2011年10月 日本CEPAGE 世界のワインで愛でる秋

DSC00130_20111026075448.jpg

日本のCEPAGE、今回で3度目の秋を迎えました。

四季のある国に生まれた喜びをどの季節も感じつつ、穏やかに紅葉が進む今。


遠い世界に好奇心の手を伸ばして、各地のワインを味わう旅を。







DSC00173_20111026080136.jpg

今回のワインはこの6種。

①FLUTTELLE BRUT ROSE フランス・プロヴァンス地方

②鶴沼ヴァイスブルグンダー        日本・北海道

③CRIOS TORRONTES     アルゼンチン・北部サルタ州

④晩酌ワイン 大和葡萄園         日本・山梨県

⑤GOATS DO ROAM       南アフリカ・コースタルリージョン

⑥MUSCAT DE SAMOS     ギリシャ・サモス島


DSC00111.jpg

4回すべての会場は、中学1年生からの大親友が嫁いだ川崎・平間の「旭屋」。

手作りのコルクを利用したリースと、ハロウィンのオレンジちょうちんが揺れるエントランス。


DSC00115.jpg

3つのテーブルを繋げて、毎回12名様にご着席いただきます。


DSC00128_20111026080135.jpg

足利・ココファームで夏に購入した葡萄の枝を束ねてテーブルセンターに。

茶色のクロスはパリ・モンマルトルで。木製の葉っぱのオーナメントで2色のナフキンを束ね。


DSC00132.jpg

流木をナイフレストに使用し、テーブルにもころがして。


DSC00165 (2)

スタートは、可愛らしいハートのラベルが愛をささやく発泡酒。


DSC00117.jpg

元気なカンパイから始まる熱烈3時間。


DSC00177.jpg

アミューズ2品。

「栗のひとくちスープ」にはシナモンパウダーを。

「秋色トルティーリャ」はツナを混ぜ込み、オーロラソースで。



DSC00166 (2)

2本目は、日本最大級のワイナリー、小樽の厳寒地から生まれるピノ・ブラン種(ヴァイスブルグンダー)。



DSC00180_20111026080134.jpg

「秋のお刺身サラダ ミラベルドレッシング」


あぶった秋刀魚のお刺身、白菜、水菜。

フランスの黄色いスモモジャムで甘酸っぱいドレッシングを作りました。 



DSC00174.jpg

アシスタントのなっちゃん、毎度大活躍。


DSC00167 (2)

アルゼンチンを代表する女性醸造家が生み出す華やかな白。

「クリオス」は「子供たち」という意味。一筆書きで描かれた家族の手。


DSC00181_20111026080134.jpg

「キノコと高菜の冷製カッペリーニ」

めんつゆでさっとマリネしたたっぷりのキノコに食べるラー油で辛味を加え。


DSC00120_20111026084302.jpg

お酒がすすみ、お話も弾み。はじめましての方々でもすぐに仲良し。



DSC00168 (2)

たくましい1升瓶の登場で、場は大盛り上がり。適度に冷して、がぶがぶどうぞ。

品種はカベルネ・ソーヴィニョン。国産&輸入のブレンドで軽めの仕上がり。


DSC00161.jpg

「秋のキノコハンバーグ 味噌バルサミコトマトソース」

キノコや野菜をたっぷり混ぜ込んで大きく成型したハンバーグをオーブンでふっくら焼き上げます。

和風イタリアンなソースで、白ごはんにも合うように。


DSC00121.jpg

1日アシスタントのひろちゃん、旭屋の若おかみマサヨがにこにこ、安心感を膨らませてくれます。


DSC00169 (2)

山羊チーズの生産者が作り出したユニークなネーミング。

フランスの「コート・デュ・ローヌ」にかけた言葉遊び。

GOATは山羊、ROAMは、さまよう。


DSC00189.jpg

フランスから持ち帰ったチーズは テット・ド・モワンヌ。


修道士の頭という意味を持つ、スイス・ジュラ山脈から生まれるウオッシュタイプ。

専用の削り器ジロールで、きのこのようにひらひらと。


DSC00123.jpg

エレガントなブーケのように、口の中でワインと優しく抱き合います。



DSC00170 (2)


デザートワインで、しっとり秋色を濃厚に。


DSC00125.jpg

夏にひきつづき、なっちゃんが考案してくれたマロンムースが大好評。


DSC00136_20111026090007.jpg

10月15日にご出席いただいた皆様。


DSC00169_20111026090007.jpg

10月16日にご出席いただいた皆様。


DSC00127_20111026090007.jpg

10月22日にご出席いただいた皆様。


DSC00198_20111026090006.jpg

10月23日にご出席いただいた皆様。



DSC00200_20111026082634.jpg




ひとりでは叶えられない夢も、ワインを愛する仲間たちと一緒なら飲み干していける。


巴里でも日本でも、CEPAGEの後で見上げる空はいつも晴れ。







今回も強力なサポートをくれたマサヨ、ひろちゃん、なっちゃん、ありがとう。

ご出席いただいた皆様、世界中から見守ってくださった皆様、ありがとうございます。






次は年明け、本格的な冬将軍が日本にも到来する2012年1月に芯から温まる企画を。

CEPAGEとめぐる季節、これからもどうぞよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした^^
今回もたくさん勉強させていただきました。
「おはよう」から「お疲れ様」の6時間、終わってしまうと「あっという間」
一緒に働く仲間がいて、笑って飲んで食べて楽しそうに話している姿を見て
とてもとてもHAPPYなひと時でした。
mihoはもう次の次のセパージュまで心を馳せているのね。
すごいと思う。
ワタシなんて今で手がいっぱいなのに^^;

暑かったり寒かったり…体調崩されないように。



No title

秋から初冬を感じる、素敵なコーディネートですねぇ!!
ワインもお料理も美味しそう。
このヒラヒラチーズ食べたぁいv-238

今期も4回、ありがとう

☆ diadian ちゃん

こちらこそ、毎度勉強させてもらってます。いつも強力な協力、本当にありがとう。

朝起きて、横浜で仕込みして、少し早いかなと思いながら川崎へ行くと diadian ちゃんが清々しい笑顔で待っていてくれる。

毎度感じることだけど、一緒に働けるって35年前は夢にも思わなかったね。

命がけでオーブンと格闘してくれたハンバーグ、 diadian ちゃんのご主人の協力あってのあぶらの乗った秋刀魚。

準備から片づけまで、リラックスできる空気を生んでくれて助かりました。

diadian ちゃんにたくさん教えてもらったアイデア和食、今月の巴里での日本酒講習に活用させてもらいます。気合もまた入りました。

次は1月。どうぞよろしくお願いします。

遅くなりました

☆さつきさん

日本滞在後半1週間、食べ歩き、出歩きでブログの更新が出来ずお返事遅くなり、すみません。

おかげさまで、日本の秋、満喫でした。

ひらひらテットドモワンヌ、大好評につき、またいつか日本へ持って帰ります。
そのときは、さつきさんもセパージュのテーブルでたくさん召し上がってくださいね。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク