王冠をくれる仲間たち

DSC00992_20120123165745.jpg

土曜日の早朝、パリへ戻りました。

機内では十数年ぶりに、かつて共に働いた先輩や仲間との再会もあり。

偶然隣の席になった方とも話が弾み、「ご縁」のおもしろさをかみしめての着地。 


少しだけ休息後、荷解きも放置。

さっそくその晩、夜の街をメトロの駅に急ぎました。





DSC00994_20120123165745.jpg

元気なときも、疲れたときも、苦しいときも、嬉しいときも、

「みほちゃん、おかえり」と言ってくれる仲間がいます。

16区の心優しいお兄さん、Sちゃんが手料理で開いてくれた集まり。

昨日スペイン出張から戻ったばかり、イベリコのハムとサラミが山盛りで。


DSC00998_20120123165744.jpg

幼少時を南米で過ごし、現在もフランス生活を長く続けるSちゃん。 

スペインワインとスペイン料理、どちらも専門的な知識と技術をお持ちです。


DSC00997_20120123165744.jpg

元気なオトナ、5人でカンパイ!

それぞれに仕事に燃え、語るべき何かを持ったメンバー。

年齢も海外経験も非常に近い戦友。

DSC00996_20120123173247.jpg


和風の味付けのピクルスも絶妙。

こうしてゆっくりと、胃を日本仕様から欧州仕様に転換させてもらっているのです。


DSC01000_20120123165744.jpg

手もクチも休まることなく元気を取り戻し。

移動の最中に考えていた小さな不安や悩みも、サラミと一緒に噛み砕き。


DSC01007_20120123171725.jpg

Sちゃんの直筆の「お品書き」。

ここまで時間と心を使って用意してくれたことに胸を打たれます。


DSC01001.jpg

ぐらぐらに煮えたチョリゾは、


DSC01002_20120123171726.jpg

パンに挟んでかぶりつき。


DSC01003.jpg

スペインのワインは、ふところが広い。そして、熱い。


DSC01004.jpg

にんにくの芽をたっぷり刻んだ極上スクランブルエッグ。


DSC01006_20120123171725.jpg

小さなソラマメと丁寧にほぐされたカニ肉をコリアンダーの風味で。

アジアの春をグラスの中に。


DSC01009_20120123172440.jpg

ガルシアのタコは、バスクの唐辛子風味のマリネで。


DSC01011.jpg


T美ちゃんのお土産のシャンパーニュが冷えたところで、再びカンパイ。


DSC01014_20120123172440.jpg

新鮮なタルタルステーキはレモンが効いてます。


DSC01015_20120123172439.jpg

とろり、ニンニクソースの海で泳ぐタラ。


DSC01020.jpg

イベリコハムがアクセントになるインゲン豆の炒め物と、


DSC01021_20120123172439.jpg

シャキシャキレタスと、


DSC01025_20120123173558.jpg

甘味をひきだした肉厚の赤ピーマンは


DSC01024.jpg

周りからキャラメルのような香ばしさが漂うお肉に添えていただきます。


DSC01027_20120123173557.jpg

酔いが回って、ますます好き放題におしゃべりが許される。


DSC01029_20120123173557.jpg

分厚い牛フィレ、完璧という言葉以外発しようのないミディアムレア。


DSC01033_20120123174639.jpg

チーズはI代ちゃんのお土産。

いちじくが中に隠れたシェーブルや、ブリア・サヴァラン。 熟成の違うコンテ。


DSC01034_20120123174639.jpg

1月のデザートは、「ガレット・ド・ロワ」

さくさくのアーモンドパイの中には、小さなフェーブがひとつだけ。

運よくそのピースをいただいた人だけが、王冠をかぶることが出来ます。


DSC01037_20120123175210.jpg

「あったー。」

今まで、ほぼ縁のなかったフェーブ、大あたり! 素直に嬉しい。パリの神様も味方です。


DSC01042_20120123175056.jpg

大きな胡桃をその場で割りながら、


DSC01044.jpg

スペインの食後酒と、

DSC01046.jpg

フランス・南仏の65度のアブサンで撃沈寸前まで酔って、午前1時すぎにお開き。





静かな住宅街の真夜中のロータリーからタクシーに乗り込む。

エッフェル塔も、消灯時間。





パリに生きる日本人は、強くて優しくて、少しだけみんな寂しい。

「いつまで頑張る」「どこまで頑張る」、それぞれの心は言わなくても見て取れる。




離陸&着陸を繰り返しながら、今いるところで最大の楽しみを見つけていく。

すべては繋がっている。






Sちゃん、T美ちゃん、Iさん、I代ちゃん、


気流を整える、柔らかい夕べを心からありがとう。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

脱帽デス

もう…どれだけタフなんでしょi-198

少しは、セーブして走ってくださいね。

今回のセパージュ・ジャポンは残念ながら、参加できませんでしたが、
3月は、Miho先生のパワーをあやかりに、横浜までうかがうつもりです。

それにしても、お食事も、ワインたちも半端じゃなく美味しそう…

食後酒のアブサンは、興味津々。。。
特に男性の身体に害があると、しばらく作られなかった、緑色のリキュールですよね。



やっぱり凄い(*。*);

ピノちゃんこんばんはv-483
パリに無事到着v-233ですね、お疲れ様でした。

忙しく過ごした日本v-496から帰り着いたパリv-498の、
その日の夜のお話なんですよね↑v-405
やっぱり凄いパワーv-91ですv-424

でもこうして元気v-272に楽しくv-441過ごされているピノちゃんを拝見して、
なんだか力v-91が湧いてきますv-392

パリv-498からの楽しいv-441お話をまた宜しくお願いしまーすv-422

ゆっくり頑張ります

☆Nicole さん

アブサン、はい、薄緑が水で割ると白濁する飲み物で専用のスプーンに角砂糖を乗せて、と
いろいろな飲み方が出来るようです。最後、ぼーっと酔っていてこの日のアブサンの味はまったく覚えていません・・・

3月、福岡から御参加いただけるんですね!嬉しいです。ブーシェルに前回のオクトーバーフェストの帽子をかぶった写真がありました。

土曜日のこの夜、日本の余韻とパリの気合が重なり合ったような不思議な気持ちでした。
男性ひとりでこのお料理を用意してくださるSちゃん、本当にすごい人です。

No title

また食ってる~~~ww
日本からの長旅のあとなのに、すごいです、このスタミナ!
ピノミホちゃんだからできるのね~!
もう、何も言うことはありまっしぇん………

お疲れさまでした。
今度はアメリカでお教室、いかが?

元気の移行

☆小鞠ちゃん

おかげさまで日本よりも暖かいパリへ無事に戻っております。

この夜のお約束は日本に居るときからご連絡いただいていたので、機内で極力休んで体力を温存するつもりでいました。家に着いて、6時間昼寝してから夜のおでかけでしたので、体はとっても元気でよく飲めました。

翌日は理子ちゃんと美香ちゃんの10キロレースの応援に行き、そのあと別の宴会がお昼からありまして、今日やっとスーツケースの中身を出し終えました。

しばらくは、落ち着きを取り戻して仕事の準備に励みたいと思っています。

アメリカ東海岸

☆みか@NY ちゃん

サクララウンジのカレーまではFBでご報告済みだったわね。ええ、ええ、食べ続けの日々です。このお開き10時間後にまた大宴会にお招きがあったの。後日、UPします。

アメリカでのCEPAGE、常に考えていたのは友達の多い西海岸だけど、東海岸ニューヨーク・・・憧れの地だけど、いつか夢を抱えて乗り込んでいこうかな。みかちゃん、待っててね!

こちらのお宅

ピノちゃんお疲れさまでした

どうよ?その後ってことも気になってます
セパジャポのお写真ありがとうね

そして、こちら!!!
毎回シンプルにして奥深い、そんなお料理を次から次へ繰り出す
ハイクオリティなお料理たち

是非お邪魔してみたい!って毎回うっとり&ため息だよー

ねー、もしかしてセパージュの緑色のナフキンがランチョンマット?クロス?に使われてる?

木曜からセパージュだよね
体調調え、無理せず、確実に

が ん ば れ ~

さすが。

☆chanel ちゃん

セパージュ・オリジナルリネン、そうなの、この日のテーブルセンターに使ってくれていました。
よく気がついたね、さすが、観察力のあるchanel ちゃん。

このお宅は、もともとゆうたんに紹介してもらってブルゴーニュでお友達になって以来、ずっとお世話になっています。奥様はファッションモデルで、今、日本でお仕事なのでこの日はSちゃんがひとりでおもてなししてくれたの。男性ひとりで生み出したテーブルがコレって本当に驚くでしょう。お味ももちろん最高。

いつか機会があればご紹介したいです。

明日からのセパージュ、気合入れて今年も頑張ります!
chanel ちゃんも、健康も仕事も順調に保ってね。



No title

時差は大丈夫ですかぁ?

もうすっかり胃が欧州仕様に戻ったかしら?

ミホさんがパリに戻ってしまったら・・・なんか淋しいかんじですよ。
日本にいらっしゃったときは、とても身近に感じてたのかな。

来週からのレッスン、頑張ってね。

こちらの日本酒で「華鳩」というのが人気なのですが、この造り酒屋の奥様が友達なの。
広島にいらしたら、ミホさんに紹介したいです。

時差、こってり。

☆さつきさん

日本は寒そうですが、広島はいかがでしょう。私もさつきさんと遠く離れて寂しいわ。

胃は即日、欧州仕様ですが、時差は今回なぜかかなり手ごわくて夕方になると眠くなり、真夜中に目が覚めてランラン状態。

明日からパリでの仕事も始まるので、早起きで仕込みするのは問題なく、このまま時差があるようなないような状態でじわじわなじんでいく予定です。

「華鳩」さん、ステキなお酒のお名前ですね、飲んでみたい!奥様がお友達ですって?ぜひぜひご紹介お願いします。早く広島に行きたくなってきました。

プロフィール

Author:ピノミホ
趣味から始めたワインの勉強、人と語らうことが大好きでおもてなしを積み重ねた経験、それらを集結して「CEPAGE」を実らせて満17年を迎えました。
小さなサロンのテーブルに、今日も美味しいお皿を運んでいます。

ワインの熟成と同じように、ゆっくり、味わい深い時間を過ごせる日々を願って。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク