向きで気軽にカナッペが作れそうです。


思い出すだけで、、、

あの時のいい気分が蘇ります~!ほんとに、美味しいワイン&タパス&パエリアでした~☆
いつもより酔いが回ったのは、なぜでしょう~?笑。 ピノミホさんのレシピ、我が家でも大好評です!!(まだスペインは再現してないので、早くしなくちゃ!!)次回も楽しみ♪♪

いつもありがとうございます

☆seikoさん

初めてのコメントありがとうございます。
いつも元気にCEPAGEを盛り上げてくださるseikoさん、お料理も気に入っていただき嬉しいです。

いつもより酔いが回られたのはあのバルセロナのような暑さと、1杯目のカヴァがきゅーっと効いたからでしょうか。でも酔っているようにはいつも全く見えませんね。

スペインレシピもぜひご家族と召し上がってください。今月も来月も、お待ちしてます!

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク