2011年12月 パリで迎える華やかなノエル

cepage 12.2011 1

CEPAGEを始めて12回目のノエル。

2011年を締めくくり、今年の幸せを確認できるテーブルを。


① CHAMPAGNE PREMIER CRU ARLAUX

② CASSIS  2009年

③ MOREY-ST-DENIS 1ER CRU 1994年

④ MONBAZILLAC  2008年





DSC00960.jpg

テーブルセンターには、紫のシフォンのリボンを大きめにあしらったもみの木。


sepage2011dec03.jpg

クリスマスソングに合わせてゴールドのキャンドルがゆらゆら。


cepage 12.2011 6


お皿はジアン焼き、ナフキンリングはウエッジウッドのシルバーですっきりと。



cepage 12.2011 13

シャンパーニュのアルローは、オリジナルのジュレの瓶にベージュのドレスを纏い。


cepage 12.2011 12


繊細な泡がまっすぐに幾重にも上るグラスを手に、全員で高らかに乾杯。



cepage 12.2011 11

アミューズは

「オマールビスクのムース シャンパーニュジュレ添え」

「フォアグラの生春巻き」


sepage2011dec04.jpg


糖度を抑え、シャンパーニュの香りをたっぷり生かしたジュレの輝き。



cepage 12.2011 15

白ワインはプロヴァンスを代表する辛口の白、CASSIS。

過去12年間、ノエルのテーブルにいつも座ってくれている大親友・理子ちゃんが

10月にマルセイユ~カシのレースを走りました。

坂道にへこたれない強靭な精神力を持つ彼女へのオマージュを込めて選んだ1本。


cepage 12.2011 16

前菜はガラスのお皿で。

「サーモンとじゃがいものタルタル ゆず胡椒風味」


cepage 12.2011 17

あぶらの乗ったサーモンと歯ごたえを残したじゃがいも。

ワインヴィネガーやレモン汁、オリーブオイルとゆず胡椒、たっぷりのディル。


cepage 12.2011 19

大小の円を描いたソースは、赤ピーマンとバスクの唐辛子が入ったヴィネガー。

最近カルフールで見つけた身近にある美味しいもののひとつ。



cepage 12.2011 20

赤ワインは、先月ブルゴーニュで訪れた幻の生産者、PERNIN-ROSSINの1994年。

黄金の丘で17年前に誕生した上質な1本。


12月はこの手で毎日、時を開放していく感動を味わいました。



モレサンドニ

レンガ色を思わせる穏やかな赤茶色。

若いピノノワールのフランボワーズ香とは異なる、ショコラやカカオ、キノコや皮の香り。


1994年はパリに来て2年目に、息子を産んだ年。

想い出をグラスに重ねて、静かに飲み干しました。



cepage2011dec06.jpg

メイン料理は

「鶏もも肉のロースト プルーンマスタードソース」


cepage 12.2011 24

ソースは5分で出来る簡単レシピ。 白ワインや生クリームに「醤油」が決め手。



cepage 12.2011 27

チーズは、クルクルが楽しい 「TETE DE MOINE」



cepage2011dec07.jpg


ガラスの大皿に、ブルーベリーのジャムと一緒に盛り付け。


cepage 12.2011 29

おひとり分ずつ取り分けて、口の中で溶けていく食感を楽しんで。


cepage 12.2011 30

デザートワインは、南西地方、モンバジャック。

ゴールドの甘美な液体は、ベネティアン・グラスでゆったり。


cepage2011dec09.jpg

デザートは

「赤い実のブッシュ・ド・ノエル」


cepage2011dec08.jpg

ふわっと軽く焼き上げたロールケーキ、甘さを抑えたクリーム。

ふたつ寄り添う木苺が仲良しの証。



cepage 12.2011 33

ノエルの紅茶は、ボンマルシェで見つけた「COMPAGNIE COLONIALE」




昨日が10クラスの最終日でした。

今年1年、雨の日も風の日も、晴れた日も暑い日も、絶え間なく続いたワインを見つめる時間。



皆様と過ごす3時間は、嬉しい瞬間の連続。

同じ経験は二度とないことを感じながら、2012年も走り続けたいと思います。

御参加いただいた皆様、ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます。








今日から息子とドーバーを渡り、3泊4日、ロンドンへの旅に出ます。

1年間のセパージュを思い出し、来年の構想を固めてきます。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵なノエルを♪

みほさん、
とっても素敵なノエルのテーブル!参加出来なくて悔しい気分で読みましたー。
カズタ君の産まれた年のワインを含んだ今年のノエルは特別素敵!
今年も1年間ご苦労様でした。皆に常にキラキラしたものを与え続けるみほさん、2012年も更に進化版で頑張ってね。いつも応援してるよ。
では、楽しいロンドン滞在と素敵なノエルを!
来年もどうぞ宜しくね。

No title

素敵なレッスンで、うっとりv-238
紫ベースのテーブルがとても素敵ですぅ。

私の大好きなグラスも見つけちゃった!!ヒラヒラチーズもおいしそぅ。

このお料理全部作られるなんて!!やっぱりすごい!!

みほさんのレッスンに参加されてる方が、本当にうらやましいです。

素敵なクリスマスし新年をお迎えくださいね。

ロンドン楽しんで来てねぇ。

No title

華やかなテーブルを見ると、心が弾みます~☆
思い出の年のワインを、クリスマスのレッスンで1本づつ開けていくなんて~
とても大人の世界な感じがして憧れます!

ロンドンの休日の記事も楽しみにしています。

応援、心強いです。

☆k-co さん

今頃は神戸で優しいお母様とお兄様との和みの時間を過ごしている頃かしら。
こちらは昨日、ロンドンから戻りました。

2011年も、私が仕事からプライベートに切り替えるきっかけをたくさん作ってくれて
ありがとう。いつまでたってもご恩返しができないけど、来年も刺激と教養を分け与えてくださいね。

2012年はもっと働きもっと遊ぼうと思っていますので、k-co さん、ご一緒によろしく。




お好みのテーブル

☆さつきさん

いつの日か、さつきさんが座ってくれるときにも、さつきさんの好きなもの、好きな色、好きなイメージがたくさん並ぶテーブルを作りたいと思います。

昨日ロンドンから戻って、今日はモンマルトルの生地屋街にこれからの忘年会の小物や年明けの日本のテーブル用のクロスを探しに行ってきました。

テーブルコーディネートは、その上に乗る食事と、テーブルを囲む人々のお顔を想像して組み立てていくのが楽しいのです。
自分が座ってHAPPYな気持ちになれるかどうか。 これで完成、と決める前に座ってみて3分間ぐらい瞑想しています♪

大人は続く。

☆ likisuke ちゃん

熟成したワインの味わいは、1年間を振り返るこの時期にぴったりです。
いい経験をすれば、さらに頑張ろうと勇気が湧くし。

レッスンで毎日あけたシャンパーニュも、白も、1994年の10本も、貴腐ワインも、それぞれの1杯が作り手さんの想いを飲みこなせるオトナには最良だったと思っています。

「大人」であることを楽しめる年齢、目標を少しだけ遠くに設定すると大人時間がもっとおもしろくなるかもしれないです。

一緒に成人の日に likisuke ちゃんと牛久を走りながら、5年先10年先の自分たちを見つけていきましょう。

メリークリスマス!

ピノちゃん

e-489メリークリスマース!

1年の締めくくりに相応しい、ノエルのテーブルに
見入ってしまいました。

>同じ経験は二度とないことを感じながら

と、おっしゃるピノちゃんですが
私は毎回、ブログを見せていただくたびに
同じ感激と感心を感じておりました。

来年も目も心も奪われるテーブルを見せていただく事、期待しております。
出来れば、関西でそのテーブルが実現されますように。

来年こそ

☆かづちゃん

今年もたくさんの応援ありがとうございました。

なかなか関西遠征が出来ずにおりますが、2012年こそ、もっと日本の活動を広げますので
関西でのセパージュ開催も遠くないと思います。

そのときにはぜひ、かづちゃんのエレガントな笑顔で着席お願いします。

かづちゃんに毎月映像で楽しんでいただけるように、パリのテーブルもチャレンジ精神を強く持って作り上げていきます。


プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク