霜月の散歩道

DSC00378_20111104035736.jpg

季節の移ろいを感じながら、サマータイムの最終日に欧州へ戻りました。

日本滞在の後半も「秋」を食べ、「秋」の風を浴び。

箱根の大涌谷の大地から湧き上がる熱気は、大地から生まれる雲のよう。





DSC00373.jpg

1つ食べると7年寿命が延びるという黒たまご。3ついただき、20年延命確実にしました。


DSC00384.jpg

ご当地キティちゃんは、箱根にも何体も鎮座中。


DSC00351_20111104035736.jpg

箱根ハイランドホテルのフレンチ、もちろんスタートはシャンパーニュで。


DSC00354.jpg

ホタテとウニとトリュフが、蕪のお布団の上に仲良くお昼寝。


DSC00360_20111104035735.jpg

フランス産の鴨のグリエ。赤い実を使ったソースの優しさは日本風。


DSC00347.jpg

東名高速から見えた富士山。 次に会うときは雪化粧でしょう。


シーバス

横浜からシーバスで中華街へ、大切な友人たちをご案内した日もあり。


DSC00222_20111104043741.jpg

中華街の「一楽」で、上海蟹や北京ダック、ふかひれ、四川風麻婆豆腐・・・


なっちゃんと。

日本のCEPAGEのアシスタント、なっちゃんのお誕生日を祝ってリヨン料理を。

12歳の頃から知っている彼女が重ねる年輪も感慨深く。


DSC00202_20111104044151.jpg
 
この日の前菜は、豚足のテリーヌの上にマツタケのジュレ。


DSC00106.jpg

白レバーを必ずいただく焼き鳥屋さんで、ぼんじりで、焼酎ロック。


DSC00107_20111104044733.jpg

ナンコツ入りのつくねも、ふわっと、こりっと。


DSC00139.jpg

季節を学ぶカウンター、「北」ではアンキモに酢味噌とゆず胡椒。


DSC00146_20111104044732.jpg


「このわた」が乗った茶碗蒸し。 日本酒が加速します。


DSC00152.jpg

海の「幸」が口の中で溶けるあなご。


DSC00149_20111104044732.jpg

思わず、もう1貫お願いせずにはいられなかったカワハギの肝のっけ握り。

ひやおろしが止まらない。



DSC09980_20111104045619.jpg


巴里へ戻れば、静寂と黄色の落葉が。






「それほどにうまきかと人のとひたらば なんと答へむこの酒の味」

  
若山牧水の讃酒歌は、酒と人をこよなく愛する友から教わりました。





凍える季節が来る前に、今のぬくもりを大切に見直す冬時間。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おかえり☆

どちらが、「お帰りなさい」なのか、わからないけど… 笑
でも、綺麗なパリの秋の景色を見たら、そこにmihoさんがいる風景が浮かびました。
相変わらず、充実した日々をすごしているのを羨ましくブログで拝見してました。
今回の日本でのセパージュに参加できなかったのは、とても残念…涙
でも、またいつか近いうちに会える気がしています。
mihoさんの健康と活躍、遠くからこっそりいつも応援しています!
頑張ってね♪
これから日に日に、寒い寒いパリの冬…
ワインで体も心もヌクヌク温めて、元気で楽しんでくださいな☆
懐かしいパリに溶け込むmihoさんの日常も楽しみにしています♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

黒たまごちゃん3個も食べたの??

まつたけのジュレのお店、クネルが好きでたまに食べにいきます☆
かわはぎのキモのせ、おいしそー(涎)

若山牧水の歌、お酒を愛するいい歌ですね!

世界中に、ただいま。

☆ printemps ちゃん

ただいまかな。いつも気にかけてくれてありがとう。今回の日本でも、あの「世界無二」のネックレスをお出かけにはつけてました。

だから、今回あえなくても寂しくなかったよ。次は会えるといいなあ。私もそちらに遠征したいし。ひつまぶし、てんむす、味噌煮込みうどん、名古屋コーチン・・・きりがない!

今年のパリの11月は例年よりもずーーーーっと穏やか。いつもだとキンキン零下が始まっているのに、まだまだ凍るほどの寒波は来ていない。
このまま、ゆるめに冬に向かって欲しいと思っています。また秋らしい写真載せるね。

お赤飯ごちそうさま

☆鍵コメ A子ちゃん

いつもありがとう。今回の日本、いつもの5倍ぐらい食べた気がする。

日本へ到着して次の日に検診で体重測定は済んでしまっていたから、そこで気が緩んだ!
後半は、満腹中枢が完全にイカれているかのように、おなか一杯でも目で美味しいものを求めてしまうというありさま。

食欲って、一番重要な「欲」なのかしら、と常々感じています。

おとといのCEPAGEの日にいただいた、A子ちゃん手作りのお赤飯、もっちもちでお豆が優しい味でとっても美味しかった。
愛を炊き込んでくれたんだなーって、泣けてきた。ありがとう。

ムセそうになりました

☆likisuke ちゃん

そうなの、黒たまご、5個でセットで売られているからついつい。ちょうどペットボトルのお茶を持っていたから良かったけど、たまごだけ3つ食べるとおなか苦しいね。

湯気が立ち上る場所で、寡黙なスタッフが黒たまごをざるで引き上げている姿がかっこよかった。その横で、卵をいただきながら「これは効きそう」って思った。

リパイユね、クネル美味しいよね。100年以上前の新聞が飾られた内装もステキだし。
穏やかなソムリエさんもまろやかなシェフも好きなの。

若山牧水は他にもお酒のいい歌を詠んでいます。 この歌を教えてくれた人いわく、
「こっちの世界においで」だって。うーん、肩まで浸かってるよね、すでに。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク