楽都からの友

DSC07742.jpg

オーストリア・ウイーンから、元CEPAGEの生徒さん「マダムK」さんことK子さんがパリに到着。

地元のレストランで歓迎会。



DSC07736_20110707062255.jpg

15区には庶民的なビストロが多く、こちらも頻繁に伺うお店のひとつ。


DSC07755.jpg

プロヴァンスのBANDOLの白でカンパイ!

「K子さん、おかえりなさい」


DSC07746.jpg

プラスティックバッグのワインクーラー。最近このスタイルをよく見かけます。

コンパクトで実用的。


DSC07752.jpg

サラミやハム類の盛り合わせプレートに手を伸ばしながら、全員が全力で話します。


DSC07750.jpg

ジロール茸と生ハムのにんにくソテーもワインが進み。



DSC07764.jpg

赤ワインも、濃厚なBANDOL。 ムールヴェードル種をメインに樽熟成の香りがしっかりと。


DSC07757.jpg

イバイオナの豚は、表面はカリっと中は驚くほどジューシー。


DSC07759.jpg


つけあわせは、トピナンブールのなめらかなピュレと、


DSC07762.jpg

ガーリックを効かぜて、大きいカットのフライドポテト。


DSC07760_20110707062818.jpg

お肉に見えるけれど、実はマグロのステーキ。


DSC07772.jpg

左から、mikaちゃん、kumiさん、Uちゃん、K子さん、ワタクシ。


DSC07769.jpg

デザートはイチゴのクリームサブレと、

DSC07768.jpg

香ばしいクランブル。


DSC07765.jpg

めいめいにお土産をいただきました。 オーストリアのツヴァイゲルト。


DSC07783.jpg

夜の22時ごろに、外へ出ると歩道のテーブルで食事中の人たちも。



DSC07908.jpg


数日後、K子さんが2年ぶりにCEPAGEにご出席。

「変わってない~。雰囲気もテーブルも、何もかも。」


純白の紫陽花のブーケをいただきました。







今月、ウイーンからドイツのボンへお引っ越し。 

おおらかで、明るくて、一生懸命。

堪能な英語をますます磨いて、夢をかなえていくと抱負を語って。




オランダ人のご主人と可愛いお嬢さんふたりと、新たな地でのご活躍を祈ります。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

来週は私の番よ~!!!from 六本木

楽しみです

☆Ms.てびち さま

マダム、まもなくですね。日本でお会いできた時も感激だったけど、パリで、またここに座っていただくのも別の意味での感動があります。

体調万全でお越しください。華やかなロゼ6本がお待ちしてます。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク