四半世紀前の女子大生

DSC09895_20111228060640.jpg


暖冬のパリも、雨はよく降っています。

風雨の中、ロンドンから25年ぶりに会う友人が家族でパリに到着した金曜日の夜。

「牡蠣が食べたいからよろしくね」のリクエストにおこたえして、バスティーユの先へ。











DSC09896_20111228060640.jpg

黒板には様々な牡蠣の種類と大きさと。


DSC09897_20111228060639.jpg

ブルターニュの海辺を思わせるシンプルなセッティング。


DSC09899_20111228060639.jpg

19歳の頃の同級生、旧姓からの愛称「しみ」。 

成城大学文芸学部英文学科で2年から4年まで、同じクラスで学びました。


春からご主人のお仕事の関係でロンドン駐在。

優しいワイン好きなご主人と14歳の優秀な息子くんと一緒に、大感激の再会。


DSC09901_20111228060639.jpg

この日は息子も牡蠣につられて会食に参加。 

シャンパーニュとミネラルウオーターでカンパイ!


DSC09916_20111228062109.jpg

まずは海の幸盛り合わせをどーんと。

食べるのも忙しい、おしゃべりはもっと忙しい。

「しみ~」「みほ~」と呼び合い、クラスメイトと免許取りたての私の車に乗って湘南へ遊びに行き、

浜辺で写真を取り合った夏。

葉山のデニーズでケーキを食べて、たわいもない話で笑い転げ。

エリマキトカゲの黄色いミラージュに、ボコボコになるまで乗っていました。

授業の合間に、31アイスクリームを食べに行き、JJを読んで、テニスラケットを抱えて。



DSC09917.jpg

みんなの手は止まらない。ベロンの丸い牡蠣と、ノルマンディーの長い牡蠣をおかわり。


DSC09918_20111228062108.jpg

いくらでもイケます、おかわりふたたび。 白ワインもすすみます。


DSC09920.jpg

ホタテのポワレにトリュフが乗せられ。


DSC09923_20111228062108.jpg

ヒラメのムニエル。バターの香ばしさ、肉厚の身の旨み充分。

「しみ」は偶然、ロンドンの親友麻子の紅茶教室の生徒さんでもありました。



DSC09925_20111228062108.jpg

デザートは、大好きな巨大なパリブレスト。

自称「辛党」を返上する日も近いかも知れません。


DSC09926_20111228063902.jpg

とろ~り、ガトーショコラ。


DSC09930_20111228063902.jpg


楽しい時間はあっという間。全員で記念撮影。

「しみ」の息子くんとカズタが仲良く話している姿が不思議な感覚でもあり。






次はロンドンでの再会を約束して、ホテルへ送ってお別れ。

何も変わらない、元気でチャーミングでおしゃれな旧友がくれた大きな喜び。






昔を知る友に今を見てもらい、互いの幸せをかみしめる。

黄緑の着物に紺の袴の卒業式を静かに思い出した「えにし」の復活。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海鮮三昧(o^o^o)

ピノちゃんこんばんはv-483

凄~いv-354
いろんな牡蠣があるのにびっくりv-405ですが、
その量も、それを全部たいらげた皆さんにもビックリv-411

白ワインv-272が進んだでしょうねv-392

旧友とパリv-498
素敵v-352だなぁ・・・v-398

↓の日本酒をパリv-498で、
日本より日本だぁv-441

大西洋の味

☆小鞠ちゃん

この夜は大興奮で、そんなにワインも大量には飲んでいないのに、なぜかほろ酔いになりました。それほど旧友との再会が嬉しかったのです。

子供たちまで牡蠣をもりもり食べているのが笑えましたが、たまの贅沢、なんでも食べていいよって太っ腹になりました。

日本酒祭りの日本酒、はい、確かにコテコテの日本の夜でした。


No title

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

>葉山のデニーズ
懐かしい!!
絶対にすれ違ってたと確信!!
私、ヨット部だったので、毎週佐島から逗子あたりをウロウロしてましたよぉ。
葉山のデニーズや葉山マリーナ横のラマレード茶屋(?)かマーローでお茶、逗子マリーナでボウリング(笑)。

楽しかったですよねぇ。あの時代・・・

ヨット部!

☆さつきさん

今年もよろしくお願いします。年内にと言わず、春が来るまでに必ずお会いしましょう。
そしてガッチリ握手です。

ヨット部ってすごいですね、おしゃれでリッチな集団を葉山や逗子で見かけましたが、さつきさんは先頭きって歩いていたことでしょう。

あの時代の楽しさ、ノリがあるから今も元気でいられるのかも知れません。
一緒に80年代90年代を語りだしたら、途中で踊り出してしまいそう♪

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク