2011年10月 コートデュローヌのワインで楽しむ巴里の秋

cepage 10.2011 1


夜明けが遅く、日暮れが早くなり、短い巴里の秋がどんどん加速していきます。

屋内の生活を充実させたい季節には、熱い大地「コートデュローヌ」でゆったりと酔いを楽しんで。


①CLAIRETTE DE DIE(クレレット・ド・ディー)
  METHODE ANCESTRALE

②TAVEL(タヴェル)

③CROZES-HERMITAGE(クローズ・エルミタージュ)

④GIGONDAS(ジゴンダス)







cepage 10.2011 6

茶色のクロスには淡いピンクのステッチ。

大輪のバラを大きな試験管のようなガラスの花器に。

おもしろい形のかぼちゃをゴロゴロ転がして。


cepage 10.2011 7

ランチョンマット、お皿、ナフキンは葡萄色、パープルのグラデーション。


cepage 10.2011 8

今回のテーブルセッティングの主役は、このナフキンリング。

パリの前の駐在がタイだった生徒さんが、昨年の夏に想い出の地へ旅行した際のお土産。

丁寧な木彫り、シックな存在感。 

8個の「アジアの純真」がバンコクからパリへお嫁入り。ありがとう、K子ちゃん。


cepage 10.2011 13

アミューズは縦長の小さなココットでアツアツに。






cepage 10.2011 a

「マッシュルームとタラマのココット」

キノコの弾力を残し、焼きすぎないのがポイントです。


cepage 10.2011 15

スパイシーでダイナミックなロゼ、TAVELに合わせた前菜は、

「秋の白菜サラダ マンゴチャツネドレッシング」


白菜やズッキーニ、にんじんの生の味わい、鶏肉のハムやくるみ、レーズン、トルティーリャなど
お皿の上でドレッシングとよくなじませてデリ風に。



cepage 10.2011 18

北部シラー種のクローズ・エルミタージュ、南部グルナッシュ種主体のジゴンダスで味わうメインは


「野菜たっぷりハンバーグ キノコカレークリームソース」


大きく厚みを持たせて成型したハンバーグは中にもキノコと野菜がたっぷり。

フライパンとオーブンのダブル使いでふっくらと。

ソースはマッシュルームやマスタード、カレー・・・隠し味はほんのり醤油。

パプリカパウダーで、茶色、黄色、赤色のフランスの紅葉を描きます。


cepage 10.2011 19

デザートは

「いちじくとパンデピスの蜂蜜ロースト」



cepage 10.2011 21

最後のお茶は、香港・ペニンシュラホテルのジャスミンティー。

パリ~日本のCEPAGEの生徒さん、食通のJ子さんからの贈り物。

パリにも凱旋門の近くにペニンシュラホテルが建設中。完成したらすぐにお茶に出かけたい。







毎日のレッスンが終わった後、テーブルを片付けてから、夕暮れ時に翌日の食材を買いに出ます。

頬に当たる風が冷たくなって、夜空が澄んで見える時刻。

一日の充足感と反省点、改善点を考えながら早足で歩き。





CEPAGEのレッスンは毎月自由予約なので、その日の8人は一期一会。

同じワイン、同じ料理でも、「人」が奏でる音色は毎回違う。






明日の声を聞きたくて、グラスを磨く。

山茶花が咲き、大地が凍り始めても、このテーブルは恒温でありますように。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わーい\(^0^)/

ピノちゃんおはようございますv-481

先日お話下さっていた“ジゴンダス”ですねv-339
こんな偶然、嬉しいなぁv-398
松茸すき焼きv-529にもとても合いましたけれど
ピノちゃんの「野菜たっぷりハンバーグ キノコカレークリームソース」v-271
頂いてみたいですv-441


ランスの大聖堂↓
何度見ても感激ですv-406
昨年私はあそこにいたんだわv-363v-363ってv-411

大分先ですが密かにパリv-498行き計画中です、
でもその前に先立つものv-61を貯めなくっちゃv-410

No title

秋色のデーブルにピンクのバラ。
微妙に、先月のCEPAGE を思い出しては粗相が無かったか、
料理の出来上がりのタイミングなどを頭の中でチェックしています^^;
(反省するにも1カ月前の事じゃ、次回の改善に繋がらないか。。。。)
「タラマ」って何?
美味しいに決まっている、何かワクワクする食材ね^^

↓の記事J子ちゃんのお顔が見えなくて、残念!
mihoと二人並んでベッピンさんなのに☆

ジゴンダス

☆小鞠ちゃん

マツタケのスキヤキの記事、羨ましく拝見しました。
ローヌの南部は熱くて美味しいワインがたくさんあります。

お酒に強い小鞠ちゃんならジゴンダスを1本飲み干せるかも知れないですね。

ランスの大聖堂、私も何度行っても大好きな場所です。どの季節も美しく、気持ちがぐぐぐっと高揚します。



タラマ

☆diadianちゃん

日本のCEPAGEのことを書いてくれた記事、読みました。まだ1ヶ月前のことなのに、ずーっと昔のように思えたわ。いつも本当にありがとう。

1月の内容も今、考え中です。近日中に日程含めてご相談させてね。

タラマはピンク色で、たらの卵を使ったペーストなの。小さい容器で市販されてます。
こっちではブリニって呼ばれる小さいパンケーキみたいなものに塗ってカナッペとして食べたりするのが一般的。

今回のアミューズはタラマにマヨネーズと生クリームを足してソースとして使ったの。
今度、お土産に買ってかえるから食べてみて。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク